1618年から約250年間、王都が置かれていた古都「ウドン」。各代の王が王宮や道路、橋、そして100を越す寺院をこの地に建設し、今もその一部が残っています。特に「18腕尺の(約9m)の仏陀のビハーラ」と呼ばれる仏教寺院跡地や、4基の大きな仏塔は見ごたえ抜群。丘の上からは周辺の展望が楽しめ、、見渡す限りの緑が広がります。
2アクティビティ
1/1ページ
  1. プノンペンから約50km離れた場所にある古都「ウドン」にご案内する半日ツアー。ウドンを散策したり、ムスリム(チャム族)の村を車窓から見学したり、素晴らしいペインティングが見られる現代寺院にも訪れます。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD70.00

    毎日
    4.5時間 (午前)
  2. 17~19世紀のカンボジアの古都・ウドンへご案内!現在でも数々の参拝者が訪れるこの地には多くの寺院や遺跡が残っています。安心の日本語ガイド付き&プライベートにお楽しみいただけるチャーターツアーです☆
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD36.00

    毎日

エリアからツアーを探す

カンボジア テーマから探す

古都ウドン (プノンペン近郊/郊外観光) | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

1618年から約250年間、王都が置かれていた古都「ウドン」。各代の王が王宮や道路、橋、そして100を越す寺院をこの地に建設し、今もその一部が残っています。特に「18腕尺の(約9m)の仏陀のビハーラ」と呼ばれる仏教寺院跡地や、4基の大きな仏塔は見ごたえ抜群。丘の上からは周辺の展望が楽しめ、、見渡す限りの緑が広がります。