千光寺公園 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
千光寺公園(せんこうじこうえん)は、広島県尾道市の千光寺山にある公園です。ここは桜が有名な場所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれています。そして千光寺にまつわる尾道で最も有名な伝説が『玉の岩』なります。アクセス方法は千光寺山ロープウェイで山麓駅~山頂駅約3分です。花見の時期(およそ3月中旬から4月中旬)の土・日曜日は、当公園へ接続する道路に一方通行規制が敷かれるため、自家用車で訪れる際には注意が必要です。
歴史
1894年(明治27年)に千光寺の当時の住職の多田實圓和尚が尾道市内に遊園地の少ないことを憂い、併せて当山の参詣者誘致のため公園の設置を企画し起工に着手しました。以後、協力者の献身的な奉仕のもと、長年の歳月と巨額の篤志金を投入して「共楽園」を完成しました。1903年(明治36年)2月24日、寺領の「共楽園」敷地を尾道市に寄附し、後に「千光寺公園」と改称されています。1951年(昭和26年)の広島国体ではボクシングとソフトボール会場、1989年(平成元年)の海と島の博覧会ではサブ会場になりました。

見どころ
春には桜が園内を埋め尽くし、夜になるとぼんぼりに灯がともり夜桜も楽しめます。「日本のさくら名所100選」にも選ばれ、桜が千光寺山を覆いつくします。また、春にはつつじも咲き、初夏にはふじが紫とピンクの花をつけます。秋には菊花展が開催され、菊花薫る園内は一段と活気づき、四季を通じて楽しめます。また、山頂の展望台からは、尾道の美しい町並みはもちろん、瀬戸内海の多島美や天気のいい日には四国山地も一望できます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

千光寺公園 (観光情報) | 広島観光| VELTRA(ベルトラ)

千光寺公園(せんこうじこうえん)は、広島県尾道市の千光寺山にある公園です。ここは桜が有名な場所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれています。そして千光寺にまつわる尾道で最も有名な伝説が『玉の岩』なります。アクセス方法は千光寺山ロープウェイで山麓駅~山頂駅約3分です。花見の時期(およそ3月中旬から4月中旬)の土・日曜日は、当公園へ接続する道路に一方通行規制が敷かれるため、自家用車で訪れる際には注意が必要です。