漲水御嶽 (観光情報) (観光情報) | 宮古島観光 VELTRA(ベルトラ)
漲水御嶽は「はりみずうたき」もしくは方言読みで「ぴゃるみずうたき」と呼ばれる、沖縄県宮古島市平良字西里にある御嶽です。宮古島の中ではかなり格式の高い霊場で琉球王国建国以前から、信仰を集めている御嶽であり、数多くの神話と伝説の舞台でもあります。すぐ側には18世紀のはじめに作られたと言われる、以前は祥雲寺というお寺まで続いたと言う広い石畳道も残っていて、美しい屋根瓦が特徴的な歴史を感じる静かな一角になっています。
歴史
天帝に命じられた、古意角(コイツノ)という神と姑依玉(コイタマ)という女神が、多くの神々を従え天下った場所だとされています。18世紀の中頃まとめられた、『宮古島記事仕次』という宮古島の神話・伝説と昔話をまとめた本によれば、地上の守護神となることを古意角が天帝に願い出ると、天帝はこれを祝福し、天の岩戸の先端を折って大海に投げ入れ宮古島を作ったとされています。その後、古意角は姑依玉と言う女神を伴い現在御嶽のある地に降臨し多くの神々を産み育て、そして人々が繁栄を得た、とされているものです。

見どころ
16世紀に仲宗根豊見親玄雅という宮古島の首長が作ったとされるだけあって建物自体は決して大きく立派ではありませんが、訪れた際にも地元の人が中でお祈りをしていますし、人々に浸透しているところです。賑やかな街から少し離れてしっとりとした空気を味わいたい時に訪ねてみてください。歴史に興味がある方にはお勧めです。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    宮古の歴史を彩る英雄達が活躍した舞台、平良(ひらら)。ガイドと一緒に旧市街地の史跡や文化財をたどりながら、宮古島統一の歴史物語を楽しむまち歩きです。江戸時代中期につくられた井戸などを巡る「水と暮らし物語」を加えたロングコースもあります。

    JPY3,000

    毎日
    1.5時間 (午前)

宮古島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

漲水御嶽 (観光情報) | 宮古島観光| VELTRA(ベルトラ)

漲水御嶽は「はりみずうたき」もしくは方言読みで「ぴゃるみずうたき」と呼ばれる、沖縄県宮古島市平良字西里にある御嶽です。宮古島の中ではかなり格式の高い霊場で琉球王国建国以前から、信仰を集めている御嶽であり、数多くの神話と伝説の舞台でもあります。すぐ側には18世紀のはじめに作られたと言われる、以前は祥雲寺というお寺まで続いたと言う広い石畳道も残っていて、美しい屋根瓦が特徴的な歴史を感じる静かな一角になっています。