マチュピチュ(Macchu Picchu)は、15世紀に造られたインカ帝国の遺跡です。一生に一度は訪れたい観光地として、ウユニ塩湖と並ぶ南米二大絶景と言われています。
標高約2,400mのペルーの山岳地帯に位置し、山裾からその存在を確認できないことから、空中都市とも呼ばれています。

クスコから列車やバスでマチュピチュへ向かう行き方が一般的ですが、2017年に、マチュピチュ遺跡観光はガイドの同行が義務付けられたため個人では入場することができません。
気温の寒暖差があるため上着は必須、動きやすい服装に運動靴、天気の良い日は日差しが強いので帽子をお忘れなく。

【ここがおすすめ!】
・バックパッカーの強い味方!遺跡への入場チケット手配はマストです。
・マチュピチュ遺跡をじっくり見たい方には宿泊ツアーがおすすめ!
・人数制限がある設計スポット ワイナピチュへの登山も予約可能です。
8アクティビティ
1/1ページ
  1. クスコ市内からインカ帝国の遺跡、世界遺産マチュピチュを訪れるツアーです。多くの謎を秘めたこの空中都市の神秘的な雰囲気を堪能しましょう。アンデス山脈の景色も楽しめる楽しい電車の旅と美味しいビュッフェ式ランチ付き。
    送迎付き

    USD348.00

    毎日
    14 ~ 15時間 (午前)
  2. バスと列車を乗り継いで、世界遺産マチュピチュへ日帰りでご案内。ペルー滞在時間が短い方に特におすすめです。毎日催行、1名参加もOK!遺跡内では日本語ガイドと2時間観光。マチュピチュ村でのフリータイムもあるので、お土産探しもばっちり。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD440.00

    毎日
    14.5時間 (深夜)
  3. バスと列車を乗り継いで、世界遺産マチュピチュへご案内。毎日催行、1名参加もOK!マチュピチュに宿泊することにより、マチュピチュ遺跡だけではなくマチュピチュのナイトライフもお楽しみいただけます。スタンダードクラスのホテルを手配します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD570.00

    グループ割引
    毎日
    2日 (午後)
  4. バスと列車を乗り継いで、世界遺産マチュピチュへご案内。毎日催行、1名参加もOK!マチュピチュに宿泊することにより、マチュピチュ遺跡だけではなくマチュピチュのナイトライフもお楽しみいただけます。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD620.00

    グループ割引
    毎日
    2日 (午後)
  5. ペルーの4大世界遺産であるマチュピチュ遺跡、ナスカの地上絵、リマ歴史地区、クスコ市街を網羅したプライベートツアー。お客様のペースに合わせてペルーをじっくりご案内いたします。砂丘の中のオアシス「ワカチナ湖」にもご案内するのはこのツアーだけ!
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD1,750.00

    グループ割引
    毎日
    (午後)
  6. 空中都市マチュピチュへ続く、インカ道(インカトレイル)をたどるトレッキングツアー!標高4,000mを超える峠から望むパノラマ風景や古代の遺跡など見どころは満載。宿泊は道中にてキャンプ泊です。料理人も同行するので、おいしい食事も食べれますよ。
    送迎付き

    USD650.00

    毎日
    (深夜)
  7. バスと列車を乗り継いで、世界遺産マチュピチュへご案内。毎日催行、1名参加もOK!マチュピチュに宿泊することにより、マチュピチュ遺跡だけではなくマチュピチュのナイトライフもお楽しみいただけます。夕食つきのデラックスホテルを手配します。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD820.00

    グループ割引
    毎日
    2日 (午後)
  8. 世界遺産「マチュピチュ」へ1泊2日で訪れます。標高2000メートルもある古代インカ帝国の壮大な遺跡へは、クスコからビスタドーム列車でゆったりと向かいます。ご来光を見るチャンスも!絶景スポットであるワイナピチュへの登山もオプションで可能です。
    送迎付き
    食事付き

    USD680.00

    毎日

マチュピチュ遺跡 | ペルーの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

マチュピチュ(Macchu Picchu)は、15世紀に造られたインカ帝国の遺跡です。一生に一度は訪れたい観光地として、ウユニ塩湖と並ぶ南米二大絶景と言われています。 標高約2,400mのペルーの山岳地帯に位置し、山裾からその存在を確認できないことから、空中都市とも呼ばれています。 クスコから列車やバスでマチュピチュへ向かう行き方が一般的ですが、2017年に、マチュピチュ遺跡観光はガイドの同行が義務付けられたため個人では入場することができません。 気温の寒暖差があるため上着は必須、動きやすい服装に運動靴、天気の良い日は日差しが強いので帽子をお忘れなく。 【ここがおすすめ!】 ・バックパッカーの強い味方!遺跡への入場チケット手配はマストです。 ・マチュピチュ遺跡をじっくり見たい方には宿泊ツアーがおすすめ! ・人数制限がある設計スポット ワイナピチュへの登山も予約可能です。