チェスキー・クルムロフ歴史地区 (観光情報) (観光情報) | チェコ観光 VELTRA(ベルトラ)
チェコの首都プラハの南、オーストリアとの国境近くにあるチェスキー クルムロフは、水と緑に恵まれた美しい町です。中世ヨーロッパの町並みがほとんど完全な状態で残っている希少な例として、町全体が「チェスキークルムロフ歴史地区」として1992年にユネスコの世界遺産に登録されました。旧市街全体がいわばひとつの見どころ。石畳の小さな道を歩きまわって、家々を眺めるだけでも十分楽しめます。クルムロフ城の場内見学では、当時の貴族たちの生活を垣間見ることができます。
歴史
チェスキークルムロフの歴史の始まりは、13世紀に貴族ヴィートコフ家によってクルムロフ城が建設されたこと。14世紀初頭にはロジュンベルク家に支配が移って、町は発展しました。16世紀、ルネッサンス都市として現在の姿がほぼできあがり、繁栄は頂点に達しました。しかし、エッケンベルク家、シュバルツェンベルク家と支配が移り、次第に近代化から取り残され、寂れて行きました。1989年のビロード革命以降、町の景観の歴史的価値が再認識され、建造物の修復が急速に進められ、町はかつての美しさを取り戻し、「チェスキークルムロフ歴史地区」として世界遺産に登録されました。

見どころ
【チェスキークルムロフ城】ボヘミア地方ではプラハ城の次に大きな規模をもつ城館です。13世紀に創建され、その後次々と新しい建築が施され、ルネッサンス様式やゴシック様式など様々な建築様式が見事に調和した巨大な複合建築となりました。メインの城内は、ガイド付きのツアーで見学します。【地域博物館】イエズス会の神学校だった建物を利用した博物館です。チェスキークルムロフ及び南ボヘミア地方の考古学的資料や歴史、民族、芸術や工芸などを網羅した展示を行っています。【エゴン・シーレ文化センター】古いビール醸造所の建物を利用した、20世紀初頭の絵画の巨匠、エゴン・シーレの名の付いた文化センターです。ルネッサンス様式のホールにエゴン・シーレの作品約80点が常設展示されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チェコの人気アクティビティランキング

チェスキー・クルムロフ歴史地区 (観光情報) | チェコ観光| VELTRA(ベルトラ)

チェコの首都プラハの南、オーストリアとの国境近くにあるチェスキー クルムロフは、水と緑に恵まれた美しい町です。中世ヨーロッパの町並みがほとんど完全な状態で残っている希少な例として、町全体が「チェスキークルムロフ歴史地区」として1992年にユネスコの世界遺産に登録されました。旧市街全体がいわばひとつの見どころ。石畳の小さな道を歩きまわって、家々を眺めるだけでも十分楽しめます。クルムロフ城の場内見学では、当時の貴族たちの生活を垣間見ることができます。