タマン・アユン寺院 (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
タマン・アユン寺院
4.27
タマン・アユン寺院はクタから車で約45分、ウブドから約20分のムングウィ村にあり、2012年に「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」の構成資産として世界遺産に登録されました。バリ島では、バリ・ヒンドゥーの総本山である「ブサキ寺院」についで2番目に大きな寺院で、バリの人々の信仰を集めています。寺院の特徴はメルという多重塔が10基も並んでいることで、バリの霊峰アグン山を模したものと言われています。
歴史
17世紀のバリ島には多くの王国があり、このあたりはムングウィ王国が栄えていました。タマン・アユン寺院は1637年にそのムングウィ王国を守る鎮護寺として建立されました。しかし戦乱で荒廃し、時を経て再建されています。ムングウィ王朝時代の香りを今に伝える、バリ島で最も優美な庭園のある寺院として知られ、現在もバリの人々の信仰の場であり憩いの場となっています。

見どころ
タマン・アユン寺院は、ほぼ正方形の敷地のまわりをぐるりと掘割に囲われていて、入り口はバリ特有の割れ門があります。門をくぐると広大な庭園が広がり、境内にはメルという多重塔が整然と並んでいてとても神秘的です。観光客は内部に入れませんが、周囲に遊歩道があるので、遊歩道を散策しながら境内を見学できておすすめです。ただし遊歩道には日陰がないので水分補給には気を十分つけてください。人気の観光地ウブドから、サンセットで有名なタナロット寺院に向かう途中にあるので、ウブド、タナロット寺院とともにぜひ世界遺産のタマン・アユン寺院を訪れてみてください。

バリ島人気アクティビティランキング

タマン・アユン寺院の新着体験談

良い旅になりました

2020/03/01 友達・同僚 はるたん

寺院、棚田どれも素敵でした!個人では行けないような場所だったのでこちらのツアーを申し込んでよかったです!途中、有名なチョコレートファクトリーにも案内してもらい美味しいチョコレートも食べれて大満足でした。最高の案内をしていただいたガイドのパト... 続きを読む

閉じる

ハネムーン

2020/02/15 カップル・夫婦 しゅうちゃん

帰国前日に参加しました。見晴らしの良い最高の寺院でした。夕日があんなに綺麗だとは、今までで一番の夕日です。食事も大変美味しくいただきました。

雨季の時期だから仕方がないのでしょうが…

2020/02/02 友達・同僚 猫にゃん

初バリ島、三日目に参加しました。
この時期だから仕方が無いのでしょうが楽しみにして居たライステラスは丁度スコールで雨がザーザー降って来てしまったので車から降りれず、次のタナロット寺院の夕日も曇り空で夕日が見れないだろうと言われ、一番楽しみ... 続きを読む

閉じる

充実のツアー内容

2020/02/02 カップル・夫婦 匿名希望

初めてのバリ島旅行だったので、一日で色々な観光地を回れるこちらのツアーに参加しました。

結果、①時間を有意義に使えた、②プライベートツアーで良かった、③ガイドさんの説明も分かり易かった、④ガイドさんが良いアングルで写真撮影をしてくれた... 続きを読む

閉じる

バリ島終日観光ツアー

2020/02/01 ひとりで メンフィス

バリ島で1日のみほぼ終日観光できる時間があったため、キンタマーニ高原などを訪れるツアーとどっちにするか迷いましたが、ジャルティルイの棚田とタマン・アユン寺院2つの世界遺産を旅程に含むこちらのツアーに参加することにしました。
貸し切りだった... 続きを読む

閉じる

綺麗な夕日を見ることが出来ました

2020/01/28 小さなお子様連れ ちょもよん

今回のBaliは滞在中雨季にも関わらず雨は一切降らず、とても暑かったのですが、タナロット寺院ではとても綺麗な夕日が見ることが出来ました♪
観光のお客さんも超満員というわけはなく、ガラガラでもなく丁度良かったです。
早めに着いたので、ツア... 続きを読む

閉じる
タマン・アユン寺院 (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
タマン・アユン寺院はクタから車で約45分、ウブドから約20分のムングウィ村にあり、2012年に「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」の構成資産として世界遺産に登録されました。バリ島では、バリ・ヒンドゥーの総本山である「ブサキ寺院」についで2番目に大きな寺院で、バリの人々の信仰を集めています。寺院の特徴はメルという多重塔が10基も並んでいることで、バリの霊峰アグン山を模したものと言われています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜