トータル・トラベル&エクスカーションズ | ボストン 観光・オプショナルツアー専門予約サイトVELTRA
トータル・トラベル&エクスカーションズ
トータル・トラベル&エクスカーションズ
取り扱いエリア: ボストン
情報最終更新日: 2015/05/01
10アクティビティ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 1870年に開館され、アメリカ3大美術館のひとつであるボストン美術館を知識豊富な日本語ガイドと共に回ります。印象派の作品や、日本絵画など世界各地の美術品が並び、何度行っても新たな発見のある美術館です。見学後はハイセンスな商品が並ぶギフトショップでのお買い物もお楽しみください。
    日本語対応あり

    USD 120.00

    日, 水, 木, 金, 土
    3時間 (午後)
  2. アメリカ独立前後の史跡を集め、1本の線で結んだフリーダムトレイル。南端から北端までを、歴史に詳しいガイドと共に観光します。アメリカの辿った歴史を、ボストントレイルになぞりながらご案内します。
    日本語対応あり

    USD 60.00

    毎日
    2時間 (午前)
  3. バークシャー地方は、長く芸術家達に愛されてきた高原の別荘地。森の中で開催される超一流アーティスト達による「タングルウッド音楽祭」と、アメリカ人の生活をほのぼのタッチで描いたイラストレーター、ノーマン・ロックウェル美術館へご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD 390.00

    10時間 (午前)
  4. ケネディ大統領が通ったあの名店、ユニオン・オイスターハウスで堪能する名物クラムチャウダーとロブスター。ディナーの後はガスの灯火が美しい夜のボストンを散策します。ケネディー大統領が座ったお席リクエストも可!70年前に思いを馳せてみては?
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD 175.00

    毎日
    2.5時間 (夜)
  5. アメリカが今に至るまでの重要な歴史的礎を学びに行きませんか?イギリスから新天地を求めアメリカに渡った、ピルグリム達の当時の生活を知ることの出来るプリマスパタクセットなどを訪れます。ご予約はこちら。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD 160.00

    毎日
    5時間 (午前)
  6. 100店舗以上が軒を連ねるレンサムビレッジ・アウトレットでショッピング!コーチ、バーバリー、トリー・バーチ等々、魅力的な店舗が多数。マサチューセッツ州では$175以下の衣料品に税金がかからないので他州よりも手を伸ばしやすいですよ♪
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD 130.00

    毎日
    5時間 (午前)
  7. 自然豊かなバークシャー地方は昔より芸術家の憩いの地として愛されてきました。その中にある小さな町、ストックブリッジは今でもニューイングランドの街並みが残り、ノーマン・ロックウェル美術館が存在します。素朴な自然と絵画に触れるならこのツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD 240.00

    日, 月, 火, 木, 金, 土
    8時間 (午前)
  8. 歴史と文化の街、ボストンの観光名所を約4時間で効率よくまわります。フリーダムトレールやクインシーマーケットなど、ボストンに来たなら見ておきたいスポットを観光できます。1日観光では午後にボストン美術館を自由に見学。日本語ガイド付きで安心の半日または1日ツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD 95.00

    毎日
    3.5 ~ 6時間 (午前)
  9. 石畳の路地、ガス灯、赤レンガの街並みが続く高級住宅地、ビーコンヒルをゆったりと散策します。19世紀の雰囲気が残るエーコン通りや、アンティークショップやお洒落なカフェが並ぶチャールズ通りへもご案内。
    日本語対応あり

    USD 60.00

    毎日
    2 ~ 2.5時間 (午前)
  10. 活気溢れるハーバードスクエアや大学キャンパス、学生生活を支える生協等をご案内します。学生カフェでのコーヒー休憩もあり、世界最高レベルの大学に通う学生たちの日常を垣間見ることができます。
    日本語対応あり

    USD 60.00

    毎日
    1.5時間 (午前)

ボストンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

トータル・トラベル&エクスカーションズ が運営するボストンアクティビティ一覧
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜