ニンフェンブルク城 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ニンフェンブルク城
3.90
バロック建築のこの宮殿は、かつてバイエルンを支配したヴィッテルスバッハ家が、夏の住居としていました。建築は、1664年、選帝侯フェルデナント・マリアの命で始まりましたが、歴代の君主により何度も拡大されました。そのため、バロック、ロココ、新古典主義など、ヨーロッパの多様な建築スタイルを見ることができます。また、広大な美しいイギリス式庭園も、ニンフェンブルグ城の大きな魅力です。公園内の、バロック式、ロココ式の建築物も見逃せません。
歴史
1662年に継承者である息子マクシミリアン2世マヌエルの誕生後、選帝侯フェルディナント・マリアと妻の命により、イタリア人建築家パレッリの設計により、1664年に建設開始されました。中央の建物は、1675年に完成しました。1701年からは、マクシミリアン2世により宮殿の拡大が開始され、彼の息子・神聖ローマ皇帝カール7世が、庭園や庭園を囲む建築物を造り、現在のような宮殿が完成しました。その後も、宮殿は、長い間、バイエルン支配者の夏の住居として使われました。現在は、一般公開されていますが、今でも、宮殿は、ヴィッテルスバッハ家が所有しています。

見どころ
【宮殿・祝宴の広間】宮殿のバロック様式のファサードは、700m以上もあります。本館の中央部の大広間(Steinernen Saal)の素晴らしいフレスコ天井画と装飾はたいへん印象的です。3階以上の高さの空間を持つ壮麗な部屋です。【馬車博物館】ヴィッテルスバッハ家の馬車のコレクションがあります。1742年に神聖ローマ皇帝カール7世の戴冠式に使われた馬車や、ルートヴィヒ2世の豪華な馬車など、見応えがあります。【アマリエンブルグ】宮殿の庭にあるロココ様式の狩猟用の小宮殿です。1734-1739年に建設されました。ユニークな鏡の広間は、ヨーロッパのロココ建築の傑作です。

ニンフェンブルク城の新着体験談

日本語のガイドもあります

2019/05/05 カップル・夫婦 solerickjahn

HOP on HOP off バスのシステムは我が街京都でも観光客が市民の日常生活に影響しないようにと導入されました。ミュンヘンははるかに昔から走っているようで、20分間隔のバスに好きな場所で降り、そして待つ事でほとんどの観光地を巡れます。... 続きを読む

閉じる

短時間であちこち回れて便利

2018/11/02 カップル・夫婦 Eddy

1日の滞在だったのでグランドサークルでまず一周して十分満足しましたが、列車の時間まで時間が余ったのでエクスプレスに乗って時間を潰しました。グランドツアーのショートバージョンかと思ったらグランドサークルで行ってない所に行きました。両方乗るのも... 続きを読む

閉じる

楽しめました

2016/11/13 ひとりで サクラサク

前回ミュンヘンに来たとき時間がなくていけなかったニンフェンブルグ城へ行くこともでき,楽しめました。バスのまわり方が行程と逆だったのはなぜなのかわかりませんが,後半に回る予定のニンフェンブルグ城が最初だったので,私にとっては好都合でした。バス... 続きを読む

閉じる

乗り放題 楽しめました。

2016/10/16 友達・同僚 nori

最初は、遊覧して 下車場所を決め 利用しました。
便利良く 利用できました。 観光には、最適でした。

BMW博物館に

2016/09/28 友達・同僚 匿名希望

お目当てのBMW博物館にお客様をお連れするのに利用しました。目的はもちろん、少し高い目線でミュンヘンの街並を楽しんでいただけたようです。

ニュンヘンベルク城まで30分

2016/05/14 ひとりで Hitomi♪

3回乗り降りしましたが、そのうち2回は運良く日本語ガイドが聞けました。ガイドさんが1階にいて、そこからアナウンスをしています。
日本語ガイドはイヤホンから聞くシステム。

ニュンヘンベルク城へ行きたくてこのチケットにしましたが、移動の... 続きを読む

閉じる
ニンフェンブルク城 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
バロック建築のこの宮殿は、かつてバイエルンを支配したヴィッテルスバッハ家が、夏の住居としていました。建築は、1664年、選帝侯フェルデナント・マリアの命で始まりましたが、歴代の君主により何度も拡大されました。そのため、バロック、ロココ、新古典主義など、ヨーロッパの多様な建築スタイルを見ることができます。また、広大な美しいイギリス式庭園も、ニンフェンブルグ城の大きな魅力です。公園内の、バロック式、ロココ式の建築物も見逃せません。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜