プノンペンとの中間に位置するアンコール五大遺跡群のひとつ「サンボー・プレイ・クック」は、7世紀初頭前アンコール時代の首都に建造され、大きな3つの遺跡群プラサット・サンボー、プラサット・タオ、プラサット、イエイ・ポアンとその周囲に散在する150を超える遺跡からなります。八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名です。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. カンボジアで3つ目の世界遺産登録されたサンボー・プレイクック。前アンコールのチェンラ時代の遺跡群で、八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名。途中、コンポンクディにあるアンコール時代に作られた大きな橋も観光します!
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    USD140.00

    2人目無料
    モニターツアー
    毎日
    9時間 (午前)

エリアからツアーを探す

サンボー・プレイ・クック | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

プノンペンとの中間に位置するアンコール五大遺跡群のひとつ「サンボー・プレイ・クック」は、7世紀初頭前アンコール時代の首都に建造され、大きな3つの遺跡群プラサット・サンボー、プラサット・タオ、プラサット、イエイ・ポアンとその周囲に散在する150を超える遺跡からなります。八角形の詞堂と「空中宮殿」と呼ばれる彫刻が有名です。