カフェのスムージーを自宅で再現!作り方とおすすめレシピを紹介 image

カフェのスムージーを自宅で再現!作り方とおすすめレシピを紹介

アメリカ生まれのスムージーは、新鮮な野菜や果物を凍らせたものに牛乳やヨーグルト、ジュースなどを加えてミキサーにかけたフローズンドリンクの事です。クラッシュドアイスを使用したフローズンドリンクやアイスクリームと牛乳が主原料のシェイクと似ていますが、材料そのものを凍らせて作るところが大きな違いです。

今回は、自宅でできるおすすめスムージーの作り方をご紹介します。

  • 1時間
  • Budget1,000円以下
  • Tools 道具(難度) ■■■
  • Tools 事前準備(難度) ■■■
  • Tools 経験(難度) ■■■
  • 難易度の目安

我が家のお気に入りナンバーワン、スムージークラシコ

材料

  • 凍らせた苺 100グラム
  • 凍らせたバナナ 100グラム
  • 100%オレンジジュース 100ml

ミキサーで攪拌する

はじめはフラッシュ機能(おしている間だけ回転するボタン)を使って少しずつ混ぜる。

上手く攪拌できず、カッターが空回りする時がありますが、その時はスプーンなどで少しならしたり、ミキサーを振ってください。

何度か繰り返すうちに段々できてきます。

これくらいで、OKです。

出来上がり

グラスに入れて、出来上がりです。一番大好きで、一夏で20杯は飲んでいます。

ガムシロップなども要りません。バナナの甘味でじゅうぶん甘いです。

さて、自宅で作ったこちらのお値段ですが、非常にお安くできます。

  • バナナ一本、約20〜40円
  • 苺5、6個、約50〜120円(コストコの冷凍苺が50円でおそらくかなりコスパ良いです)
  • 100%オレンジジュース、約20〜25円

合計で約90〜185円

ちなみに量としてはスタバのトールサイズの飲み物よりも少し多い程度で作れます。ショートサイズだと2杯分程度でしょうか

スムージー作りにはミキサーが必須!

ミキサー選びのポイントは?

ミキサーを選ぶときは、色々ポイントがありますがスムージーを作るときに絶対に欠かせないポイントが「ワット数」、「チタンコーティング刃」、「丈夫さ」となります。他にもデザイン、容量、洗いやすさ等が選ぶポイントとしてあると思います。

ワット数

ワット数は重要です。パワーに違いが出ます。パワー不足だと上手く氷を砕いたりすることができません。しっかりとしたスムージーを作るにはパワーのあるミキサーが必要です。メーカーや機種によって異なりますが、市販品では100W~300W前後のものが多いようです。200W前後はパワーが欲しいところです。

チタンコーティング刃

攪拌するための刃はチタンコーティング刃を選ぶのが重要です。丈夫さと錆びにくさを兼ね備えている為、硬い氷や凍らせた果物を砕くスムージーを作るにはチタンコーティング刃の物を選びましょう。

丈夫さ

ミキサーは丈夫さが非常に大事です。ですが、丈夫さは中々判断が難しいところです。前述したチタンコーティング刃である事の他には、ネットなどの評判をみる事。そして値段が安過ぎない事が重要です。大体、値段と品質は比例するのですが、かといってできればお安く済ませたいと思う方もいると思います。

私が使っているミキサーの紹介

ちなみに私の使用しているミキサーはTESCOMの TM835という機種です。ワット数が160ワットと低めですが、なんとか使えています。値段とのバランスが素晴らしくて私は2500円で手に入れました。特売とかではなく大体その近辺のお値段です。今は販売していませんが、後継機がTESCOMのTMの800番台で販売されています。私の持っている835よりもややパワーが上がって190Wになっており、今の機種が壊れたらこちらを買おうと思っています。

おすすめレシピを紹介

キャラペルフラペチーノ

  • 氷牛乳(250ml)
  • お湯(15ml)
  • インスタントコーヒー(2g)
  • キャラメルソース(20ml)
  • ホイップクリーム(適量)

ブルーベリーヨーグルトスムージー

  • 冷凍ブルーベリー(200グラム)
  • ヨーグルト60ml)
  • 牛乳(60ml)
  • ガムシロップ(適量)

マンゴーオレンジスムージー

  • 冷凍マンゴー(200グラム)
  • オレンジジュース(150ml)

いちごヨーグルトスムージー

  • 冷凍いちご(200グラム)
  • 牛乳(100ml)
  • ヨーグルト(100ml)
  • ガムシロップ(適量)

キウイスムージー

  • キウイ(200グラム)
  • リンゴジュース(100ml)

混ぜ過ぎず、種が少し残るくらいにするのがおすすめです。

スムージーで暑い夏を乗り切ろう

ここで紹介したのはあくまでも一例です。おなじスムージーでも少し分量を変えるだけで味わいは変わります。また、スムージーのレシピは、食材の組み合わせによって無限大です。野菜をトッピングして更に健康効果を高めるもよし、自分好みの味を追求するもよしです。

ただ、飲み過ぎてお腹を壊さないように注意しましょうね。

特集・連載

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります