地域おこし協力隊員になる旅 - 仕事体験シリーズ<海士町>

地域おこし9

農家の仕事を体験

小さい島での町おこしの成功の秘訣を学びに行きませんか。異業種の職から地域おこし協力隊としてみかん農家になった方の話を聞き通常の農業と地域の人とのふれあい、自然の中でゆったりと過ごす時間などとことんのんびりしてみませんか。

  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
  • 地域おこし9
☆「仕事体験シリーズ」って、こんな旅です。
「憧れだった仕事、自分の知らない世界の仕事を体験してみたい。」
旅行に行くような感覚で、憧れの職場を訪問、職業体験できるサービスです。
その道のプロが、新しい世界の扉を開くきっかけをつくってくれるでしょう。

こんな人にピッタリ!

・「地域おこし」や「地域おこし協力隊」に興味がある
・いなかぐらし、島ぐらしのリアルを知りたい
・町の人が力を合わせて取り組むプロジェクトに興味がある
・将来、農業を営むことに興味がある

島根県隠岐の島、海士町。
人口2,300人ほどの、小さな島です。

この小さな島の片隅で起きている、
新たな挑戦の物語があります。
この旅では、その物語の登場人物になっていただきます。

物語のテーマは、「みかん」。
異業種の職場から地域おこし協力隊としてこの島に来て、
みかん農業に挑戦中の、Iターン農家2人の暮らしを体験します。

「地域で働く、暮らす…って、どんな感覚なんだろう?」
「自然に近い仕事って、どんなものだろう?」
「ここではない生き方があるとしたら、どんな生き方があるだろう?」

そんな疑問を抱いたことのある方は、
ぜひ続きをご覧ください。

島一丸で挑む、崎みかん再生プロジェクト

海士町は14の集落で成り立っていて、その中に「崎」があります。
かつての崎は、みかん農業が盛んな場所でした。
最近主流の甘いみかんではなく、
昔ながらの甘酸っぱい、濃厚な味のみかんが育つので、
崎だけでなく、14の集落の人みんなが、そのみかんを楽しんでいました。

ですが、昭和にみかんの価格暴落があり、
産業として成り立たなくなってしまいました。
栽培面積も今では20分の1。後継者もいません。

実際、この島は農業に最適だとは決して言えません。
山や森林が多いため平地面積が少なかったり、
農地があちこちに点在しているので大規模農業に取り組めなかったり、
出荷する際に島外への輸送コストがかかったり…。

しかしそれでも、島の人からの、
「崎のみかんがまた食べたい」「崎といえばみかん」
という声は根強いものでした。

そこで、地域、行政が一丸となった
「崎みかん再生プロジェクト」が立ち上がったのです。
地域おこし協力隊を募ったところ、この厳しい条件にも関わらず、
全くの異業種・未経験から、2人の男性が移住してきました。

そして今、その2人を中心に、
みかん農業の再生に挑戦しています。
役場職員、高校生、集落支援員、島のお母さんたち、
島外の大学や企業、そして崎集落の人たち。
みんなで手を取り合い、力を合わせながら。

海士町、崎の地域おこし協力隊になる一日

こちらの写真の、みかん農家・白石さん(右)、丹後さん(左)が
あなたをお迎えします。
2人の前職は、それぞれ、半導体技師と事務職。
それぞれの想いを持ち、みかんと向き合う日々を送っています。

そんな2人の仕事や暮らしを余すところなく伝えたいので、
この旅では、3つの見どころをご用意しました。

■1つ目:農作業現場での、「普通の」仕事体験。
一般的な農業体験は、収穫がメインのことがほとんど。
たしかに「楽しい」のですが、「表面的な」体験になりがちです。

しかし今回は、「普通の」農作業も体験していただきます。
農業をするとはどういうことなのか、
そのリアルな感覚を味わってほしいのです。
ですから、農業や島の魅力だけではなく、
仕事の苦労や移住の大変さなども正直にお話しします。

■2つ目:「崎」集落の探索。
移住した2人は、集落の方々に受け入れられ、
仕事でもプライベートでも、温かい応援をいただいていると言います。
そんな崎の魅力を体感していただきたくて、
地域の人と一緒に歩き、探索する時間をつくりました。

出会う人がいたら、挨拶を交わしてみてください。
ひょっとしたら、その時その時の素敵なご縁が
生まれるかもしれません。
■3つ目:自然の中でゆったりする時間。
季節折々の鳥のさえずり、海の輝き、木々のざわめき…。

都会の喧騒を忘れ、とことんのんびりしましょう。
自然の中で、自然とともに働き暮らす。
そんな一日を味わってください。
▼ さらに詳細を見る
(税込) 最低価格保証実施中!
1 日時を選択してください
2 数量(人数・台数・時間など)を選択してください
このアクティビティは申込単位「4以下」でお申し込みください。
大人子供共通
JPY 10,800
JPY 10,800
即予約確定JPY 0JPY 0
JPY 0
JPY 0
お見積り金額:
※金額は概算です。
オプションや開始時間により変わることがあります。
大人子供共通
JPY 10,800
JPY 10,800
ポイント1%還元!
  • 開催曜日: 毎日
  • 送迎:
    • 島根県隠岐郡海士町内往復 無料 x 参加人数分
      島根県隠岐郡海士町内往復 無料 x 参加人数分
  • 含まれるもの: 体験料/日帰り総合旅行保険代
パッケージの詳細・スケジュール
スケジュール&ロケーション
  • スケジュール
  •  
  • ピックアップ場所
  •  
  • お送り場所
  •  

  • 海士町内 お迎え
  • 09:00 オリエンテーション
    街ぐるみでみかん農業の復活に挑戦する「崎みかん再生プロジェクト」の説明をさせて頂きます。
  • 畑まで移動
    崎までの景色を見ながら移動していきます。
  • 仕事体験
    海が望めるみかん農園で、四季折々の仕事をします。
    *作業場所や内容は、天候などの状況により変更の可能性があります。
  • 昼食休憩
    昼食は、集落の憩いの場、旧崎小学校で。
    天気が良い日は、芝生に座りながら、お弁当を食べましょう。

    みかん農家の2人が、異業種から農業に取り組むことになった経緯や、想い、地域おこし協力隊としての仕事の面白さ、難しさなどをお話します。
  • 集落探索
    昼食後は、大先輩と一緒に、集落探索を行います。
    崎みかん再生プロジェクトの舞台である、崎集落の暮らしや想い出、歴史といった、人の営みを探っていきます。
  • 旅のまとめ
    プロジェクトに関わってくれた証として「あなたの苗」を選びます。

    みかんの苗木が育てられているビニールハウスに行き、苗木を選んで頂きます。
    数年後、苗木が成長し、みかんがなったら、写真をお送りしたいと思っています。
    選んでくれた苗が、ちゃんと成長するよう、丹精込めて育てていきますね!
  • 16:00 仕事旅行終了
  • お送り
ご注意・ご案内
参加時必要な服装・持ち物
    • 昼食、飲み物代は含まれませんので各自ご用意ください。
備考・その他
    • 当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承ください。
    • 運営状況によりプログラムに変更があります。
    • 旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に体験先とお約束していただく事項がございます。約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。
    • 旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。
申込み受付単位(人数、台数、時間など)
    • このアクティビティは申込単位「4以下」でお申し込みください。
催行会社
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 参加日の30営業日前の現地時間00:00から11営業日前の現地時間18:00まで、予約総額の20%
  • 参加日の11営業日前の現地時間18:00から1営業日前の現地時間18:00まで、予約総額の50%
  • 参加日の1営業日前の現地時間18:00以降、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAは最低価格保証!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

JPY 10,800

(税込)

JPY 10,800

(税込)

最低価格保証 & ポイント 1% 還元!
送迎 あり
開催曜日 毎日
最初の体験談を投稿しませんか。

お気に入りリストに追加しました!

地域おこし協力隊員になる旅 - 仕事体験シリーズ<海士町> | 島根の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

地域おこし協力隊員になる旅 - 仕事体験シリーズ<海士町>の写真一覧 | 小さい島での町おこしの成功の秘訣を学びに行きませんか。異業種の職から地域おこし協力隊としてみかん農家になった方の話を聞き通常の農業と地域の人とのふれあい、自然の中でゆったりと過ごす時間などとことんのんびりしてみませんか。