ジャーマンチャネル (観光情報) (観光情報) | パラオ観光 VELTRA(ベルトラ)
ジャーマンチャネルはパラオのガリムス島の東に位置している内海と外海をつないでいる水路。かつてパラオがドイツ軍に占領されていた時代、大型船を外洋から浅いリーフへ航行させるためにドイツ軍によって作られた人工水路で、ドイツ製という意味でジャーマンチャネルと名付けられました。
今ではパラオでも屈指のダイビングスポットとして、ブルーコーナー、ブルーホールと並んでの人気ポイント。水路の出口付近はマンタのクリーニングステーションになっており、多くのダイバーの目的はマンタウォッチングです!またリーフと外洋をつなぐ水路なのでチャネルの中は水の流れが速く、マンタ以外にも大きなサメが集まってくることもしばしば。。なお、ダイビングでは水路の出口から南西に開けた場所を潜ります。
スキューバダイビング以外でもシュノーケリング、ロックアイランドツアーのボートがチャネルの上を通ったり、セスナフライトでも水路の形をはっきりと見ることができます。運が良ければボート上からもマンタの姿を見つけることができるかもしれませんね。
歴史
1899年から1914年までパラオはドイツ軍に占領されていました。ドイツ軍は、船舶用にガリムス島とカープアイランドの北に広がる浅いリーフの間に水路を作りました。この人工水路がジャーマンチャネルです。

見どころ
ジャーマンチャネルの水深20メートルの辺りにマンタのクリーニングステーションがあります。ここでマンタはホンソメワケベラやチョウチョウウオに体を綺麗にしてもらうのですが、私たちはその様子を見ることができます。大潮の前や、上げ潮時にはマンタが捕食するのを観察できます。マンタが大きな口を開け、ぐるぐる回りながらプランクトンを捕食する姿は圧巻です。また、ジャーマンチャネルにはマンタやサメの他にも小さな魚がたくさん見られます。ギンガメアジの群れなど様々な種類の回遊魚やフエダイが生息しています。水深25メートルくらいのところには、多くの色鮮やかなベラが泳いでいます。ダイビングはガイドがついているので初心者から経験者まで楽しめ、ナイトダイビングでは日中と異なる印象を受けます。
5アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    世界一ともいわれるほど美しさをもつパラオの海。いくつもの手付かずの島々は緑が豊富、透き通るような美しい海に広がる光景は、見る人を惹きつけてやみません。時間が選べる送迎付の遊覧空中散歩がお勧めです。
    送迎付き

    USD140.00

    毎日
    (午前, 午後)
  2. No.2
    ダイバー憧れのパラオでダイビング!ブルーコーナーやジャーマンチャネルなど人気のポイントを目指します。ガイドはすべて日本語なのでとっても安心。1日最大4ダイブまで追加で参加が可能です。潜れば潜るほどお得になる、お得な2・3日間パッケージも♪
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD140.00

    15%
    OFF
    毎日
    (午前)
  3. No.3
    ロングビーチをその日のベストタイミングで訪れる!パラオの名所を1日で巡る、スペシャルツアーです。シュノーケリングでは、パラオを代表する人気の絶好ポイントをご案内。きれいな景色をご堪能ください!
    送迎付き
    食事付き

    USD100.00

    毎日
    7 ~ 7.5時間 (午前)
  4. ボートで美しいロングビーチ、マンタの通り道で有名なジャーマンチャネルを通り、ビッグドロップオフでシュノーケリング!お昼はBBQを楽しんでいただきます。トレッキングやカヤック、誰も居ないプライベートビーチで過ごす時間も贅沢!
    送迎付き
    食事付き

    USD125.00

    毎日
    8時間 (午前)
  5. ファンダイビング+空港往復送迎+ホテル宿泊がセットになった、便利でお得な3泊4日パッケージ。パラオ到着後の空港お迎えから滞在中のダイビング、最終日のお送りまで全て日本語でご案内します。追加ダイブのお申込みで1日最大4ダイブまで可能!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD440.00

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)

パラオの人気アクティビティランキング

ジャーマンチャネル (観光情報) | パラオ観光| VELTRA(ベルトラ)

ジャーマンチャネルはパラオのガリムス島の東に位置している内海と外海をつないでいる水路。かつてパラオがドイツ軍に占領されていた時代、大型船を外洋から浅いリーフへ航行させるためにドイツ軍によって作られた人工水路で、ドイツ製という意味でジャーマンチャネルと名付けられました。 今ではパラオでも屈指のダイビングスポットとして、ブルーコーナー、ブルーホールと並んでの人気ポイント。水路の出口付近はマンタのクリーニングステーションになっており、多くのダイバーの目的はマンタウォッチングです!またリーフと外洋をつなぐ水路なのでチャネルの中は水の流れが速く、マンタ以外にも大きなサメが集まってくることもしばしば。。なお、ダイビングでは水路の出口から南西に開けた場所を潜ります。 スキューバダイビング以外でもシュノーケリング、ロックアイランドツアーのボートがチャネルの上を通ったり、セスナフライトでも水路の形をはっきりと見ることができます。運が良ければボート上からもマンタの姿を見つけることができるかもしれませんね。