グランドキャニオン国立公園TOPページ | ラスベガス 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
国立公園・大自然ツアー
グランドキャニオン国立公園
4.75
ラスベガス発のグランドキャニオンツアーは種類が豊富!日帰りでぐるっと定番どころを巡るツアーや宿泊ツアーは各スポットでの滞在時間もゆったり観光できたり、旅のスタイルに合わせたツアーがきっと見つかる!セスナ遊覧飛行もおすすめ!

不気味なまでの静けさと規模、思わず涙するほど神々しい風景、グランド・キャニオンは何千万年という歳月をかけ大自然の営みが作りあげたアメリカが誇る国立公園の1つです。1919年にアメリカ初の国立公園として指定、さらに1979年には世界遺産にも登録されました。人生観が変わってしまうような壮大な景観に出会える場所としてアメリカ国内だけでなく世界中から毎日、沢山の観光客が訪れます。
ここが魅力!
■絶景が簡単に眺望できることから人気のサウスリム、断崖絶壁を歩いて体感できるガラスの橋スカイウォーク(ウエストリム)など訪れたいスポットは盛りだくさん!
■パワースポットとして注目されるセドナや、世界最大級のフーバー・ダム、アメリカ最大の人造湖ミード湖、幻想的な形と色で人気のアンテロープ・キャニオン、西部劇でおなじみのモニュメント・バレーなどの近隣の名所もあわせて訪れるツアーも人気!
■日帰りでも、宿泊でも!楽しみ方はいろいろ。


ラスベガス発日帰りツアーはこちら!
ラスベガス発宿泊ツアーはこちら!

ラスベガス人気アクティビティランキング

グランドキャニオン国立公園の新着体験談

見たかった場所が全部見れました!

2022/01/11 友達・同僚 hana

今回友人3人で参加しましたが、盛りだくさんの内容で見たかった場所が全て見れました!私たちは写真を撮ることがメインの旅だったのでそれに合わせて時間を調整して下さって、撮影ポイントなども教えてくれて助かりました。コロナ対策もバッチリで砂の多い場... 続きを読む

閉じる

弾丸ツアー・・・でも完璧

2022/01/10 友達・同僚 Ritsuko

朝2時起きで参加しました。でも行きのバスの中で眠れたので、大丈夫でした。運転手さんはお二方ともとても親切な方で、よかったです。なかなか自分たちでは行けないところへ、ツアーで参加させてもらってよかったです。

1月のグランドキャニオン

2022/01/05 カップル・夫婦 みーー

日帰りでたくさんの雄大な景色を見れて大満足です!
お昼ごはんも想像以上に美味しかった。
あとガイドさんたちは写真が上手!
1月にスニーカーでは寒い。。。

最高の時間でした。

2021/12/08 カップル・夫婦 あっしゅ

2:00スタートの弾丸ツアーですが、到着日昼間からホテル仮眠して深夜からのスタートだったのと移動の車でも休めるので体的には問題無く(40才半ば)むしろ時差ボケ解消に良いと思いますのでむしろ初日がおススメです。
途中の山での星空鑑賞に始まり... 続きを読む

閉じる

グランドサークルベストスポット撮影旅行

2021/12/07 カップル・夫婦 Junko

観光地のベストな撮影スポットを教えて頂き、素敵な写真を撮ることができました。スマホやカメラの詳しい設定方法も教えて頂くことができました。今回はアメリカ在住の日本人ばかりで、在住ならではのエピソードなども伺うことができ、とても楽しい旅になりま... 続きを読む

閉じる

素晴らしい思い出ができました

2021/11/28 カップル・夫婦 J K

出発が午前2時半と早いし、体力に自信がなかったので少し不安でした。でも車の中でゆっくり眠るこがてきたこと、帰りが夕方早めだったので
元気に帰ってくる事ができました。
見どころ満載のツアーで楽しい思い出、美しい景色がぎゅっとつまった2日間... 続きを読む

閉じる
グランドキャニオン国立公園TOPページ | ラスベガス 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
ラスベガス発のグランドキャニオンツアーは種類が豊富!日帰りでぐるっと定番どころを巡るツアーや宿泊ツアーは各スポットでの滞在時間もゆったり観光できたり、旅のスタイルに合わせたツアーがきっと見つかる!セスナ遊覧飛行もおすすめ! 不気味なまでの静けさと規模、思わず涙するほど神々しい風景、グランド・キャニオンは何千万年という歳月をかけ大自然の営みが作りあげたアメリカが誇る国立公園の1つです。1919年にアメリカ初の国立公園として指定、さらに1979年には世界遺産にも登録されました。人生観が変わってしまうような壮大な景観に出会える場所としてアメリカ国内だけでなく世界中から毎日、沢山の観光客が訪れます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜