この商品は現在販売しておりません。

第59回 祇園をどり 芸舞妓の舞台鑑賞券<2016/11/1~11/10 祇園/京都市>by アタシェ京 即予約確定

2015-09-22_161529

錦秋の京都を彩る「祇園をどり」

京都五花街がそれぞれ趣向を凝らす「Odori」の中で、唯一秋に開催される「祇園をどり」。国内外からの多くの観光客を魅了する、祇園東歌舞会の芸舞妓の艶やかな舞台をご堪能ください。開演前にお茶席が楽しめる、お得なお茶券付プランもおすすめです。

  • 2015-09-22_161529
  • 2015-09-22_161529
  • 2015-09-22_161529
第59回 祇園をどり 演目

『歓無極園賑
(かんむきょくそののにぎわい)』
~祇園祭ねり物をふたたび~

序景 園の賑い
祇園祭における「ねりもの」の絵番付。
芝居などに題材をとった様々な装束の行列が登場します。

第一景 菊の下露
酌めども尽きない酒壺を前に、豪快に杯を酌み交し孝を称え喜びに満ちた猩々。 躍動感あふれる祝舞。

第二景 鎌倉山の時鳥
京の白拍子・静御前は都落ちで恋人の義経と引裂かれ、鶴岡八幡宮で彼を慕って舞う。 今様

第三景 五条橋の月
今や義経の忠実な家来である武蔵坊弁慶が、長刀を手に若き日の彼との出会いを物語ります。

第四景 関の花
平安時代の六歌仙に名を残す美女・小野小町と天皇の血を引く伊達男・在原業平。惜別の思いを和歌に込めて

第五景 八朔の花紫
江戸時代の吉原。位の高い遊女が新造を従え、夏の礼装に白をまとって優雅に舞います。
第六景 櫓の雪
江戸の町娘お七は、恋焦がれる吉三郎に会う為自家に火を放つが、櫓で危険を知らせる半鐘を打つ。 人形振り

第七景 松の壽
新春を祝い、門付けする太夫と才蔵。掛合いの身振りも軽快に、寿詞(ことほぎ)に合わせて踊ります。

第八景 見物の舞妓
祭で華やぐ京の町、「ねりもの」を見に来た舞妓が、雪月花の設え・瀟洒な衣装に魅せられて舞います。

第九景 祇園東小唄 ~フィナーレ
祇園東界隈の四季の移ろいと名所を美しく唄い上げて、芸妓・舞妓全員で華々しく舞い、フィナーレを迎えます。

▼ さらに詳細を見る
この商品は現在販売しておりません。
ご注意・ご案内
催行会社
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 参加日の11営業日前の現地時間18:00以降、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAは最低価格保証!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

(未設定)

送迎 なし
所要時間 1.5 ~ 2時間

最新5つ星体験談

大変幸運な事に、最前列のお席で演者の息遣いまで感じられ大満足でした。 お菓子の題目の踊りなんて、どう表現するのかと思っていましたが、一景一景 楽しいストーリーになっておりコミカルな所作もあり、後で...もっと見る
お気に入りリストに追加しました!

第59回 祇園をどり 芸舞妓の舞台鑑賞券<2016/11/1~11/10 祇園/京都市>by アタシェ京 | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

第59回 祇園をどり 芸舞妓の舞台鑑賞券<2016/11/1~11/10 祇園/京都市>by アタシェ京の写真一覧 | 京都五花街がそれぞれ趣向を凝らす「Odori」の中で、唯一秋に開催される「祇園をどり」。国内外からの多くの観光客を魅了する、祇園東歌舞会の芸舞妓の艶やかな舞台をご堪能ください。開演前にお茶席が楽しめる、お得なお茶券付プランもおすすめです。