ボスポラス海峡クルーズ (イスタンブール) | トルコの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
イスタンブール
ボスポラス海峡クルーズ
3.99
アジアと欧州の境界線となる「ボスポラス海峡」。そこに位置するトルコ最大の都市イスタンブールは、世界で唯一アジアとヨーロッパ両方にまたがる都市として有名です。ギリシャ神話の逸話から名づけられた歴史ある海峡を、心地よい海風を感じながらクルーズ船でゆったりと観光。人気の歴史的建造物「ドルマバチョフ宮殿」や「ベイレルベイ宮殿」の全貌は、船の上からだからこそ見られる特権!「ガラタ橋」や「ボスポラス大橋」といったイスタンブールを代表する橋も間近でご覧いただけます。市内観光とクルーズが一緒になったお得なツアーや夜景を楽しむディナークルーズなどをご用意。ご予約はこちらから。

【おすすめポイント!】
・近年アジアと欧州を結ぶ海底トンネルがつくられたことでも有名
・乗船チケット購入の長い列に並ぶ必要もなし!
・他のお客様に気兼ねなく楽しめるプライベートツアーもご用意

トルコ人気アクティビティランキング

ボスポラス海峡クルーズの新着体験談

あこがれのボスポラス海峡。

2020/03/09 カップル・夫婦 リッキー

コロナウィルスのアウトブレークの中行けるかどうか、心配でしたが、イスタンブールはおだやかな晴天でした。
ガイドさんの案内でクルーズ船に乗り、海峡を満喫しました。ヒルトンホテルに宿泊しましたが、船から、新市街のホテルも見渡すことができました... 続きを読む

閉じる

景色の良い動く海上クラブ

2020/01/26 カップル・夫婦 ののち

1月1日の元日に行きました。すごく大きい船で、酔うことも無く楽しめます。参加者は各国から集まっており100人はいたと思います。入船すると自分の国の国旗を渡され、席に案内された後はすぐ伝統のトルコ料理が出てきます。本当に伝統料理なので好みは分... 続きを読む

閉じる

たくさん歩きましたが、ぜんぜん苦になりませんでした アレキサンダー大王のファンなので最高でした

2019/11/24 カップル・夫婦 浅尾長房

歴史的遺物、観光名所、ローカルマーケット、クルーズ、、まさにオールインワンの一日でした。クルーズではアジアとヨーロッパの境目に今いるんだと思うと感慨深かったし、サバサンドは絶品でした。でもお勧めはローカルマーケットで計り売りしている様々なお... 続きを読む

閉じる

人によって向き不向きがあります。

2019/09/13 家族 あっこ

席がどういうふうに決められているのか分からないのと、送迎のバスの座席が壊れていたのにはがっかりしました。また、他の方が書かれているようにそれぞれの国旗が席にあったのは嬉しかったです。ただし、声が通らないので話がきちんと出来ないのと、ステージ... 続きを読む

閉じる

海の上からのイスタンブールの街並みに感激

2019/09/09 家族 のっち

家族4人(夫婦、子供10歳、8歳)で参加しました。
丘の上、海の上からと2つの側面からイスタンブールの街をみることができ、非常に満足でした。
ただ、ラマダン明け大祭の祝日で、船の乗船が無料になっており、なんかちょっと損した気分でした。

クラブパーティーのような感じ

2019/08/28 カップル・夫婦 snopeak

内容はいわゆる「ターキッシュナイト」
観客参加重視の演出で多国籍クラブパーティのような感じ。
民族舞踊やベリーダンスをしっかり鑑賞したい方や、ダンスホールに引っ張り出されたりするのが苦手な方にはおススメできません。

①参加者各国の... 続きを読む

閉じる
ボスポラス海峡クルーズ (イスタンブール) | トルコの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
アジアと欧州の境界線となる「ボスポラス海峡」。そこに位置するトルコ最大の都市イスタンブールは、世界で唯一アジアとヨーロッパ両方にまたがる都市として有名です。ギリシャ神話の逸話から名づけられた歴史ある海峡を、心地よい海風を感じながらクルーズ船でゆったりと観光。人気の歴史的建造物「ドルマバチョフ宮殿」や「ベイレルベイ宮殿」の全貌は、船の上からだからこそ見られる特権!「ガラタ橋」や「ボスポラス大橋」といったイスタンブールを代表する橋も間近でご覧いただけます。市内観光とクルーズが一緒になったお得なツアーや夜景を楽しむディナークルーズなどをご用意。ご予約はこちらから。 【おすすめポイント!】 ・近年アジアと欧州を結ぶ海底トンネルがつくられたことでも有名 ・乗船チケット購入の長い列に並ぶ必要もなし! ・他のお客様に気兼ねなく楽しめるプライベートツアーもご用意
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜