プレアヴィヒア | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
プレアヴィヒア
4.53
9世紀末に創建され、2008年にカンボジアで2つめの世界遺産に登録された、タイとカンボジアの国境にそびえるプレアヴィヒア寺院。「天空の遺跡」とも呼ばれており、標高約500mの寺院から見下ろせるタイとカンボジアの景色は絶景です。個人で行くには大変なプレアヴィヒア寺院も、ツアーを利用することでベンメリアなどの人気な遺跡も合わせて効率よく、またアクセスを気にせず観光できます。アンコールパスを購入してアンコール五大遺跡の一つを、存分にお楽しみください。便利なシェリムアップ発、貸切や日本語ガイド付きもあり、一人参加でも格安、様々な料金プランがあります。ご参加は動きやすい服装で!

【おすすめ&見どころ】
・ヒンドゥー教の踊りの神シヴァ神や、ラーマーヤナの様子が描かれている各塔門のレリーフが有名
・専属ガイド付きプランなら、カンボジアの歴史や文化についても深く知ることができる
・ピラミッド型建造物が特徴的なコーケー遺跡の頂上からは、360度の眺望を楽しめる
・世界遺産プレアヴィヒアじっくり観光ツアーでは、一つ一つのポイントに時間をかけ、余すところなく楽しめる

シェムリアップ人気アクティビティランキング

プレアヴィヒアの新着体験談

天空寺院とピラミッド・ラピュタの遺跡を効率よく

2021/05/16 友達・同僚 ちぃちぃ

郊外の3つの遺跡を回るツアーです。どれも郊外にあり、アンコールパスでは見学できません。ベンメリア $10 コーケー $5 プレアヴィヒア $10がそれぞれ必要で、朝のうちにガイドさんが1人$25ずつ集金し、まとめて払ってくれました。
ベン... 続きを読む

閉じる

効率よく観光できました

2020/08/24 ひとりで ゆうゆ

全日ツアーで内容盛り沢山でしたが、適宜休憩も取れて沢山学べた1日でした。
ガイドさんも日本語が上手で問題ありませんでした。

参加してよかった!

2020/07/09 カップル・夫婦 MIIO

長時間の乗車の疲れが吹き飛ぶくらいのプレアヴィヒアの絶景でした。ほんの最近まで国境問題で足を踏み入れることのできなかった土地だとは思えないくらい穏やかな場所でした。途中で乗り換える4WD車もアトラクション感覚で楽しかったです。ベンメリアは数... 続きを読む

閉じる

想像以上の展望に感動!

2020/06/15 カップル・夫婦 Dr.J

4駆で急な坂を上がると、寺院の入り口に到着。
そこから、しばらく歩いて、寺院を抜けると、断崖絶壁に!
そこからの眺めは想像以上でした!

ツアー料金が高額で遠いけどアンコールワット周辺の様な喧騒が無く、プレアヴィヒアへ行って良かった。

2020/06/08 友達・同僚 ゆきお

プレアヴィヒアは行きたい場所でしたが、遠方で不安なので日本語ガイドのプライベートツアーという事で予約しました。
シェムリアップからはかなり遠いです。
駐車場からは4WDの荷台に乗っての移動で、山の頂上までは急勾配でつかまっていないと振り... 続きを読む

閉じる

盛りだくさんの1日でした

2020/04/06 友達・同僚 はちみつ

朝迎えに来てもらって車に乗りベンメリアへ。
行ってみると本当に崩壊していて木に覆われていて回るのが楽しかったです。次の日にアンコール遺跡群を回ったのですが、このツアーの遺跡はどれもそちらとは違う特徴・魅力があって面白かったです。違いを見つ... 続きを読む

閉じる
プレアヴィヒア | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
9世紀末に創建され、2008年にカンボジアで2つめの世界遺産に登録された、タイとカンボジアの国境にそびえるプレアヴィヒア寺院。「天空の遺跡」とも呼ばれており、標高約500mの寺院から見下ろせるタイとカンボジアの景色は絶景です。個人で行くには大変なプレアヴィヒア寺院も、ツアーを利用することでベンメリアなどの人気な遺跡も合わせて効率よく、またアクセスを気にせず観光できます。アンコールパスを購入してアンコール五大遺跡の一つを、存分にお楽しみください。便利なシェリムアップ発、貸切や日本語ガイド付きもあり、一人参加でも格安、様々な料金プランがあります。ご参加は動きやすい服装で! 【おすすめ&見どころ】 ・ヒンドゥー教の踊りの神シヴァ神や、ラーマーヤナの様子が描かれている各塔門のレリーフが有名 ・専属ガイド付きプランなら、カンボジアの歴史や文化についても深く知ることができる ・ピラミッド型建造物が特徴的なコーケー遺跡の頂上からは、360度の眺望を楽しめる ・世界遺産プレアヴィヒアじっくり観光ツアーでは、一つ一つのポイントに時間をかけ、余すところなく楽しめる
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜