アキラの地雷博物館 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
アキラの地雷博物館
4.24
アキラの地雷博物館は、カンボジアのシェムリアップ郊外、バンテアイスレイの近くにある小さな博物館です。カンボジア人で地雷除去活動家であるアキ・ラー氏(通称アキラ)が、自身で撤去した地雷や不発弾を集めて安全処理・展示をして「地雷博物館」として運営しているものです。約5,000個の兵器が展示されていて、それはアキラ氏が撤去した地雷の1割にすぎないとも言われていますが、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを十分に伝えています。さらに寄付を元に、地雷の被害にあった子供たちの自立を支援しています。
歴史
アキラ氏が少年時代のカンボジアは、クメール・ルージュが支配している時代でした。両親と離され「こどもグループ」で少年兵になるために、銃の取り扱いや地雷の埋め方の訓練を受けました。13歳の時、侵攻してきたベトナム軍に捕まり、それ以降はクメール・ルージュと戦うことになりました。20歳の時、カンボジアに国連の平和維持活動が入ると、アキラ氏は初めて地雷撤去活動をしました。その時、地雷を埋めたことへの自責の念から、生涯を地雷撤去に捧げることを決意します。そして、地雷のことを知ってもらうために、博物館を作りました。

見どころ
アキラの地雷博物館は、アンコールの遺跡を目的に来た多くの観光客に衝撃を与えています。戦争の負の遺産である地雷は、カンボジアには今もたくさん埋まっていて、全部撤去するには100年かかるとも言われています。地雷は戦争が終わった今でも、人々に恐怖を与えているものです。この博物館は小さな博物館ですが、対戦車地雷、対人地雷、手榴弾など、たくさんの兵器だったものが展示され、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを語りかけてきます。

カンボジア人気アクティビティランキング

アキラの地雷博物館の新着体験談

カンボジアの違った歴史を感じるツアー

2020/02/15 ひとりで ハニィ

アンコールワットとはまた別の、カンボジアの悲しい歴史を感じることのできるツアーです。まだ、数十年前のことなのに、こんなに悲しい歴史がある国であることを感じて、いろいろ考えるツアーです。ほかの参加者の方がいらっしゃらなかったので、一人で時間を... 続きを読む

閉じる

過去から未来へ

2020/02/09 ひとりで シブシブ

色々な国があり、色々な人々が色々な社会をつくりそこで生活しなければならない!今でも地雷を作り売っているくにがあることにショックでした。色々な事を考えさせられる今回の旅でした。

ちょうどいい内容のツアー

2020/02/04 家族 ナカナカ

前日は1日みっちりのツアーに参加していた為、ゆっくりの午後出発にしました。バンテアイスレイは市内中心部から離れている為、このツアーに参加してよかったです。東洋のモナリザは思っていたより小さかったので、ガイドさんの説明がなかったら見逃してしま... 続きを読む

閉じる

素晴らしかったです

2020/01/20 カップル・夫婦 Mmm

2家族参加で、ゆっくりと満喫できました。
バンテアイスレイはとても緻密で美しく、過去にタイムスリップしたような感覚でした。
地雷博物館に大変興味があったのですが、少人数だったこともあり、時間を調整してくださったおかげで、オーディオガイド... 続きを読む

閉じる

行く価値あり!

2020/01/19 家族 ぱあこ

ホテルピックアップ後専用車でバンデアスレイへ。
小一時間かかりますがカンボジアのローカル道路で景色も満喫できます。
バンデアスレイはとても美しくこじんまりした遺跡でレリーフは素晴らしいの一言です。トイレもきれいでした。帰り道にリクエスト... 続きを読む

閉じる

盛りだくさんで満足

2020/01/11 カップル・夫婦 Rosenkavalier

アンコールワット、アンコールトムと比べるとやや郊外にあるので、車で連れて行ってもらうのが得策と考え、こちらのツアーに申込み。参加日は幸運にも我々だけで、ガイドさんに色々思いつくままに話を伺うことが出来てラッキーでした。
お目当ての1つ、バ... 続きを読む

閉じる
アキラの地雷博物館 (観光情報) (観光情報) | カンボジア観光 VELTRA(ベルトラ)
アキラの地雷博物館は、カンボジアのシェムリアップ郊外、バンテアイスレイの近くにある小さな博物館です。カンボジア人で地雷除去活動家であるアキ・ラー氏(通称アキラ)が、自身で撤去した地雷や不発弾を集めて安全処理・展示をして「地雷博物館」として運営しているものです。約5,000個の兵器が展示されていて、それはアキラ氏が撤去した地雷の1割にすぎないとも言われていますが、地雷の怖さ、戦争の悲惨さを十分に伝えています。さらに寄付を元に、地雷の被害にあった子供たちの自立を支援しています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜