キューケンホフ公園 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
キューケンホフ公園は、オランダのリッセにある、世界で2番目に大きな花園で、ヨーロッパの庭園という名前でも知られています。公園では、毎年700万個の球根が植えられ、32ヘクタールの土地を覆っています。
歴史
キューケンホフ公園は、15世紀には狩猟場として使用されていました。また、ジャクリーヌ・ド・エノーの城の食卓で食されるための、ハーブを採る場所でもありました。伯爵の死後は、富豪の商人がこの地を手に入れました。17世紀には、オランダ東インド会社の首領であったエイドリアン・ブロックが、1961年に建てさせた家に、退職後に住み始めました。1949年、公園はリッセの市長によって設立されました。オランダやヨーロッパ中の花の生産者が、変種を見せる機会をつくり、オランダの花の輸出産業を活性化させる目的で作られました。

見どころ
キューケンホフ公園は、様々な庭園と、スタイルを含有しています。イギリスの景色を模した庭では、曲がりくねった小道や、見通しの良い地点があります。歴史的な庭園は、古いタイプの球根が見られる、囲いのある庭園です。自然の庭園は、低木や多年草が球根植物と共存しているウォーターガーデンなどがあります。日本の田舎の庭は、自然な環境の中にある、伝統的でない庭園です。また、キューケンホフ公園には、多くの高官や、著名人が訪れています。ジュリアナ女王は公園のパトロンで、その娘のビートリックス姫、イレーン姫、マルグリット姫も訪れました。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


オランダの人気アクティビティランキング

キューケンホフ公園 (観光情報) | オランダ観光| VELTRA(ベルトラ)

キューケンホフ公園は、オランダのリッセにある、世界で2番目に大きな花園で、ヨーロッパの庭園という名前でも知られています。公園では、毎年700万個の球根が植えられ、32ヘクタールの土地を覆っています。