インドネシア旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)

インドネシアの観光&アクティビティ

  インドネシア観光・アクティビティの満足度5つ星 新着体験談

by: ひぼおさん 感動あり、笑いあり。夕日が映えます。 しっかりとした日本語対応で、途中お土産やさんにも立ち寄ってくれました。夕暮れときに、感動あり、笑いありの鑑賞が出来て、大・・・続きを読む
【貸切】ウルワツ寺院の夕日&ケチャックダンス観賞 高級ホテルディナー付きプランあり!<午後/日本語ガイド/夕食選択可>
(459)
by: モタコさん 大興奮! 集合時間が8:15〜45の間だったのでフロントに声かけをお願いし、朝食を食べながらレストランで待ちました。結局迎えが来た・・・続きを読む
【ラフティング】アユン川ホワイト・ウォーター・ラフティング<5歳から参加可/往復ホテル送迎付/昼食付> by Bali Adventure Tours
(169)
by: わかしんさん バリのラフティングはso good ! 春休み期間にバリ島のウブドのアユン川でラフティングをしました。日本でも水上や冨士川でラフティングをした経験がありましたが・・・続きを読む
【ラフティング】アユン川ホワイト・ウォーター・ラフティング<5歳から参加可/往復ホテル送迎付/昼食付> by Bali Adventure Tours
(169)
by: chiiさん バリ島を近くに感じる楽しいレッスン♪ 2回目の参加です。今回はナシゴレン&ピサンゴレン。本場の味を本場の料理人に伝授して頂く贅沢な時間。画面の向こうから何回も・・・続きを読む
【オンライン・アカデミー】バリ家庭料理教室 ナシゴレンなど人気のインドネシア料理作りに挑戦!<日本語/Zoom利用>
(22)

インドネシア現地情報発信中

インドネシアの観光エリア基本情報

バリ島

インドネシア国内でも人気№1の観光地、常夏のリゾート、バリ島。ターコイズブルーに輝く海でのマリンスポーツはサーフィン、ダイビングと気軽に楽しめるシュノーケリングがおすすめ。また、歴史的な寺院も数多くありパワースポットめぐりとしても人気が高く、その中でも海に浮かぶタナロット寺院から望むサンセットは神秘的で言葉で表せないほどの美しさ。サンセットに合わせてビーチカフェでの食事もロマンチックで癒されること間違いありません。

ジャカルタ

インドネシアの首都でありバリと並ぶ人気の観光スポット、ジャカルタ。サンゴ礁のビーチあり、大型のショッピングモールありと色々な体験ができるおすすめの観光地です。あなたもジャカルタの風を感じてみませんか?

ジョグジャカルタ

インドネシアのジョグジャカルタ市は、かつてジャワ島の中心地として栄えた古都です。まずはバリ島旅行に、オプションとしてジョグジャカルタ観光ツアーを付けるのがおすすめ。バリ島発のプランなら、人気の世界遺産スポットをめぐるツアーが日帰りで楽しめます。

インドネシアのお役立ち情報

インドネシアの気候について

インドネシアの気候は雨季と乾季に分かれています。雨季は天気が悪く、スコールと呼ばれる短時間の強い降水が頻繁に起こり高確率で服がぬれるので乾きやすい素材の服装をおすすめします。乾季は湿度も低く、気温の変化も穏やかなので、過ごしやすく観光に適したシーズンですが、日差しが強いので、薄着を心がけましょう。

インドネシアの旅行費用について

インドネシア旅行は、LCCなどの格安航空券を利用すると約1万5千円から渡航できます。オフシーズンであればコストを抑え旅行できるでしょう。ホテルは1泊3千円~1万円代で宿泊することができ、予算に合わせてホテルクラスを選択することができます。現地の通貨はルピアで、物価は日本の3~5割程度となっています。

インドネシアのネット環境について

インドネシアのWi-Fi事情は、都市部の大手チェーン店や都市部のカフェの多くで入店の際にパスワードを貰えば使用可能です。ホテルはWi-Fi完備のところも増えていますが、特に地方では予約の際にネット環境の有無を必ず確認してください。旅行中に快適なネット環境が必要な場合はルーターを準備すると良いでしょう。

エリアからツアーを探す

海外WiFiルーター比較


インドネシア旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)

インドネシア(バリ島、ジャカルタ)現地出発のオプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)。ジャカルタ市内観光ツアー、ボロブドゥール遺跡、文化・芸術探訪、ウブド散策、伝統舞踊鑑賞、ラフティング、マリンスポーツなど最新アクティビティを豊富な体験談でご紹介!最低価格でポイント還元中!バリ島、ジャカルタ観光はここから!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜