ウィーンで最も大きい食品市場です。新鮮な野菜、果物、チーズ、パン、ワインやビールもその場で飲んで楽しめる市場とされています。総菜屋もあり軽食も味わえるのでお腹をすかせて行くといいでしょう。土曜日にはフリーマーケット、蚤の市、バイオ市場と呼ばれるバイオ工学を使って育てられた食品が販売されるとしてます。良品のハチミツ、カボチャオイルなど安く手に入るといいます。カフェ、レストランも多くあり各国の料理を楽しめるエリアとされています。
歴史
18世紀以降、「ウィーンの胃袋」と呼ばれる食の市場として発展したエリアとされています。ウィーンでは最も大きい市場とされ庶民の台所として親しまれています。第一次世界大戦後、市場の場所を決めるために協議されウィーンの都市計画として整備されたとしています。1919年には現在の市場としてほぼ形になったとしています。毎週土曜日に、市場の近隣にある広場で蚤の市が開かれるようになりました。

見どころ
【食材】調理をする食材、調理されたものも提供されている市場です。食材の種類は、野菜、青果物、精肉、魚介類、チーズ、ハチミツ、パンなど買ってすぐに食べられる食材や調理が必要な食材があるとされています。世界の味が楽しめるイラン産のキャビア、カキ、寿司などの食材もあります。中にはBIO市場もあり遺伝子組み換えをしたバイオ食材もあるとしています。【カフェ、レストラン】市場には約120店舗あるとされています。その中で、ウィーン料理、ベトナム料理、イタリアン、日本食などを楽しめるレストランもあるとされています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. ウィーンの主要観光スポットをまわる乗り降り自由の観光バスチケットです。滞在時間が短い方のために1日または2日乗車券をご用意しました。日本語を含む16ヶ国語の車内オーディオガイド付きです!
    日本語対応あり

    EUR29.00

    毎日

ウィーンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ナッシュマルクト (観光情報) | ウィーン観光| VELTRA(ベルトラ)

ウィーンで最も大きい食品市場です。新鮮な野菜、果物、チーズ、パン、ワインやビールもその場で飲んで楽しめる市場とされています。総菜屋もあり軽食も味わえるのでお腹をすかせて行くといいでしょう。土曜日にはフリーマーケット、蚤の市、バイオ市場と呼ばれるバイオ工学を使って育てられた食品が販売されるとしてます。良品のハチミツ、カボチャオイルなど安く手に入るといいます。カフェ、レストランも多くあり各国の料理を楽しめるエリアとされています。