ブサキ寺院 (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ブサキ寺院
4.43
バリ島東部のカランガッサム県にあるブサキ寺院は、霊峰アグン山の中腹に位置するバリ最大の寺院です。
バリヒンドゥー教の総本山として名高く、バリ人の中では母なる寺院として崇められています。実際はヒンドゥー三大神のシヴァ神、ブラフマ神、ウィシュヌ神を祀った寺を中心に、各県にある寺など複数の寺院からなる複合寺院群となっています。
標高900mの場所に佇むこの寺院は、参拝客が後を絶たない観光名所のひとつであり、人気を集めています。
歴史
8世紀頃、当時ブサキ寺院はヒンドゥー教が到来する以前、仏教の修行が行われていたという説が残っています。
16世紀のゲルゲル王国時代には繁栄を極めましたが、王国時代は、群雄割拠により各地の諸王は自分の領地内の寺院だけを守り続けていました。
のちに総本山的地位を確立できたのには、1917年に起こったバリ島南部大地震が大きく影響しています。
被害が拡大する中占術や宗教的な儀礼が活性化し、オランダ植民地政府がブサキ寺院をバリ文化の保護者の象徴的な存在とし、文化復興のシンボルに位置づけたのです。

見どころ
【数多くあるメル】バリ島の寺院にある搭「メル」は、ブサキ寺院にはたくさんあります。
         一番高いもので11層からなり、圧巻。境内には入れませんが写真に収めてみましょう。
【30からなる寺院】祀られている神や階級、地域性によりそれぞれの異なる寺院が寄り集まっています。
          残念ながら寺院には入れませんが、彫刻や石像を見ても各特色があり見応えがあります。
【寺院専属のガイド】しっかり効率よくまわるには専属ガイドを雇う事が必須です。近寄ってきたらきちんと料金交渉を行いましょう。
          ひとり1万ルピア程を提示してくる人なら安心です。トラブルに巻き込まれないようしっかりと見極めましょう。

バリ島人気アクティビティランキング

ブサキ寺院の新着体験談

バリ島1日ツアー

2020/04/11 友達・同僚 なっつん

天気が悪く夕日が見れなかったのは残念ですが、あとは大満足!日本語のガイドさん付きだったのでたくさんの情報を教えて頂き、行きたいところも連れていってもらってとても楽しい1日でした。

パーフェクトなバリ島周遊ツアー

2020/03/28 家族 Ais

ガイドさんは日本語が上手で礼儀正しく、高齢の母も安心して参加できました。ブサキ寺院、キンタマーニ高原、タナロット寺院、ライステラス、いずれも自分たちではなかなか行けない遠方の観光名所で、大自然の絶景を楽しむことができました。ウブドでは行きた... 続きを読む

閉じる

見どころを効率よく周れました

2020/03/17 家族 ガムランボール

大人ばかりの家族5人で参加しました。午後から雨でしたが大きな傘を貸してもらえて、とても助かりました。ヌサ・ドゥアのホテルから北の方の見どころまで効率よく周っていただけて、よかったです。ちょっとだけ残念だったのは、ティルタエンプルへ行く前にお... 続きを読む

閉じる

雨だったけど最高でした

2020/03/02 カップル・夫婦 mrn

終始雨が降っていたけど、添乗員のモーリヤさん、運転手さんがとても親切で一日中楽しめました。
私達以外のお客さんがいなかったので、貸し切り状態で
わがままもきいて下さいました。
サッと傘を持ってくれたりと、細かい心遣いもとても嬉しかった... 続きを読む

閉じる

ガイドさんが最高!

2020/02/24 小さなお子様連れ A&R

家族4人に専属のガイドさんとドライバーさんがついてくださる贅沢な旅でした。4歳の双子の子連れでしたが、終始ガイドさんが優しくて子どもたちはすっかり懐いていました。何度も抱っこしてもらって本当に可愛がっていただきました。ドライバーさんも穏やか... 続きを読む

閉じる

バリ島制覇できました!

2020/02/17 カップル・夫婦 ままま

貸切ということもあってか、ガイドさんが沢山写真を撮ってくれたり、詳しくバリの伝統や文化について教えてくれたので楽しかったです。

ブサキ寺院 (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)
バリ島東部のカランガッサム県にあるブサキ寺院は、霊峰アグン山の中腹に位置するバリ最大の寺院です。 バリヒンドゥー教の総本山として名高く、バリ人の中では母なる寺院として崇められています。実際はヒンドゥー三大神のシヴァ神、ブラフマ神、ウィシュヌ神を祀った寺を中心に、各県にある寺など複数の寺院からなる複合寺院群となっています。 標高900mの場所に佇むこの寺院は、参拝客が後を絶たない観光名所のひとつであり、人気を集めています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜