ナポリ王宮 (観光情報) (観光情報) | ナポリ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ナポリ王宮
4.33
イタリアのナポリにあるナポリ王宮は、パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリとも呼ばれています。ナポリ王宮は、ブルボン家というシチリア王位やナポリ王位にかつてついていた家の王宮です。イタリアでこの他に王宮と言われるものは、カゼルタ宮殿と現在のカポディモンテ博物館であるカポディモンテ宮殿、現在のナポリ大学の校舎であるポルティチ宮殿があります。現在のナポリ王宮の隣の館は、官公庁のナポリ国立図書館、美術館、ナポリ地方観光局などの庁舎として使われています。
歴史
初期のナポリ王宮は、スペイン王の居城でしたが、一度もここをスペイン王は訪れませんでした。16世紀初めから、建物はスペイン副王の住居があったところに建築されました。18世紀になって、ナポリ王宮は内陸のカゼルタ宮殿に移りました。 現在のナポリ王宮は17世紀に建てられたものです。その後18世紀半ばに、火事でナポリ宮殿が損傷してから、1838年に補修などがされました。さらに、爆撃を第二次世界大戦中において受けて損傷したため改修されています。

見どころ
ナポリ王宮の見どころは、プレビシート広場に面している建物の西ファサードに、ナポリ王国を12世紀に建国した時からのいろいろな王の像を見ることができることです。ルッジェーロ2世、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世、カルロ1世、神聖ローマ皇帝カール5世、スペイン王カルロス3世、初代イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世らの像が展示されています。 また、歴史が数世紀もありますが、広々としたナポリ王宮の内部は非常に保存状態が良く、歩きながらゆっくりと見学して回るとその壮大さが感じられます。

ナポリ人気アクティビティランキング

ナポリ王宮の新着体験談

ナポリを知るには一番

2019/11/23 友達・同僚 遊戯三昧

地中海クルーズでナポリに寄港した折に利用しました。市街地周遊と海岸周りの2ルートがあり、それだけでナポリの外観は理解できます。停留所も下船してから徒歩5分のところにありとても便利でした。チケットは日本で購入しプリントアウトしていくと便利です... 続きを読む

閉じる

らくらく市内観光!

2019/07/30 友達・同僚 MASA

 ガリバルディ広場の近くのバス停は少々判りにくかったが、終点と始発のバス停まで辿りつけば2つのコースの乗り継ぎはスムーズに出来ました。チケットも印刷したバウチャーを持参したので、車内で簡単に手続きが出来ました。特に、青の海岸コースは景色も良... 続きを読む

閉じる

便利です。

2019/05/15 家族 gen

ナポリ5日目で毎日歩き通しだったので、さらっと市内観光しながら乗り降りできるこちらのバスを利用させていただきました。
生憎の雨でしたが、屋根付きなので2階席でも問題ありませんでした。


サイトには『【ご利用方法】印刷したバウチャー... 続きを読む

閉じる

2周の楽しみかた

2019/04/30 友達・同僚 シャローム

ナポリは2度目の訪問でした。
今回初めてこのバスを利用しました。
2コースあり、各コースともまず1周乗り、景色やガイドの声に耳を傾けナポリの全体を予習しました。
次に2周目には、あらかじめ決めておいた場所に下車し、周囲をゆっくり堪能し... 続きを読む

閉じる

乗り降り自由!ナポリ"Hop-on Hop-off"観光バスチケット<24時間パス/日本語オーディオガイド/ナポリ発>

2019/01/05 ひとりで マック

乗り場もナポリ宿泊ホテルの近くに有り
解りやすく、問題ありませんでした。
二階バスで風も爽やかに受け市内を一巡し、今から見に行きたい行いところを
下見して、効率よく廻れました。
オーディをも日本語が有り助かりました。

道が狭い

2018/09/09 カップル・夫婦 ヒラちゃん

Aコースは道が狭く、街中もゴミが散乱しており、ガッカリ!
Bコースはナポリ湾沿いにベスビオス火山が良く見えるので、とてもよかった。

ナポリ王宮 (観光情報) (観光情報) | ナポリ観光 VELTRA(ベルトラ)
イタリアのナポリにあるナポリ王宮は、パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリとも呼ばれています。ナポリ王宮は、ブルボン家というシチリア王位やナポリ王位にかつてついていた家の王宮です。イタリアでこの他に王宮と言われるものは、カゼルタ宮殿と現在のカポディモンテ博物館であるカポディモンテ宮殿、現在のナポリ大学の校舎であるポルティチ宮殿があります。現在のナポリ王宮の隣の館は、官公庁のナポリ国立図書館、美術館、ナポリ地方観光局などの庁舎として使われています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜