ゴア・ガジャ (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
ゴア・ガジャは、バリ島中部の人気観光地ウブドから東へ5km(車で約15分)のところにあるヒンドゥー教の遺跡です。壁面にひときわ目立つ巨大な顔が彫られていて、その口は洞窟への入り口になっています。発見当時は顔の部分のほとんどが崩れ落ちていて、得体のしれない怪物かバリ島に伝わる「魔女ランダ」の像ではないかと考えられていました。洞窟内には象の頭と人間の体を持つヒドゥー教の神様「ガネーシャ像」と、ヒドゥー教の3大神シヴァ、ウィスヌ、ブラマを表す3つのリンガ像が祭られています。
歴史
インドネシア語でゴア・ガジャは「象の洞窟」という意味で、11世紀ごろの古い遺跡だと言われています。バリ島に象は生息しておらず、象はヒンドゥーの神「ガネーシャ」を指しているとか、また漠然とした「大きいもの」という意味もあるので「大きな洞窟」と名付けられたとも言われています。仏教の影響を受けているとも言われ謎に包まれています。1923年西欧人によって発見されました。また1954年には、巨大な顔の洞窟の手前広場下に埋もれていた沐浴場がほぼ完全な形で発掘されています。

見どころ
ゴア・ガジャ遺跡の見どころは、バリ島の中でも類を見ない珍しい彫刻です。駐車場から遺跡内に入って進んでいくと沐浴場があり、壁面には、6人の女神ウィジャダリの彫刻が施されていています。そしてメインになる巨大な顔の彫刻にはカルチャーショックを受け、圧倒されます。その口はぽっかり空いた洞窟の入り口になっていて中に入ることができます。「象の洞窟」と呼ばれる洞窟内部はその奥に進むと左右に延びていて、洞窟の両端に祭壇が設けられています。左には知恵の神である「ガネーシャ像」、右には三位一体のヒンドゥー教の神「リンガ・ヨニ」の石像が祀られています。ゴア・ガジャ遺跡は、近年バリ島最大の遺跡と言われていますが、まだまだ謎が多いミステリアスな遺跡でもあります。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    断崖絶壁にそびえ建つウルワツ寺院で、絶景サンセットと名物のケチャックダンスを観賞!名物シーフードバーベキューディナーや憧れの高級ホテルでのディナー付きプランがございます。貸切ツアーなので周りに気兼ねなく観光でき安心です。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD38.00

    グループ割引
    毎日
    4 ~ 7時間 (午後)
  2. No.2
    魔女の顔を持つとして遺跡として未だに謎の多いゴアガジャ遺跡を訪れ、遺跡内の神秘的な空間を散策。併せてバリ文化の象徴、バリ舞踊「バロンダンス」を含む2つのバリ舞踊鑑賞がセットになった1日ツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD65.00

    グループ割引
    毎日
    14時間 (午前)

バリ島の人気アクティビティランキング

バリ島 テーマから探す

ゴア・ガジャ (観光情報) | バリ島観光| VELTRA(ベルトラ)

ゴア・ガジャは、バリ島中部の人気観光地ウブドから東へ5km(車で約15分)のところにあるヒンドゥー教の遺跡です。壁面にひときわ目立つ巨大な顔が彫られていて、その口は洞窟への入り口になっています。発見当時は顔の部分のほとんどが崩れ落ちていて、得体のしれない怪物かバリ島に伝わる「魔女ランダ」の像ではないかと考えられていました。洞窟内には象の頭と人間の体を持つヒドゥー教の神様「ガネーシャ像」と、ヒドゥー教の3大神シヴァ、ウィスヌ、ブラマを表す3つのリンガ像が祭られています。