ヴェッキオ宮殿 (観光情報) (観光情報) | フィレンツェ観光 VELTRA(ベルトラ)
ヴェッキオ宮殿はシニョーリア宮殿とも呼ばれています。粗い石積みで作られている非常に簡素な外観となっています。3層で上部にはゴシック様式の2連窓があり、2段に並んでいます。元々はフィレンツェ共和国の政庁でした。宮殿内にはミケロッツォが設計した中庭だけでは無く、噴水、500人広間等があります。彫刻や、絵画等、無数の芸術作品が集められています。数々の芸術家に設計された部屋や回廊等があります。フィレンツェ市庁舎として現在でも市民が活用しています。
歴史
1299年から1314年までアルノルフォ・ディ・カンビオによって建造されました。 フィレンツェ共和国の政庁舎として活用されており、一時期にはメディチ家がピッティ宮殿へ移るまでの住居としても使用。 1550年から1565年にかけてジョルジョ・ヴァザーリによって改築された部分が一部にあります。

見どころ
宮殿内にある中にはミケロッツォが15世紀後半に設計しました。 中央にはヴェロッキオの噴水があります。 中庭の先に行くと広い階段があって上ると宮殿へ入れます。 2階のほとんどは共和政時代に市民会議が行われていた500人広間があります。 クロナカが15世紀末に設計をしており天井や壁面の装飾はヴァザーリの工房が16世紀後半に手がけています。 広間にはミケランジェロによって作られた彫刻が飾られています。 フランチェスコ1世の書斎にはマニエリズムの絵画や彫刻等も無数にあります。 500人広間の奥には、レオ10世の住居が設置されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


フィレンツェの人気アクティビティランキング

ヴェッキオ宮殿 (観光情報) | フィレンツェ観光| VELTRA(ベルトラ)

ヴェッキオ宮殿はシニョーリア宮殿とも呼ばれています。粗い石積みで作られている非常に簡素な外観となっています。3層で上部にはゴシック様式の2連窓があり、2段に並んでいます。元々はフィレンツェ共和国の政庁でした。宮殿内にはミケロッツォが設計した中庭だけでは無く、噴水、500人広間等があります。彫刻や、絵画等、無数の芸術作品が集められています。数々の芸術家に設計された部屋や回廊等があります。フィレンツェ市庁舎として現在でも市民が活用しています。