カールス広場 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

カールス広場

4.01
カールス広場は、ミュウヘン中心部にある広場です。カールス広場から続くノイハウザー通りとカウフフィンガー通りは、マリアン広場までの間、歩行者者専用道路となっています。広場の前には、大きな噴水があり、夏は涼を楽しめ、冬は小さなアイススケートリンクになります。中世の市城壁の遺跡の一つであるカールス門や、堂々としたネオ・バロック建築が印象的な裁判所(Justizpalast)があり、地下には、シュタフス・パサージュ(Stachus Passagen)という地下街があり、大手デパートKaufhofやKarstadatとも繋がっています。
歴史
バイエルンの選定公カール・テオドールは、1791年に、中世から市を囲んでいた城壁を取り壊す命を出しました。城壁の撤去により生まれたスペースに広場が造られました。広場の名前は、正式には、選帝侯カール・テオールにちなんでカール広場と称しますが、ミュンヘン市民の間では、シュタフス(Stachus)として知られています。18世紀に、広場の南西の位置に、Stachusgarten というとても人気のあるビアガーデン開かれました。現在は、そのビアガーデンは無いのですが、今でも、その名が残り、この広場の通称となっています。

見どころ
【カールス門】中世の城壁の遺産です。5つあった門のうち3つが残され、カールス門はその一つです。元は、14世紀の建築物ですが、18世紀に選帝侯カール・テオドールがここに再建しました。1899~1902年に、建築家ガブリエル・フォン・ザイドルが、門を両脇の建物(Rondelam Sacchus)にうまく組み込む建築を行いました。【裁判所(Justizpalast)建物】1890年から1897年にかけて建築されたネオ・バロック建築で、建築家フリードリッヒ・フォン・ティアシュ(Friedrich von Thiersch)によります。風格のある鉄とガラス製のドームが特徴です。1906年から1908年には、北側に、レンガ製のネオ・ゴシック建築建物が、同建築家により加えられました。

ミュンヘン人気アクティビティランキング

カールス広場の新着体験談

20分間隔で運行しているとのことだが、40分待ち

2022/06/24 カップル・夫婦 onion

まず、出発場所が分かりづらい。さらに同じ名前のデパートが中央駅とマリエン広場にもあり、間違えないように明記した方がいい。
また、バス会社も赤いバスを走らせている会社のバスは、
40分待っている間に2台も来た。
さらに、16:00でサー... 続きを読む

閉じる

Easy to move

2019/12/19 ひとりで MMM

Comfortable to look around famous spots. Not so much crowded. Staffs were kind and supportive.

ミュンヘンhop on hop bus エキスプレスサークル

2019/07/22 カップル・夫婦 ブルー

ミュンヘンhbfから8ヶ所をめぐるバスに乗りました。
ネットで予約してすぐ利用できるので大変便利。
一周した後、またバスに乗り、見たい場所で降りる事ができ、20分おきにバスがあるからオススメです。

日本語のガイドもあります

2019/05/05 カップル・夫婦 solerickjahn

HOP on HOP off バスのシステムは我が街京都でも観光客が市民の日常生活に影響しないようにと導入されました。ミュンヘンははるかに昔から走っているようで、20分間隔のバスに好きな場所で降り、そして待つ事でほとんどの観光地を巡れます。... 続きを読む

閉じる

短時間であちこち回れて便利

2018/11/02 カップル・夫婦 Eddy

1日の滞在だったのでグランドサークルでまず一周して十分満足しましたが、列車の時間まで時間が余ったのでエクスプレスに乗って時間を潰しました。グランドツアーのショートバージョンかと思ったらグランドサークルで行ってない所に行きました。両方乗るのも... 続きを読む

閉じる

簡単な市内めぐり

2018/08/26 ひとりで hiro

ミュンヘンでの最終日に利用しました。
夕方出発でしたのであまり時間がなかったですが、このバスも一周があまり時間を要さないので適当でした。

カールス広場 (観光情報) (観光情報) | ミュンヘン観光 VELTRA(ベルトラ)
カールス広場は、ミュウヘン中心部にある広場です。カールス広場から続くノイハウザー通りとカウフフィンガー通りは、マリアン広場までの間、歩行者者専用道路となっています。広場の前には、大きな噴水があり、夏は涼を楽しめ、冬は小さなアイススケートリンクになります。中世の市城壁の遺跡の一つであるカールス門や、堂々としたネオ・バロック建築が印象的な裁判所(Justizpalast)があり、地下には、シュタフス・パサージュ(Stachus Passagen)という地下街があり、大手デパートKaufhofやKarstadatとも繋がっています。