アルハンブラ宮殿の観光情報/チケットの取り方 | グラナダ 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
スペイン南部の街グラナダは、スペインでありながらイスラム文化の影響と魅力を強く感じることのできるエキゾチックな街として大人気なスペイン有数の観光地です。中でも世界遺産に登録される「アルハンブラ宮殿」はこの地でのイスラム文化の繁栄を強く物語る歴史的観光スポットとして毎年多くの旅行客を魅了します。アルハンブラ宮殿の"アルハンブラ"とはアラビア語で「赤い城」を意味し、特に夕日に映える赤い宮殿の姿は格別です。
歴史
718~1492年にかけて行われたレコンキスタと呼ばれる、キリスト教国家がイスラム教国家からイベリア半島を取り返すこの活動の終焉の地となったのがここグラナダのアルハンブラ宮殿。時代を遡り、ナスル朝初代王朝ムハンマド1世の時代に建造が開始され、それは7代王ムハンマド5世の時代まで続けられました。都を望む丘の上に建造されたこの城内にはかつて市場やモスク住宅街などがつくられるほど広大な敷地が広がっています。レコンキスタによって、1492年に城をキリスト教国家に引き渡してからは重なる戦争の中一次衰退してしまいましたが、その後有名な「アルハンブラ物語」の登場で再び世界中で注目される場所となりました。

見どころ
【メスアールの宮殿(裁きの間)】その名の通り裁判所として機能していたメスアール宮殿。宮殿内に現存する中で最も古い部分となり、幻想的な内装の美しさが魅力的です。
【ヘネラリフェ】別名「水の宮殿」とも呼ばれる夏の間の王の別荘。シエラ・ネバダ山脈の雪解け水を使用した水路や噴水が名前の由来となり、アセキアの中庭は細長い池を囲んで花が咲き、人気の撮影スポットとなっています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    アルハンブラ宮殿の入場券と、2日間利用可能な日本語オーディオガイドの事前予約サービスです。日本語対応オフィスでグラナダの情報とともに受け取り可能!オーディオガイドは宮殿を含めた全145箇所を収録しているので、グラナダ滞在を充実させられます♪
    日本語対応あり

    EUR45.00

    毎日
    (午前)

アルハンブラ宮殿の観光情報/チケットの取り方 | グラナダ 観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

スペイン南部の街グラナダは、スペインでありながらイスラム文化の影響と魅力を強く感じることのできるエキゾチックな街として大人気なスペイン有数の観光地です。中でも世界遺産に登録される「アルハンブラ宮殿」はこの地でのイスラム文化の繁栄を強く物語る歴史的観光スポットとして毎年多くの旅行客を魅了します。アルハンブラ宮殿のアルハンブラとはアラビア語で「赤い城」を意味し、特に夕日に映える赤い宮殿の姿は格別です。