オールシーズン楽しめる!鳥取砂丘を徹底解説|おすすめの服装や周辺スポットをご紹介 image

オールシーズン楽しめる!鳥取砂丘を徹底解説|おすすめの服装や周辺スポットをご紹介

鳥取砂丘は知っているけど、実際行ったら何をしよう?いつ頃行くのがおすすめなんだろう?と、実は知らないことがいっぱい。

この記事では、そんな鳥取砂丘に行く前に知っておきたい、季節ごとの気候・服装の情報や、砂丘で楽しめるアクティビティ、さらには砂丘を楽しんだ後に訪れたいスポットなどを一挙ご紹介!鳥取砂丘に行く予定の方も、そうでない方も読めばきっと鳥取砂丘に行きたくなるはず!

鳥取砂丘とは

まず初めに、鳥取砂丘の基本情報をご紹介!
鳥取砂丘は、山陰海岸国立公園内に位置する海岸砂丘です。鳥取市内からは車で約20分ほどとアクセスも抜群!
鳥取駅からはバスも出ているので、意外と簡単に砂丘を訪れることができます。
世界的にも特殊な地形、景観を保護するため、砂丘を含む131haのエリアが特別保護地区として指定され、その美しさを保っています。
日本海から吹いてくる強烈な風や、夏場は砂の表面温度が50℃を超えるなど、時期やタイミングによっては過酷な環境の鳥取砂丘ですが、観光客からの人気は衰えず、2019年には110万人以上が訪れた中国地方屈指の人気観光スポットです。

季節ごとの気温・おすすめの服装を徹底解説!

春の気候【3月・4月・5月】

春の鳥取砂丘周辺の平均気温は約10~20℃。3月の始めのほうはまだまだ寒い日もあるため、しっかりと防寒対策が必要になります。ただサラサラの砂の上を歩くのは結構な運動になるのも確か。上着は脱ぎ着しやすいものを選ぶと良いでしょう。
4月、5月になればだいぶ寒さもやわらぎますが、油断は禁物。日本海からの冷たい風が吹くこともあるため、薄い長袖の服や温度調整しやすい上着を持っていくことをおすすめします!
足元は砂対策として長靴が便利。砂が侵入しづらく、快適に砂丘を登ることができます。実は鳥取砂丘ビジターセンター向かいの『砂丘会館』でレンタルをすることも可能です。靴を汚したくない方はぜひ確認してみてくださいね。
※長靴、サンダルともに新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、レンタル休止中です。(2021年7月現在)

夏の気候【6月・7月・8月】

夏至をはさんで前後2ヶ月(5~8月)は、太陽が日本海に沈み、幻想的な景色を見ることができる夏の鳥取砂丘。
ただ夏の砂丘はとにかく暑い(熱い)!平均気温は約22℃~28℃と低めですが、強烈な太陽が照り付けるため、紫外線、熱中症対策は必須です。日差しを遮ることのできるつばの広い帽子や、日焼け止め、水分補給のためのドリンクは必ず持っていくようにしましょう。砂丘を登るのは思った以上の運動になります。よく汗をかく方は着替えがあると安心です。
また砂は太陽に温められ、表面温度は約50℃にも達する灼熱状態。サンダルではなく、運動靴など足全体を守ることのできる靴がベターです。

秋の気候【9月・10月・11月】

真夏の太陽も落ち着き、気候的にも過ごしやすくなる秋。馬の背の急斜面を登るのにもぴったりな季節です。平均気温は約24℃~12℃ほど。
お昼はちょうど良くても、夜の冷え込みが突然厳しくなってくるのがこの季節。時間帯によっては厚手のジャケットを持っていって温度調整が必要になります。
この頃になるとぜひおすすめしたいのが、裸足での砂丘散策。砂の温度もちょうど良く、サラサラの砂の上を歩く感覚がとても気持ち良いです。鳥取砂丘の階段前には無料の足洗い場もあるため、お帰りの際にも安心です。

冬の気候【12月・1月・2月】

日本海からの冷たい風が容赦なく吹き付ける冬の鳥取砂丘。平均気温は約7℃~5℃。この時期はしっかりと着込んで砂丘を訪れましょう。
また海沿いではありますが、日によっては雪が降る場合も!一面が真っ白に染まる景色はこの時期のみに見ることができる、鳥取砂丘の隠れた絶景です。足元は長靴などでしっかり対策し、安全に冬の砂丘散策を楽しみましょう。

春夏におすすめ!砂丘で楽しめるアクティビティ

セグウェイ

なんとあの話題になった乗り物セグウェイが砂丘で楽しめます!しかもアジアで砂丘地でセグウェイに乗れるのはここ鳥取砂丘だけ!
セグウェイに初めて乗る方でも、セグウェイジャパン公認のインストラクターが丁寧に教えてくれるから安心です。歩くとへとへとになってしまう砂の上も、セグウェイならスイスイ簡単に移動できます。ツアー中はガイドさんが写真を撮影してくれて、ツアー終了後に共有してくれる嬉しいサービス付き!これで思い出もばっちり残せます。

パラグライダー体験

鳥取砂丘で大人気のパラグライダー体験。風が強い鳥取砂丘ならではのアクティビティです。インストラクターよりレクチャーを受けた後、いよいよ上空へ向かってテイクオフ!ひとときの空中散歩をお楽しみください。上空から見る鳥取砂丘の雄大な景色と日本海のコラボレーションに感動すること間違いなしです。

サンドボード・サンドスライダー

砂丘でアクティブに遊びたい!という方におすすめなのがサンドボード・サンドスライダー。砂丘の急斜面をボードに乗って滑走する爽快なアクティビティです。
ボードに乗るだけというシンプルさも特徴で、老若男女問わず楽しめるので、ファミリーでの旅行などにもぴったり。サンドスライダーは2人乗りができるので、親子で一緒に滑走も可能!ボードでもスライダーでも初級者から上級者までインストラクターがそれぞれ最適な遊び方を教えてくれるので、みんなで砂丘を楽しむことができます!

秋冬におすすめ!砂丘周辺のおすすめ温泉

鳥取温泉

鳥取砂丘から一番近いのが鳥取温泉。全国でもあまりない、県庁所在地に湧く温泉です。
鳥取市内にある銭湯は全て温泉を使用しているため、砂丘でたっぷり楽しんだ後は疲れを癒しに銭湯めぐりもおすすめです。中でも一押しは「砂丘温泉ふれあい会館」。砂丘から車で約4分の好アクセスに加え、海目前の絶好のロケーションに位置しており、お風呂から見える日本海は、鳥取に来たらぜひ行っておきたいスポットです。

三朝温泉

砂丘よりちょっと足を延ばして行けるのが三朝温泉。日本遺産第一号に認定された、鳥取の誇る人気温泉地です。
世界有数のラドン泉である泉質も有名ですが、三徳川にかかる三朝橋をはじめとした昭和のレトロな雰囲気残る街並みも人気の理由の一つです。鳥取砂丘からは車で約1時間ほど。遊んだ後に自分で運転するのはちょっと…という方におすすめなのが「貸切タクシーツアー」。アクティビティで楽しんだ後、観光しながら最後は温泉まで送り届けてくれるので、カップルやお友達同士などフルに旅行を楽しみたい方はぜひ利用してみてください。

様々な顔を持つ「鳥取砂丘」

季節によって様々な表情を見せてくれる鳥取砂丘。なかなか砂丘と言われてもピンとこないという方も多いかもしれませんが、実はいろんな側面があります!ただただ砂丘の景色に魅了されるも良し、いろんなアクティビティに参加して全力で楽しむも良し、人それぞれ選べる多くの楽しみ方があるのが鳥取砂丘の一番の魅力です。砂丘の周りにも人気の温泉やホテルなど、多くの施設があるので、リフレッシュに鳥取砂丘へ旅をしてみてはいかがでしょうか?

出典・参考

鳥取砂丘の総合案内・観光ガイド

やってみよっか?




余暇のアイデア人気ランキング