米国国立公文書館 (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
米国国立公文書館
4.61
米国国立公文書館は、正式にはアメリカ国立公文書記録管理局といいます。その本部と運営部門がワシントンD.Cにある本館です。「アーカイブスワン」とも呼ばれています。地下鉄のアーチブス・メトロ駅から徒歩で行けます。独立宣言文書の実物があることで有名です。歴史を感じることが出来る場所です。映画好きの方にとっては、ニコラス・ケイジ主演の『ナショナルトレジャー』にも登場する施設なので、映画の舞台として面白さを感じることができます。
歴史
もともとアメリカでは、それぞれの省庁で文書を保管してきました。中には歴史的な価値のあるものもあります。そういったものを後の時代にまで残すことを視野にいれ、散在していた資料を中央に一つにまとめることになりました。1935年に米国国立公文書館として保管、保存を行うようになりました。資料は増え続けるため、1994年にメリーランド大学のカレッジパークに新館が作られました。新館ができてから、本館は「アーカイブスワン」と呼ばれるようになりました。現在、資料の保管先はアメリカ国内に33か所あります。膨大な資料は電子化も進められています。

見どころ
米国国立公文書館では『アメリカ独立宣言』『アメリカ合衆国憲法』『権利章典』と有名な文書のオリジナルが展示されていて、見どころの一つとなっています。保存状態維持するため、照明はやや暗めですが、だれもが教科書で見たことがある文書が展示されています。そのほか『奴隷解放宣言書』や歴史を感じさせる写真パネルなども展示されています。

ワシントンDC人気アクティビティランキング

米国国立公文書館の新着体験談

とても快適なツアーでした

2020/07/22 家族 こころ

ガイドさんの方の説明も丁寧で分かりやすく、臨機応変に対応して下さいました。定番の観光案内だけでなく、今、アメリカで何か起きているのかなど、政治や経済の事も分かりやすく説明して頂きました。またお世話になりたいと思えるツアーです。

首都ワシントンD.C.の見どころを網羅! 半日観光ツアー

2020/03/22 友達・同僚 suny

時間の無い中で主要な場所が効率良く回れました。
人数が多かったので貸切だった為、解散場所の希望を聞いてくれたり、車内での説明もわかりやすく良かったです。

半日観光 効率よくまわれました

2019/12/21 小さなお子様連れ kuni

バスで半日でも効率よくまわれました。
また各観光名所のエピソードも聞けて良かったです。各場所では自由時間を30分とってくれたり、写真を撮ってくれたりなどのサービスも良かったです。冬に参加したのですが、寒い中歩き回ったりせずにすみました。
... 続きを読む

閉じる

娘・息子・孫と、3世代で楽しめませた。 ワシントンD.C.半日ツアー!

2019/12/01 小さなお子様連れ ハッピー

現地に着いてから、ツアー当日が感謝祭と気付き、大丈夫かなと心配してました。案の定、駐車場トラブルで、ツアー集合場所に遅刻。電話したら、参加者は我々だけと言う事で、待っていてくださいました。
ガイトさんの知識が豊富で、ワシントン初めての我々... 続きを読む

閉じる

ワシントンD.C.観光の予習復習に最適

2019/10/29 家族 りゅうぼさん

19歳の娘とはじめての2人旅。
整備された清潔な街のワシントンD.C.を半日で効率的に廻ることができ、またカスタマイズも時間が許せるば対応してくださるのでめっちゃコスパ良しです。
アメリカの歴史や現代の課題まで車中でおもしろおかしく話し... 続きを読む

閉じる

とても充実した観光になりました

2019/08/20 小さなお子様連れ miyu

DC在住のあんどうさんに案内していただきました。笑顔が素敵で、道中もいろんな小話を挟んでDCの歴史について詳しく話してくれ、とても興味を持って各所を回ることができました。小6の娘は彼女の話を車中でノートにメモし、降車後興味深そうに各名所を回... 続きを読む

閉じる
米国国立公文書館 (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
米国国立公文書館は、正式にはアメリカ国立公文書記録管理局といいます。その本部と運営部門がワシントンD.Cにある本館です。「アーカイブスワン」とも呼ばれています。地下鉄のアーチブス・メトロ駅から徒歩で行けます。独立宣言文書の実物があることで有名です。歴史を感じることが出来る場所です。映画好きの方にとっては、ニコラス・ケイジ主演の『ナショナルトレジャー』にも登場する施設なので、映画の舞台として面白さを感じることができます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜