ファラオの弔いの儀式が執り行われる場所が葬祭殿。よって、この葬祭殿とは、王の再生、復活を願うために、重厚な造りとすることが特徴ですが、なかでもハトシェプスト女王葬祭殿は断崖を利用した3階建ての建造物であり、その秀麗な姿から、とりわけ神聖な場所として称えられています。2階にはハトホル女神の礼拝堂、南方プントとの交易図、女王の誕生秘話のレリーフが刻まれ、これによって、ハトシェプスト女王が通商に力を注ぎ、香料を求めて南方のプント(現在のソマリア)と貿易したことが知られています。
2アクティビティ
1/1ページ
  1. ユネスコ世界遺産の三分の一が存在するルクソールの厳選スポット(西岸の王家の谷、ハトシェプスト葬祭殿、メムノンの巨像、東岸のカルナック神殿とルクソール神殿)を制覇する充実のツアーです。
    送迎付き
    食事付き

    USD125.00

    グループ割引
    毎日
    10時間 (午前)
  2. ナイル川西岸は、見所がいっぱい!メムノンの巨像、ハトシェプスト女王の葬祭殿などの観光スポットへ英語ガイドがご案内します。お昼はレストランにて、またはボックスランチ付き。安心のプライベートツアーです。
    送迎付き
    食事付き

    USD144.00

    グループ割引
    毎日
    7.5時間 (午前)

エリアからツアーを探す

ハトシェプスト女王葬祭殿 (ルクソール発) | エジプトの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ファラオの弔いの儀式が執り行われる場所が葬祭殿。よって、この葬祭殿とは、王の再生、復活を願うために、重厚な造りとすることが特徴ですが、なかでもハトシェプスト女王葬祭殿は断崖を利用した3階建ての建造物であり、その秀麗な姿から、とりわけ神聖な場所として称えられています。2階にはハトホル女神の礼拝堂、南方プントとの交易図、女王の誕生秘話のレリーフが刻まれ、これによって、ハトシェプスト女王が通商に力を注ぎ、香料を求めて南方のプント(現在のソマリア)と貿易したことが知られています。