軍艦島 (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す

軍艦島

4.46
軍艦島は正式には「端島(はしま)」といい、高層コンクリート住宅が立ち並ぶ外観から「軍艦島」と呼ばれている長崎県長崎市にある島です。"明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業"、構成資産・産業遺産の一つとして世界文化遺産に登録されています。長崎港から船で40分ほど南下した海上にあり、島の見学には旅行会社や船会社が行っている上陸ツアーを利用するのが一般的です。ベルトラでは軍艦島コンシェルジュの上陸・周遊ツアーをご紹介しています。長崎に来たからには絶対に訪れてほしい今注目の観光地です。

長崎人気アクティビティランキング

軍艦島の新着体験談

軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

軍艦島は見れたし、上陸はできたが

2022/09/27 ひとりで シオン

私が参加した回では、軍艦島に上陸できました。しかし、自由に散策できるわけではなく、「上陸記念」程度に思った方がいいと思います。座る席の位置によって多少軍艦島の撮影角度が変わります。でもそこは運次第です。
ちなみに、長崎港では本物の軍艦が見... 続きを読む

閉じる
軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

軍艦島に上陸できたのはラッキーでした

2022/09/18 友達・同僚 スムアマシン

出発前まで軍艦島ミュージアムで、当時の生活や住まいの展示などを見ることができました。そして一番楽しみな船での軍艦島上陸となりましたが、当日の波や風の影響で場合によっては上陸できない事もあると事前に注意説明がありました。しかしながら無事に上陸... 続きを読む

閉じる
軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

ツアー参加2回目にして上陸出来ました。

2022/09/10 ひとりで sallylily

2年前にツアー参加した際に上陸出来ず、周遊に変更になったのですが、今回初めて上陸出来ました。とても感動しました。今回、ガイドをしてくださったはまぐちさんのお話もとても楽しく分かりやすく、前回より更に理解し、また驚きもありました。いろんな方に... 続きを読む

閉じる
軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

軍艦島ツアー

2022/08/27 ひとりで ゆきだるま

海が荒れ上陸できませんでしたが、ジュピター号のコンシェルジュさんの解説は印象的で素晴らしかったです。

軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

よかった

2022/08/20 ひとりで dgmj

波の状況によって上陸できない日もあるそうなのですが、参加した日は上陸できて満足でした。
船内から上陸時まで丁寧に説明もあったので、より楽しめました。
乗船するまでの時間がちょっと長すぎるのでもう少し効率的に回るツアーにしてもいいと思いま... 続きを読む

閉じる
軍艦島 上陸・周遊ツアー コンシェルジュが出港から帰港までたっぷり解説!午前・午後発から選択可 <長崎市>by 軍艦島コンシェルジュ

初!軍艦島

2022/08/20 友達・同僚 沖縄最高!

前回は、天候が悪くツアーが開催されませんでしたが、今回はリベンジが出来ました。すっごく良かったです。

軍艦島について

概要
世界遺産・軍艦島は、長崎港から船で18.5kmの距離に浮かぶ島です。高島地区と呼ばれる地域は、端島(軍艦島)をはじめ、唯一の有人島である高島、中ノ島、飛島の4つの島からなります。正式には端島(はしま)という名前ですが、高層コンクリート住宅が立ち並ぶ外観から「軍艦島」と呼ばれています。良質で豊かな石炭とともに日本の近代化を支えた軍艦島は、現在は廃墟となっていますが、当時の住民の生活の名残を感じることができます。
歴史
端島炭坑(軍艦島)では、1810年頃石炭が発見され、その石炭量の多さと良質さで、日本の近代化を支えてきました。採掘される石炭量の増加とともに島は急成長し、6回の埋め立て工事を経て、島の面積は約3倍になり、日本で初めての7階建て鉄筋コンクリート造の住宅(30号棟アパート)や学校・病院、映画館や小中学校などが建設され、島の中でほとんど完結できるほどでした。1960年(昭和35年)には5,000人近くの島民が住んでいましたが、島の半分は炭鉱で、生活スペースは狭く、最盛期の島の人口密度は東京人口密度の9倍以上で世界一でした。しかしその後、主要なエネルギーが石炭から石油へと移り変わるとともに衰退し、1974年に閉山し無人島となりました。
見どころ
2009年4月より島の上陸が許可され見学が出来るようになった軍艦島。2015年5月、イコモスにより世界文化遺産に登録するよう勧告されてから一気に話題となりました。その見どころはなんといっても「まるで戦艦のような迫力のある外観」と、「島全体が繁栄当時のまま残っているタイムカプセル」であるところです。各旅行会社や海運会社が企画しているクルーズでは、島の周りをぐるりと巡り、軍艦島に上陸する観光クルーズが大変人気です。青い海に浮かぶ無人の廃墟の島。歴史や廃墟が好きな方にはたまらない観光スポットといえるでしょう。

周辺施設・アクセス方法

周辺施設:軍艦島デジタルミュージアム
軍艦島デジタルミュージアムは、最新のデジタル技術を使って、活気溢れる島内の様子や、上陸ツアーでは見ることのできない立入禁止区域などを、巨大スクリーンやプロジェクションマッピングで体感できる見学施設です。軍艦島の地下海底1km以上深くにある採炭現場までの道のりを再現した体験、写真の展示等など、当時の軍艦島の人々の暮らしを感じることができます。軍艦島クルーズの参加前後の訪問がおすすめです。
長崎駅・長崎空港から常磐ターミナル(桟橋)へのアクセス
複数の会社が運航するクルーズ船の乗船場所"常磐ターミナル"には、長崎駅・長崎空港からのアクセスも良好です。

▼長崎駅から常磐ターミナル
タクシー利用…約8分
路面電車利用…約25分
長崎駅前電停より"1番崇福寺下行き"に乗車、新地中華街電停にて下車し、反対側ホームより"5番石橋行き"に乗車。2つ目の大浦海岸通り電停にて下車

▼長崎空港から常磐ターミナル
レンタカー利用…約50分
バス利用…約50分
エアポートライナー(出島道路経由)より長崎新値ターミナルで下車後、徒歩約6分
軍艦島 (観光情報) | 長崎観光 VELTRA(ベルトラ)
軍艦島は正式には「端島(はしま)」といい、高層コンクリート住宅が立ち並ぶ外観から「軍艦島」と呼ばれている長崎県長崎市にある島です。"明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業"、構成資産・産業遺産の一つとして世界文化遺産に登録されています。長崎港から船で40分ほど南下した海上にあり、島の見学には旅行会社や船会社が行っている上陸ツアーを利用するのが一般的です。ベルトラでは軍艦島コンシェルジュの上陸・周遊ツアーをご紹介しています。長崎に来たからには絶対に訪れてほしい今注目の観光地です。