アンコール・ワット/遺跡群 | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す

アンコール・ワット/遺跡群

4.36
世界中の旅行客が「一度は見たい!」と口にするアンコール遺跡群
朝日や夕日の時間帯、乾季はもちろんのこと、雨季は緑が更に色濃くなり違った表情の遺跡を楽しむことができます。
知識を深めるにはガイド付ツアーがおすすめ!一人旅も人気があります。

<アンコール3大遺跡>
◯ アンコールワット
王の墳墓として建立。左右対称の巨大な寺院はクメール建築の最高傑作と称され、壁画の緻密さと美しさに圧倒されます。
神々が宿ると言われる第三回廊(仏日には入場不可)も訪れます。
◯アンコールトム
「大きな街」という意味の大型の城塞都市。中央には「カンボジアの微笑み」と称される四面仏バイヨンがあります。
◯タ・プローム
仏教寺院として建立。成長した榕樹が寺院に絡み付くは「生きている遺跡」!映画「トゥームレイダー」の撮影もされました。

【アンコール遺跡入場券(アンコールパス)】
シェムリアップ近郊のほとんどの遺跡に入場可。(プノン・クーレン、ベン・メリア、コー・ケー遺跡群は対象外)
入場券をお持ちでない方は、当日お客様ご自身で購入していただきますので、ガイドにお申し付けください。
アンコール・ワット/遺跡群

目的地で選ぶ

ご興味のある遺跡・観光地で選べるよう、目的地別でツアーをご紹介しています。

やりたいことで選ぶ

お好みのツアータイプをお選びください。

時間帯で選ぶ

遺跡・観光地を半日ツアー(午前、午後)、1日ツアーで選べます。

シェムリアップ人気アクティビティランキング

アンコール・ワット/遺跡群の新着体験談

ゆっくり観光できました

2022/05/30 友達・同僚 Tomo

コロナ後初の海外旅行で少し不安でしたが、マスクも特に必要なく観光地はとても空いていて遺跡をじっくり楽しむことができました。
ガイドをつけて観光することで遺跡の成り立ちやレリーフの意味も知ることができとても勉強になりました。暑い日でしたが、... 続きを読む

閉じる

あまりオススメはできなく

2022/03/12 ひとりで トーマス

話しばかりが長く、退屈でした。
夕日も、予定場所では見れず、事前調査不足かと思います。
もう少し、魅力的なツアーを期待します。

アンコール遺跡を効率よく見たい方にオススメ

2021/05/16 家族 ちぃちぃ

アンコールワットの朝日鑑賞から始まり、アンコールトム&タ・プローム観光。昼食と休憩をはさみ、アンコールワットに戻り回廊やレリーフの見学。プレループにて夕日を見たあとは、アプサラダンスのディナーショーまで付いた 全行程17時間に及ぶゴールデン... 続きを読む

閉じる

遺跡巡り

2020/10/14 家族 tky

遺跡巡り、朝日夕日鑑賞等ガイドさんがとても分かりやすく説明してくれたり案内してくれ、移動の際のバスの手配もスムーズでとても気持ちよく回れました。アプサラダンスショー&ディナーはクオリティー低かったかな。でもそれなりに楽しめました。

2回目のアンコールワットも最高でした

2020/08/24 ひとりで ゆうゆ

アンコールワットを訪れるのは2回目でしたが、博識ガイドさんと一緒に更に詳しく勉強できてよかったです。
とても充実した時間になりました。

充実した一日になりました。

2020/06/19 ひとりで yumirin

アンコールワット遺跡観光にオプションで朝日観賞とアプサラダンスディナーショーも付けました。
暑い時期なので長時間の観光は、体力勝負な一面もありますが 途中に休憩時間があって マッサージ屋さんに連れて行ってもらってリラックスできたのも良かっ... 続きを読む

閉じる
アンコール・ワット/遺跡群 | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
世界中の旅行客が「一度は見たい!」と口にするアンコール遺跡群 朝日や夕日の時間帯、乾季はもちろんのこと、雨季は緑が更に色濃くなり違った表情の遺跡を楽しむことができます。 知識を深めるにはガイド付ツアーがおすすめ!一人旅も人気があります。 <アンコール3大遺跡> ◯ アンコールワット 王の墳墓として建立。左右対称の巨大な寺院はクメール建築の最高傑作と称され、壁画の緻密さと美しさに圧倒されます。 神々が宿ると言われる第三回廊(仏日には入場不可)も訪れます。 ◯アンコールトム 「大きな街」という意味の大型の城塞都市。中央には「カンボジアの微笑み」と称される四面仏バイヨンがあります。 ◯タ・プローム 仏教寺院として建立。成長した榕樹が寺院に絡み付くは「生きている遺跡」!映画「トゥームレイダー」の撮影もされました。 【アンコール遺跡入場券(アンコールパス)】 シェムリアップ近郊のほとんどの遺跡に入場可。(プノン・クーレン、ベン・メリア、コー・ケー遺跡群は対象外) 入場券をお持ちでない方は、当日お客様ご自身で購入していただきますので、ガイドにお申し付けください。