出発地:

アキラの地雷博物館は、カンボジアのシェムリアップ郊外、バンテアイスレイの近くにある小さな博物館です。カンボジア人で地雷除去活動家であるアキ・ラー氏(通称アキラ)が、自身で撤去した地雷や不発弾を集めて安全処理・展示をして「地雷博物館」として運営しているものです。約5,000個の兵器が展示されていて、それはアキラ氏が撤去した地雷の1割にすぎないとも言われていますが、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを十分に伝えています。さらに寄付を元に、地雷の被害にあった子供たちの自立を支援しています。
歴史
アキラ氏が少年時代のカンボジアは、クメール・ルージュが支配している時代でした。両親と離され「こどもグループ」で少年兵になるために、銃の取り扱いや地雷の埋め方の訓練を受けました。13歳の時、侵攻してきたベトナム軍に捕まり、それ以降はクメール・ルージュと戦うことになりました。20歳の時、カンボジアに国連の平和維持活動が入ると、アキラ氏は初めて地雷撤去活動をしました。その時、地雷を埋めたことへの自責の念から、生涯を地雷撤去に捧げることを決意します。そして、地雷のことを知ってもらうために、博物館を作りました。

見どころ
アキラの地雷博物館は、アンコールの遺跡を目的に来た多くの観光客に衝撃を与えています。戦争の負の遺産である地雷は、カンボジアには今もたくさん埋まっていて、全部撤去するには100年かかるとも言われています。地雷は戦争が終わった今でも、人々に恐怖を与えているものです。この博物館は小さな博物館ですが、対戦車地雷、対人地雷、手榴弾など、たくさんの兵器だったものが展示され、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを語りかけてきます。
3アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. カンボジアの内戦時代、フリーカメラマンとして26歳の若さで命を落とした一之瀬泰造のお墓を訪れます。その後、アキー・ラー地雷博物館、キリングフィールドを見学します。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD25.00

    毎日
    4時間 (午前, 午後)
  2. カンボジアの歴史と生活を肌で感じることができる半日ツアー!「東洋のモナリザ」ことバンテアイスレイ寺院の彫刻と、バンテアイサムレ寺院を鑑賞。伝統民家の見学など、昔ながらの暮らしに心が和みます。ガイド歴5年以上のベテランガイドがご案内します。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD30.00

    毎日
    4 ~ 4.5時間 (午前, 午後)
  3. バンテアイスレイ・バンテアイサムレで美しい彫刻を堪能した後はカンボジア民家訪問、トンレサップ湖の水上生活見学で生きたカンボジアを感じよう♪最後はマーケットでショッピングまで楽しめる、大人気1日ツアー!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD70.00

    毎日
    10.5 ~ 11時間 (午前)

カンボジアの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

アキラの地雷博物館 (観光情報) | カンボジア観光| VELTRA(ベルトラ)

アキラの地雷博物館は、カンボジアのシェムリアップ郊外、バンテアイスレイの近くにある小さな博物館です。カンボジア人で地雷除去活動家であるアキ・ラー氏(通称アキラ)が、自身で撤去した地雷や不発弾を集めて安全処理・展示をして「地雷博物館」として運営しているものです。約5,000個の兵器が展示されていて、それはアキラ氏が撤去した地雷の1割にすぎないとも言われていますが、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを十分に伝えています。さらに寄付を元に、地雷の被害にあった子供たちの自立を支援しています。