名古屋発 世界遺産白川郷ツアー | 名古屋・愛知の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
名古屋発 世界遺産白川郷ツアー
名古屋発のバスツアーで世界遺産の白川郷へ!1泊2日の宿泊または日帰りツアーで日本の原風景とゆったりとした時間の流れを感じる白川郷を散策しませんか?
豪雪に耐える頑丈な合掌造りの家々と独自の文化が今に受け継がれ人気の観光スポットとなった白川郷旅行は、自家用車よりも気軽にアクセス可能な観光バスツアーのご利用がおすすめ。春は桜、夏は濃い緑が村中を覆う様子、秋は紅葉、冬は雪で覆われた銀世界など時期によって季節の風情を楽しむことができます。所要時間は、和田家などの見どころをピンポイントで巡るだけなら最短で2~3時間。食事や飛騨高山観光もセットで楽しみたい方には1日コース、さらに温泉や新穂高の絶景まで飛騨の魅力も余すとこなく堪能できる宿泊プランもおすすめです。


【ここが見どころ】
・自然と共存し伝統を守りながら住む人々の暮らしと文化を体感
・白川郷の荻町合掌集落を一望できる天守閣展望台は絶好の撮影ポイント!
・積雪が辺り一面を白く染める冬の白川郷など四季折々の景色が楽しめる
・温泉宿の宿泊やミニバスを貸切できるツアーは団体旅行にもぴったり
<世界遺産白川郷とは>
1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された白川郷は岐阜県大野郡白川村の荻町地区にあり、大小100棟余りの合掌造りが残り、今も生活をしている集落です。世界遺産に登録されたことにより、国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。

<白川郷の合掌造りとは>
日本独自の木の梁を山形に組み合わせて建てられた建築様式です。外から見た形が、まさに手と手を合わせた合掌のように見えることから「合掌造り」となった、など諸説あります。またこの形は雪や風、太陽など様々な環境下でも適用できる構造となっており、まさに自然と共存する家なのです。

<モデルコース>
①天守閣屋外展望台
白川郷の荻町合掌集落を一望できる天守閣展望台。大小あわせて約100棟余りある合掌造りの集落を眼下に眺め、白山連峰を一望することができます。パンフレットなどでもおなじみの景色を、実際に体験していただきます。

②和田家
集落の中で最大の規模の合掌造りです。江戸期に名主や番所役人を務めるとともに、白川郷の重要な現金収入源であった焔硝の取引によって栄えました。現在も住居として活用されるとともに、1~2階部分を公開しています。囲炉裏の火(炭)は年中欠かさず入れ、皆様の憩いの場となっています。

③合掌造りでの昼食
白川郷・合掌造りではそばや和食を中心にランチも充実。特に、山菜などの野菜をすりおろしたたっぷりのとろろの中にインしたとろろ定食は絶品。

④野外博物館 合掌造り民家園
県重文9棟を含む25棟の合掌造りを保存、公開している野外博物館です。主屋だけでなく神社やお寺本堂、水車小屋等があり、主屋は屋根裏まで見学が可能です。当時の暮らしを追体験できるような園内では、お食事処で手打ちそばや餅入りぜんざいを楽しむこともできます。

◆石川・金沢発の白川郷ツアーはこちら
◆岐阜・高山発の白川郷ツアーはこちら

名古屋・愛知人気アクティビティランキング

参加時の注意

服装・持ち物
◆春
3月中旬まではまだまだ寒さが残るため、しっかりと防寒対策をしていきましょう。5月になると日中都市部並みに暑くなることもありますが、昼と夜の温度差も激しいため、カーディガンやジャケットなどを用意しておくと安心です。

◆夏
最高気温は都市部と同じくらいまで上がるため、日中の服装はTシャツ、短パンなどでいいでしょう。山間部の位置するので、山や川のひんやりとした風を感じることがありますので、早朝や夜の場合は一枚羽織物を持っておくと安心です。

◆秋
春と同じ服装で問題ありません。秋も昼と夜の温度差が激しいので、カーディガンやジャケットなどの防寒具があると安心です。

◆冬
厚手のコート、手袋、ニット帽、インナーなどしっかりとした防寒対策が必要となります。12月下旬から2月下旬にかけては積雪があるので、すべりにくい靴で行くと安心です。
天気・気温
夏(6~9月):最高気温24.2℃~30.4℃前後、最低気温14.0℃~20.2℃
冬(12~2月):最高気温2.6℃~8.1℃前後、最低気温-0.5℃~-4.7℃

都市部と比べ、夏はやや涼しい程度ですが、冬になると平均気温は氷点下となります。毎年12月初旬に初雪が観測され、12月下旬から2月下旬にかけては積雪で真っ白な世界が広がる白川郷をお楽しみいただけます。

世界遺産白川郷とは

概要
岐阜県大野郡に位置する白川郷は、1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には白川郷・五箇山の合掌造り集落が世界文化遺産に登録されました。合掌集落とは木の梁を山形に組み合わせて建てられた日本独自の建築様式で、外から見た様子が掌を合わせたように見えることから、その名がつけられたともいわれています。また、荻町集落では「売らない、貸さない、壊さない」の三原則が定められ、その外観や風景が住民によって守られています。冬は厳しい寒さと雪によって閉ざされてしまい、住民間で協力し合うことで生き抜いてきたことから、相互扶助を意味する「結」の心を大切にされています。
楽しみ方
「日本の故郷」白川郷は国内旅行でも人気の観光スポットで、日本の原風景ともいえる合掌造りの家のほか、白川郷全体を眺めることができる展望台、天然温泉、グルメを満喫、見学することができます。約2時間ほどあれば、和田家、天守閣展望台、民家園など主なスポットを巡ることができるので、半日観光も可能です。最近ではドラマ「最愛」のロケ地としても有名で、ロケ地巡りを楽しむのもいいでしょう。人気の観光バスツアーでは、名古屋駅または一宮駅の選べる出発地で白川郷まで楽々アクセス。飛騨高山の古い町並みとセットで楽しめる充実プランです。白川郷ではたっぷり2時間自由散策ありなので、見どころを十分に巡ることができます。貸切バスでは、宿泊または日帰りから選択可能。ご自宅や宿泊ホテルなど愛知県内ご希望の場所に送迎で、自分たちのペースで楽しむことができるので、ご年配の方や子供連れの家族旅行にもおすすめです。標高2,156mのパノラマ絶景が魅力の新穂高ロープウェイも一緒に観光できる凝縮プランもご用意あり。

関連情報

行き方/駐車場
<車をご利用の方>
名古屋発:東海北陸自動車道 > 荘川IC > 国道158~156号線 > ひだ白川郷(所要時間 約2時間15分)

<公共交通機関をご利用の方>
名古屋駅 > 名鉄バスセンターより高速バス > 白川郷バスターミナル > ひだ白川郷(所要時間 約2時間50分)

<駐車場>
村営せせらぎ公園駐車場をご利用ください。(普通車:約200台)
駐車料金: 【普通車】1,000円 / 【二輪車】200円
営業時間:8:00~17:00
ベストシーズン
1年を通して観光が楽しめる白川郷ですが、四季折々の風景や自然とのコラボレーションが美しいのも魅力のひとつです。

◆春:4月中旬から5月初旬に桜が開花し、お花見×白川郷のコラボレーションを楽しむことができます。雪解けが始まり、暖かくなってくるので、観光もしやすくなるでしょう。

◆夏:山々の緑が美しいシーズン。山や川からの心地よい風が吹くので、都会よりも過ごしやすい気候となります。

◆秋:10月下旬~11月中旬は紅葉の見頃となり、山々も秋色に染まる景観をお楽しみいただけます。

◆冬:積雪により、白川郷全体が幻想的に白く染まります。1~2月に開催されるライトアップイベントも必見です。
周辺施設
白川郷にはグルメやお土産が購入できるお店が萩町エリアだけでも約49軒存在します。山菜などの山の味覚が楽しめる郷土料理のほか、打ち立てのお蕎麦が堪能できるお店など、食事の種類も豊富。昼食にお好みのお店を見つけてみてくださいね。
名古屋発 世界遺産白川郷ツアー | 名古屋・愛知の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
名古屋発のバスツアーで世界遺産の白川郷へ!1泊2日の宿泊または日帰りツアーで日本の原風景とゆったりとした時間の流れを感じる白川郷を散策しませんか? 豪雪に耐える頑丈な合掌造りの家々と独自の文化が今に受け継がれ人気の観光スポットとなった白川郷旅行は、自家用車よりも気軽にアクセス可能な観光バスツアーのご利用がおすすめ。春は桜、夏は濃い緑が村中を覆う様子、秋は紅葉、冬は雪で覆われた銀世界など時期によって季節の風情を楽しむことができます。所要時間は、和田家などの見どころをピンポイントで巡るだけなら最短で2~3時間。食事や飛騨高山観光もセットで楽しみたい方には1日コース、さらに温泉や新穂高の絶景まで飛騨の魅力も余すとこなく堪能できる宿泊プランもおすすめです。 【ここが見どころ】 ・自然と共存し伝統を守りながら住む人々の暮らしと文化を体感 ・白川郷の荻町合掌集落を一望できる天守閣展望台は絶好の撮影ポイント! ・積雪が辺り一面を白く染める冬の白川郷など四季折々の景色が楽しめる ・温泉宿の宿泊やミニバスを貸切できるツアーは団体旅行にもぴったり
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜