グリーン島 (観光情報) (観光情報) | ケアンズ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

グリーン島

4.15
グリーン島観光は、オーストラリアクイーンズランド州北部のトロピカルノースクイーンズランドと呼ばれるケアンズを中心とする世界遺産のグレートバリアリーフ玄関口の観光となります。ケアンズから高速カタマラン船で45分、27キロの沖合にあるのがグリーン島です。トロピカルな景観の熱帯植物の生い茂る1200ヘクタールの巨大サンゴ礁に囲まれた島です。また、サンゴが堆積してできた島コラールケイ唯一の熱帯雨林の植物が生えています。
歴史
何百万年もの間、サンゴ礁はクイーンズランド州沿岸沖に無数に点在し、生息していました。今、見ることができるグレートバリアリーフは約八千年前に海の水位が上がり現在の海域に誕生し成長が始まりました。波と潮流によってサンゴのかけらや砂が淀みに堆積しその結果土台の不安定な砂州が海面下に出来上がりました。潮流に流され漂着したり、鳥たちの羽や足に付着したり、鳥たちの糞に混じったりした植物の種子がグリーン島に到着し、やがてその種子は芽を出し草木へと育ち植物の生息する島となり毎日毎日僅かに姿を変えています。

見どころ
真っ白な砂浜で一日過ごすのも良いでしょう。島の遊歩道と砂浜を歩いて島一周したり、スノーケリングで色とりどりのサンゴと魚たちを鑑賞したりもできます。また、島内のワニ園で飼育管理されたワニの中で一番大きいカシウスの餌付けを見ることもできます。ターコイズブルーの海でカヌーやウインドサーフィンで澄み切った海水から魚やサンゴを見ることもできます。ビーチパラソルで空中から島を見渡し美しさを堪能できます。このように、見どころの多いグリーン島観光です。

ケアンズ人気アクティビティランキング

グリーン島の新着体験談

グリーン島1日ツアー

2020/12/29 カップル・夫婦 れいか

天気予報では1日雷雨の予報で心配でしたが、当日は晴天となり、海も荒れずよかったです。ただ、島でのお店の方の対応があまり良くなかったです。

海ガメと出会えて幸せ

2020/11/06 友達・同僚 ぽっぽ

オーストラリアでのシュノーケリングは2回目です。海ガメがよく出現するスポットに連れて行ってもらいました。初めて野生の海ガメを見ることができてとても幸せな気持ちになりました。海の中にはサンゴ礁が広がっていて大きな水族館を泳いでいるような気分で... 続きを読む

閉じる

体験ダイビング

2020/10/31 カップル・夫婦 たいど

初めての体験ダイビングでした。いきなり海での練習ではなく、プールで練習できたので安心しました。インストラクターも日本人の方なのでレクチャー等もわかりやすかったです。ダイビングは楽しく、ウミガメを何匹も見ることができました!とても貴重な体験で... 続きを読む

閉じる

もっと充実させたかった…!

2020/08/26 カップル・夫婦 トトルナ

船でグリーン島に向かい、到着してすぐに島のお店でダイビングウェア?を借りて、そこから帰る時間まで自由行動でした。

私たちは出発時間を8:30にしたのですが、アクティビティをシュノーケリングしか考えていなかったので、とても時間を持て余し... 続きを読む

閉じる

種類がたくさんあり迷いまましたがこれにして良かった!

2020/05/23 ひとりで 自由人

友達の勧めで初ケアンズ&マリンスポーツ初体験の私は、グリーン島+アウターリーフのこのツアーを選択しました。
ただ、グリーン島では時間を持て余してしまいました。慣れた方はすぐにシュノーケルに行かれたり各々満喫されてたようですが、全く初心者の... 続きを読む

閉じる

母はウミガメを見れたそうです

2020/05/14 家族 Quiet

行きの船内では日本人スタッフも複数いらっしゃって丁寧に説明してもらえます。
母はグラスボートを選択して、ウミガメを見れたそうです。
私はシュノーケリングを選んで桟橋周りでシュノーケーリングをしました。
飛ばない鳥にパン盗られました!
... 続きを読む

閉じる
グリーン島 (観光情報) (観光情報) | ケアンズ観光 VELTRA(ベルトラ)
グリーン島観光は、オーストラリアクイーンズランド州北部のトロピカルノースクイーンズランドと呼ばれるケアンズを中心とする世界遺産のグレートバリアリーフ玄関口の観光となります。ケアンズから高速カタマラン船で45分、27キロの沖合にあるのがグリーン島です。トロピカルな景観の熱帯植物の生い茂る1200ヘクタールの巨大サンゴ礁に囲まれた島です。また、サンゴが堆積してできた島コラールケイ唯一の熱帯雨林の植物が生えています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜