クレラー・ミュラー美術館 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
クレラーミュラー美術館はオランダの中央部、広大な敷地を持つデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のオッテルロー村にあります。ここには芸術を愛した実業家のアントン・クレラーミュラーと妻のへレーネ・クレラーミュラーが収集した1万点を超えるコレクションが収蔵されています。美術館の建物はクレラーミューラー家の依頼により、アールヌボー建築の旗手であるベルギーの建築家アンリ・ヴァン・ド・ヴェルデによって設計されました。コレクションには多くの彫刻作品も含まれ、25万㎡に及ぶ彫刻庭園が作られており、ヨーロッパ最大規模の彫刻庭園と言われています。
歴史
ヘレンの最初のコレクションは1907年ゴーギャンの作品でしたが、その後彼女が最も好きなゴッホの作品がコレクションの中心を占めるようになり、やがて油彩画91点、デッサン175点が集まりました。美術評論家で画家のブレマーや建築家のヴェルデなどのアドバイザーの助言を得て、最終的には11,500 点のコレクションとなりました。その後、経済不況によって夫の会社の業績が悪化し、収集した美術品が人手に渡る危機に直面しました。この経験を踏まえて、ヘレンはコレクションの散逸を防ぐため、美術館を建設することを条件に、1935年、オランダ政府にコレクションを寄贈しました。こうして1938年、デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内にクレラーミュラー美術館 がオープンしました。 

見どころ
クレラー・ミューラー美術館の見どころはコレクションを代表するゴッホの作品群です。特に有名なものには「夜のカフェレラス」「糸杉と星の見える道」「アルルの跳ね橋」「種まく人」などがあります。その他、モダンアートや抽象画のコレクションも大変に充実しています。モンドリアンの「赤と黄色と青のコンポジション」「ダイヤモンド型コンポジション」、ピカソの「ヴァイオリン」や、ファン・グリスの「ギターのある静物」などがあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


オランダの人気アクティビティランキング

クレラー・ミュラー美術館 (観光情報) | オランダ観光| VELTRA(ベルトラ)

クレラーミュラー美術館はオランダの中央部、広大な敷地を持つデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のオッテルロー村にあります。ここには芸術を愛した実業家のアントン・クレラーミュラーと妻のへレーネ・クレラーミュラーが収集した1万点を超えるコレクションが収蔵されています。美術館の建物はクレラーミューラー家の依頼により、アールヌボー建築の旗手であるベルギーの建築家アンリ・ヴァン・ド・ヴェルデによって設計されました。コレクションには多くの彫刻作品も含まれ、25万㎡に及ぶ彫刻庭園が作られており、ヨーロッパ最大規模の彫刻庭園と言われています。