レンブラントの家 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
レンブラントの家
レンブランドの家はオランダのアムステルダムにあります。レンブランドが20年間住んでいた建物がそのまま残され、現在は博物館・美術館として現在公開されています。当時を思わせるレンガ造りの建物が雰囲気を醸し出しています。アムステルダムの中心地から徒歩で15分ぐらいのところにあります。彼の当時の住まいを再現しており作品や調度品などが公開されています。当時の絵の具のつくり方といった実践も行われており観光客から人気の施設です。
歴史
レンブラント・ハルメンス・ファン・レインは、17世紀のネーデルラント共和国を代表する画家であり、ゴッホが最も敬愛した敬愛した画家でもあります。レンブラントは、明暗を画面上に強く押し出したルミニズム技法を多用する事から「光と影の画家」や「光と影の魔術師」の異名で呼ばれる事もあります。レンブラントの作品は、油彩画だけで無くエッチングや銅版画など数多くの作品を残しています。又、レンブラントは、生涯を通じて自画像を描き続けた画家としても知られています。レンブラントは、若い頃から肖像画として成功していますが、肉親を続け様に亡くすなど度重なる不幸と浪費癖により53歳で破産しています。

見どころ
レンブラントの家は、1639年にレンブラントが33歳の時に購入した1609年に建築されたかなりの豪邸です。レンブラントの家は、1906年のレンブラント生誕300年記念を期に保存されるなり、1911年より博物館兼美術館に利用され一般公開されています。内部は、17世紀レンブラントが生活していた当時の様に再現され、棟続きの新館にはエッチングやスケッチなどが数多く展示されています。又、17世紀の絵の具の実演説明や版画の実演も行われています。

オランダ人気アクティビティランキング

レンブラントの家 (観光情報) (観光情報) | オランダ観光 VELTRA(ベルトラ)
レンブランドの家はオランダのアムステルダムにあります。レンブランドが20年間住んでいた建物がそのまま残され、現在は博物館・美術館として現在公開されています。当時を思わせるレンガ造りの建物が雰囲気を醸し出しています。アムステルダムの中心地から徒歩で15分ぐらいのところにあります。彼の当時の住まいを再現しており作品や調度品などが公開されています。当時の絵の具のつくり方といった実践も行われており観光客から人気の施設です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜