青瓦台内部見学 (ソウル市内観光ツアー) | ソウルの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
ソウル市内観光ツアー

青瓦台内部見学

4.47
ソウル中心部にある景福宮(キョンボックン)の北側に位置する大統領官邸・青瓦台(チョンワデ)はまさに韓国政治の中枢を司る場所です。1948年に大韓民国が成立した際に初代大統領李承晩(イ・スンマン)氏が景武台(キョンムデ)と命名したのち、1960年に現在の名称に改称されました。美しい青い瓦がシンボルの建物は、背景にそびえる北岳山(プガクサン)と相まってとても荘厳な趣きがあります。2022年5月から一般開放され、執務室や外賓応接室、大統領と家族が居住していた官邸などを解説付きで見学できるようになりました。青瓦台内部見学付きツアーのご予約はこちらから。

ソウル人気アクティビティランキング

青瓦台内部見学の新着体験談

ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+国立古宮博物館+青瓦台内部見学 NANTA鑑賞や衣装体験を含む昼食付プランあり<午前・1日/日本語ガイド>

キムさんのガイド最高です

2024/02/24 カップル・夫婦 かおり

初めての韓国旅行でした。自分たちだけで観光するより、説明を受けながらのツアーはためになるし楽しい一日でした。キムさんの説明はわかりやすく丁寧で大変勉強になりました。次のツアーもキムさんがガイドだったら最高です。

ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+国立古宮博物館+青瓦台内部見学 NANTA鑑賞や衣装体験を含む昼食付プランあり<午前・1日/日本語ガイド>

最高でした(^^)

2024/02/22 友達・同僚 のっち

初めての韓国で、効率良く回りたかったので、ツアーに参加させていただきました!二組の予定でしたが、キャンセルのためプライベートツアーになりました!天気は雨でしたが、一つ一つ分かりやすく丁寧に教えていただき、行きたい場所にも案内していただきまし... 続きを読む

閉じる
ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+守門将交代式+青瓦台内部見学 サムゲタンor韓定食付きプランあり<午前・1日/日本語ガイド/貸切プランあり>

ガイドさんの機転の利いた案内に感謝です。

2024/02/10 小さなお子様連れ maymama

7歳、6歳、4歳の男の子と8カ月の乳児を含め、家族9人でこの観光ツアーを利用させていただきました。

景福宮→青瓦台→仁寺洞→広蔵市場or明洞で解散というコースでしたが、仁寺洞で解散にしていただきましたところ、ガイドのキムさんは、青瓦台... 続きを読む

閉じる
ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+国立古宮博物館+青瓦台内部見学 NANTA鑑賞や衣装体験を含む昼食付プランあり<午前・1日/日本語ガイド>

韓国一人旅

2024/02/09 ひとりで Darong

ガイドのチョンさんの博識なご説明で朝鮮時代の歴史や慣習、文化をよく理解することができました。帰りには南大門市場も少し案内頂き、それぞれの市場の特徴や美味しいお店、お土産等を教えて頂きました。
日本語もとてもお上手です。
午前だけのツアー... 続きを読む

閉じる
ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+守門将交代式+青瓦台内部見学 サムゲタンor韓定食付きプランあり<午前・1日/日本語ガイド/貸切プランあり>

すごく楽しかった!

2024/02/08 家族 はな

初めて海外旅行をする母との参加だったので、気兼ねなく楽しめるように、貸切でお願いしました。
ガイドさんもとても親切で、ペースを合わせながら説明してくださり、こちらの質問も丁寧に答えてくださいました。
韓定食もとても美味しくて、お腹もいっ... 続きを読む

閉じる
ソウル市内観光ツアー 景福宮(キョンボックン)+国立古宮博物館+青瓦台内部見学 NANTA鑑賞や衣装体験を含む昼食付プランあり<午前・1日/日本語ガイド>

青瓦台内の視察は貴重な体験

2024/02/05 ひとりで やすひろ

ガイドの豊富な知識、流暢な日本語で凝縮された半日ツアーです。
韓国の歴史や日本との関係を学べました。また、青瓦台に入った友人は少なく、羨ましがられました。迎賓室、大統領執務室などをこの目で見られて興奮しました。
このツアーに参加して大変... 続きを読む

閉じる
韓国の渡航安全情報
青瓦台内部見学 (ソウル市内観光ツアー) | ソウルの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
ソウル中心部にある景福宮(キョンボックン)の北側に位置する大統領官邸・青瓦台(チョンワデ)はまさに韓国政治の中枢を司る場所です。1948年に大韓民国が成立した際に初代大統領李承晩(イ・スンマン)氏が景武台(キョンムデ)と命名したのち、1960年に現在の名称に改称されました。美しい青い瓦がシンボルの建物は、背景にそびえる北岳山(プガクサン)と相まってとても荘厳な趣きがあります。2022年5月から一般開放され、執務室や外賓応接室、大統領と家族が居住していた官邸などを解説付きで見学できるようになりました。青瓦台内部見学付きツアーのご予約はこちらから。