マウントクック国立公園 (ニュージーランドの世界遺産) | ニュージーランドの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
ニュージーランドの世界遺産

マウントクック国立公園

4.42
マウントクック国立公園は、世界遺産にも登録されているニュージランドを代表する景勝地です。「雲を突き抜ける山」という現地語 「アオラキ」という意味を持ちます。ニュージーランド最高峰のマウントクックをはじめとする3000m級の山々を数多く有し、多くの登山家にも愛されるスポットですが、気軽なハイキングコースも多く街からのアクセスも良いので多くの観光客が訪れています。

マウントクック国立公園の入り口となるのはマウントクック村です。星空で有名なテカポからバスで1時間ほど。クライストチャーチとクイーンズタウンの真ん中にあるため、発着地を変えてマウントクックツアーに参加しながら都市間を移動するスタイルも人気です。マウントクック村にはペンションやホテルなど宿泊施設がそろい、トレッキングや絶景散策をしに来る人々でにぎわいます。

ハイキングやクルーズ、星空観察や、氷河ウォーキングに遊覧飛行など、大自然を満喫したいアクティブ派におすすめのアクティビティが盛りだくさん。マウントクック国立公園ツアーのご予約はこちら!

ニュージーランド人気アクティビティランキング

マウントクック国立公園の新着体験談

最高の2日間!!

2020/03/15 家族 トトロ

クイーンズタウンからマウントクック までの往復とハーミテージホテルのマウンテンビュールームに1泊しました。


普段山登りなどをあまりしないのですが、初心者でも楽しめるトレッキングも二日とも行けて壮大な景色を楽しめました。

夜は... 続きを読む

閉じる

マウントクック+テカポ2泊3日 大自然満喫ツアー<マウンテンビュールーム

2020/03/15 友達・同僚 アラブ

とても素敵なホテルで、食事も満足。アクティビティの予約も際には、担当の人が親切に対応してくれ助かりました。

バスにガッカリ

2020/03/08 家族 Scone

VELTRA、JTBは親切な対応でしたが、バスは何ヶ所からも乗り込み、ぎゅうぎゅう、席が足りずガイドさんは前の通路に座ったりでした。狭い後部座席はしんどかった。イヤホンからの日本語はほとんど聞き取れず。又、復路のガイドさんは注意だけで観光案... 続きを読む

閉じる

素晴らしい景観

2020/03/06 カップル・夫婦 タロウ

天気に恵まれ、きれいに見える日は4割もないと言われていましたがMt.Cookも氷河も二日ともきれいに見えました。Hermitageの夜のビュッフェは、西洋料理に加え、中華、和食と品ぞろえが豊富で楽しめました。ホテルの中でペットボトルの水を買... 続きを読む

閉じる

人気のツアー

2020/03/02 友達・同僚 OSSB

口コミで写真のような大きな氷河は見られないと書いてありましたのであまり期待はせず参加しました。
その通り、イメージしていた青くて大きな氷河は見られないですし、崖にある氷河は近寄れないためかなり遠くからの見学になります。
ただ英語がわから... 続きを読む

閉じる

最高のお天気

2020/02/29 カップル・夫婦 ぶぶ太郎

乗り物酔いする私が、何のストレスもなく、十分楽しめました。
お天気が最高に良くて、忘れられないフライトとなりました。
日常生活では味わえない感動でした

マウントクック国立公園 (ニュージーランドの世界遺産) | ニュージーランドの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
マウントクック国立公園は、世界遺産にも登録されているニュージランドを代表する景勝地です。「雲を突き抜ける山」という現地語 「アオラキ」という意味を持ちます。ニュージーランド最高峰のマウントクックをはじめとする3000m級の山々を数多く有し、多くの登山家にも愛されるスポットですが、気軽なハイキングコースも多く街からのアクセスも良いので多くの観光客が訪れています。 マウントクック国立公園の入り口となるのはマウントクック村です。星空で有名なテカポからバスで1時間ほど。クライストチャーチとクイーンズタウンの真ん中にあるため、発着地を変えてマウントクックツアーに参加しながら都市間を移動するスタイルも人気です。マウントクック村にはペンションやホテルなど宿泊施設がそろい、トレッキングや絶景散策をしに来る人々でにぎわいます。 ハイキングやクルーズ、星空観察や、氷河ウォーキングに遊覧飛行など、大自然を満喫したいアクティブ派におすすめのアクティビティが盛りだくさん。マウントクック国立公園ツアーのご予約はこちら!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜