エジプト最大規模の遺跡として知られるアムン大神殿。テーベ(現在のルクソール)がまだ小部落のひとつでしかなかった頃から崇められていたアムン神は、町が発展するに従い、太陽神ラーと結合して国家最高神に。その庇護を受けるため、歴代のファラオがアムン信仰の地に神殿、オベリスク、神像を寄進し、やがて巨大な建造群として発展したのがカルナック神殿の歴史です。塔門への道には40体のスフィンクスが立ち並び、門をくぐると103×84メートルの中庭へと続きます。その広大な風景はカルナック神殿の見どころのひとつです。
3アクティビティ
1/1ページ
  1. ユネスコ世界遺産の三分の一が存在するルクソールの厳選スポット(西岸の王家の谷、ハトシェプスト葬祭殿、メムノンの巨像、東岸のカルナック神殿とルクソール神殿)を制覇する充実のツアーです。
    送迎付き
    食事付き

    USD125.00

    グループ割引
    毎日
    10時間 (午前)
  2. 日中とは違う魅力を放つ、夜のカルナック神殿、ルクソール神殿を訪れます。カルナック神殿では、オーディオガイドと共に美しくライトアップされた遺跡を見学。ディナーは、エジプト料理をご用意します。
    送迎付き
    食事付き

    USD104.00

    グループ割引
    毎日
    5時間 (午後)
  3. ナイル川東岸にあるカルナック神殿、ルクソール博物館、ルクソール神殿を英語ガイドがご案内します。スフィンクスの参道やオベリスク、博物館では古代エジプトの秘められた歴史や文化をご覧ください。
    送迎付き

    USD104.00

    グループ割引
    毎日
    5時間 (午前)

エリアからツアーを探す

カルナック神殿 (ルクソール発) | エジプトの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

エジプト最大規模の遺跡として知られるアムン大神殿。テーベ(現在のルクソール)がまだ小部落のひとつでしかなかった頃から崇められていたアムン神は、町が発展するに従い、太陽神ラーと結合して国家最高神に。その庇護を受けるため、歴代のファラオがアムン信仰の地に神殿、オベリスク、神像を寄進し、やがて巨大な建造群として発展したのがカルナック神殿の歴史です。塔門への道には40体のスフィンクスが立ち並び、門をくぐると103×84メートルの中庭へと続きます。その広大な風景はカルナック神殿の見どころのひとつです。