あの有名キャンプ漫画にも登場!絶景キャンプ場で二人キャンプ image

あの有名キャンプ漫画にも登場!絶景キャンプ場で二人キャンプ

有名キャンプ漫画・アニメである『ゆるキャン△』に登場した山梨県にあるキャンプ場の浩庵キャンプ場。休日に友人とそのキャンプ場へと向かってみました。この記事は有名キャンプ場での筆者の体験記です。

浩庵キャンプ場では深夜から開場待ち

仕事終わりに仮眠して2時にはキャンプ場へ向かう

「あの有名キャンプ場である浩庵キャンプ場に行くぞ!」と決めたのはキャンプ場に行く1か月前でした。 このキャンプ場が有名になったのは『ゆるキャン△』という漫画の影響が大きく、深夜の内から良いキャンプサイトに泊まれるように多くのキャンパーが車で列をなして待っています。 筆者たちも深夜の2時には家を出て、山梨県にある本キャンプ場へと向かいました。

キャンプ場へ向かう道中は激セマ

キャンプ場近くの河口湖ICを降りて、国道139号線と300号線を走って約30分程度で到着する。 しかし、キャンプ場付近の道は激セマな上に激コミなので、大型車で行くのはおすすめできません。 筆者は友人のスポーツカー(25年物)で行ったので、とにかく「車体を傷つけないか」という心配しかありませんでした。逆に原付や軽自動車なら問題ないと思います。とにかく、ICから出てすぐに本キャンプ場に着きますが、キャンプ場前で一番の難所が待っています。車好きの人は覚悟してキャンプ場へ向かって下さいね。

開場する午前8時まで待期

キャンプ場が開くのは午前8時です。到着したのは6時でしたが、既に15台以上の車が前に並んでいたように見えました。そこで仮眠を取りつつスープ春雨を食べました。こういう惨めな思いをしながら食べるインスタント食品が最高です。キャンプ場の料金はシーズンや時間帯によって異なりますが、筆者の行った日(3月上旬)の早朝は700円でした。15時以降になると600円になるようです(人気キャンプ場なので15時以降の入場は厳しいか)。

キャンプサイトは湖畔を選択

キャンプサイトには2種類ある

キャンプ場のサイトには湖畔とそれよりも高い位置があります。 筆者たちは迷わずに湖畔のサイトを選択し、写真のような絶景を拝めました。高い位置のサイトからも富士山と本栖湖が臨めます。値段に違いは無いので(フリーで選ぶ形)、単純な好みで選んでみてはいかがでしょうか?

湖畔のサイトは傾斜と波が問題

筆者たちが選択した湖畔のサイトは傾斜が15°~20°くらいあり、テントやタープを安定させづらいという欠点があります。特に寝る時には傾斜のせいで苦労しました。また、キャンプ初心者の人が漫画やアニメの影響で多い影響で、夜でもそれなりにうるさいと感じることもありました。また、湖畔のサイトなので、天候によってはキャンプ道具が浸水したり、波音がうるさいと感じることもあるかもしれません。さらに、トイレが遠いという欠点もあります。しかし、 これらの欠点を補って余りある景色の良さなので、湖畔を選択して間違いはないと思います。

基本的に場所取りは早い者勝ち

キャンプサイトの位置取りに特に決まりはないので、早い者勝ちで景色がより良いサイトに入ることが出来ます。 キャンプ場には事前予約でキャンプの場所も決められている所も多いですが、浩庵キャンプ場にはまだ場所の予約制はありません。そのため、深夜から順番待ちする車の列が現れるのです。

アクティビティも充実

釣具ボートの貸し出しがある

キャンプ場では釣具やボート、カヌーの貸し出しがあります。 早朝にキャンプ場に来て、少し休んでから湖のアクティビティに興じられるのも嬉しい特徴です。筆者たちは自前の釣り具でボートから釣り餌を垂らしましたが、釣果はゼロでした。しかし、カヌーで湖上を進むのは気持ちよかったです。風少し出ていたので、それが良かったのかもしれませんね。

釣りはあまり楽しめないかも

上述したように、釣りに関しては楽しめないかもしれません。1年に何度か島釣りしている筆者からすれば、「せめてゴマサバの大群でもアタらないかな」なんて妄想をしてしまいます。やはり、アタリがありすぎて困る方が、アタリが全くないよりも良いですね。あまり期待しないで釣り竿を垂らすくらいが丁度良いかもしれません。

思い出作りには最適なキャンプ場

このように、 浩庵キャンプ場は有名キャンプ場に恥じない絶景とアクティビティの豊富さが売りです。 道が狭いのはキャンプ場に共通する特徴だったりするので、目を瞑りましょう。ちなみに、受付近くの売店では『ゆるキャン△』グッズが沢山売られています。漫画やアニメの影響力は大きいですね。

絶景と湖のアクティビティを楽しみたいなら浩庵キャンプ場へ

この記事では、景色が最高だと有名な浩庵キャンプ場に行った筆者の体験を記しました。片道4時間程度は掛かりますが、富士山を眺める絶景は忘れられません。一生に一度は行ってみたいキャンプ場だとおすすめできます。

また、天気が良ければ逆さ富士も見られるので、天気が良く、風が少ない日にもう一度行ってみたいですね。

特集・連載

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります