カールス広場 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
カールス広場は、ミュウヘン中心部にある広場です。カールス広場から続くノイハウザー通りとカウフフィンガー通りは、マリアン広場までの間、歩行者者専用道路となっています。広場の前には、大きな噴水があり、夏は涼を楽しめ、冬は小さなアイススケートリンクになります。中世の市城壁の遺跡の一つであるカールス門や、堂々としたネオ・バロック建築が印象的な裁判所(Justizpalast)があり、地下には、シュタフス・パサージュ(Stachus Passagen)という地下街があり、大手デパートKaufhofやKarstadatとも繋がっています。
歴史
バイエルンの選定公カール・テオドールは、1791年に、中世から市を囲んでいた城壁を取り壊す命を出しました。城壁の撤去により生まれたスペースに広場が造られました。広場の名前は、正式には、選帝侯カール・テオールにちなんでカール広場と称しますが、ミュンヘン市民の間では、シュタフス(Stachus)として知られています。18世紀に、広場の南西の位置に、Stachusgarten というとても人気のあるビアガーデン開かれました。現在は、そのビアガーデンは無いのですが、今でも、その名が残り、この広場の通称となっています。

見どころ
【カールス門】中世の城壁の遺産です。5つあった門のうち3つが残され、カールス門はその一つです。元は、14世紀の建築物ですが、18世紀に選帝侯カール・テオドールがここに再建しました。1899~1902年に、建築家ガブリエル・フォン・ザイドルが、門を両脇の建物(Rondelam Sacchus)にうまく組み込む建築を行いました。【裁判所(Justizpalast)建物】1890年から1897年にかけて建築されたネオ・バロック建築で、建築家フリードリッヒ・フォン・ティアシュ(Friedrich von Thiersch)によります。風格のある鉄とガラス製のドームが特徴です。1906年から1908年には、北側に、レンガ製のネオ・ゴシック建築建物が、同建築家により加えられました。
3アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    2階建てバスでミュンヘンの名所を巡る、乗り降り自由なバスツアー!市内12ヶ所の主要スポットが停留所となっているので、自由な観光が可能。ご自身のペースでミュンヘンの街をお楽しみください。

    EUR23.00

    毎日
  2. No.2
    2階建てバスでミュンヘンの名所を巡る、乗り降り自由なバスツアー!市内8ヶ所の主要スポットが停留所となっているので、自由な観光が可能。ご自身のペースでミュンヘンの街をお楽しみください。

    EUR18.00

    毎日
  3. No.3
    バイエルン王国の首都であったミュンヘンには、歴史とともに歩んできた様々な建造物があふれています。今回はその美しき宮殿やお洒落な街並みを、近未来型乗り物セグウェイで楽しむことができます。

    EUR72.00

    毎日
    4.5時間 (午前, 午後)

ミュンヘンの人気アクティビティランキング

カールス広場 (観光情報) | ミュンヘン観光| VELTRA(ベルトラ)

カールス広場は、ミュウヘン中心部にある広場です。カールス広場から続くノイハウザー通りとカウフフィンガー通りは、マリアン広場までの間、歩行者者専用道路となっています。広場の前には、大きな噴水があり、夏は涼を楽しめ、冬は小さなアイススケートリンクになります。中世の市城壁の遺跡の一つであるカールス門や、堂々としたネオ・バロック建築が印象的な裁判所(Justizpalast)があり、地下には、シュタフス・パサージュ(Stachus Passagen)という地下街があり、大手デパートKaufhofやKarstadatとも繋がっています。