広島の世界遺産 | 広島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す

広島の世界遺産

4.50
(2)
広島県には2つの世界遺産があります。どちらも観光地となっており、世界中から観光客が訪れる人気スポットとなっています。

ひとつは1996年に世界文化遺産に登録された「原爆ドーム」です。もともとは広島県物産陳列館として設立され、物産品の展示や販売を行う施設でした。ヨーロッパ風の建築が川面に映え、当時はモダンな美しさをたたえていました。原子爆弾による爆風と熱線によって建物は大きな損害を受けました。円蓋の鉄骨が残り、いまの印象的な姿になりました。その後原爆ドームと呼ばれるようになり、核兵器の廃絶と恒久平和をいまもなお世界に訴える象徴的な建物です。

もうひとつの世界遺産は原爆ドームと同年に世界文化遺産に登録された「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」です。12世紀に平清盛の命によって創建され、何度も自然災害に見舞われながらも、創建当時の姿を残しています。「安芸の宮島」として日本三景の一つに数えられ、海を敷地とした大胆で独創的な構図と、朱色の社殿の背後に広がる緑とのコントラストは格別の美しさは必見です。 宮島フェリーに乗り海からのアクセスが便利です。

広島人気アクティビティランキング

広島の世界遺産の新着体験談

カヤック

2022/05/06 カップル・夫婦 ★りえ

カヤックと写真有難うございました。貴重な体験が出来て楽しかったです(カヤック)お陰様で贅沢な休日を、自然の中で身体を動かし過ごすことができ感動でした。

広島の過去・現在・未来

2021/06/28 家族 tnk

3時間のサイクリングツアーに母娘で参加しました。娘にとってははじめての広島。ただの観光旅行にしたくなかったのです。期待通り濃い3時間になりました。
①ガイドが熱い!
ガイドしてくださったのはShinさん。とにかく「伝えたい」という気持ち... 続きを読む

閉じる

厳島神社とは

概要
厳島神社(公式表記:嚴島神社)は、広島県廿日市市の宮島にある神社です。水中に建つ朱色の鳥居がとても有名で、毎年多くの観光客が訪れています。また満潮時には海にうかぶ鳥居が幻想的で、干潮時には歩いて鳥居まで歩く事もできます。季節ごとの限定の御朱印帳や、お守り、おみくじは人気のお土産にもなっています。宮島で最も賑やかな表参道商店街は広島名物のもみじ饅頭などのお土産品店はもちろん、着付けや焼印体験でオリジナルグッズがつくれる体験型ショップも充実しています。

※「やってみよっか」を見つけよう。「YOKKA」(別リンクへ移動します)
アクセス方法
宮島へは宮島口桟橋よりフェリーで約10分です。宮島口~宮島間の連絡船は、JR宮島連絡船と宮島松大汽船の2社が運航しており、どちらも大人360円(往復)/子供180円(往復)となっています。10~15分間隔で運行しているので、到着したらそのままチケットを購入し、乗船口に進みます。繁忙期については待ち時間が発生することもあるので、早めの乗船をおすすめします。

【公共交通機関】JR広島駅→(電車で約30分)→JR宮島口駅→(フェリーで約10分)→宮島
【自家用車】自動車広島岩国道路 廿日市IC→(一般道にて約10分)→宮島口桟橋P→(フェリーで約10分)→宮島 ※宮島口桟橋近くのパーキングは非常に混み合います

※厳島神社公式サイト(別リンクへ移動します)

原爆ドームとは

概要
「原爆ドーム」は1915年に物産展を開催する施設として建設され、展覧会や博覧会も催されていました。1945年の原爆投下から奇跡的に全倒壊を免れ、国内外からの募金により3回の保存工事が行われ、現在の姿になっています。世界遺産への登録を求める広島市、市議会、市民の運動の結果、1995年6月に国の史跡に指定されます。そしてその翌年の1996年12月に文化庁からユネスコへ申請され世界遺産として登録されました。現在は国内外から多くの人々がその場に足を運び、核兵器の惨禍(さんか)を伝える役割を担っています。
アクセス
【公共交通機関】
・JR広島駅→路面電車(広島電鉄)2号線「広電宮島口」行き・「広電西広島」行き/もしくは6号線「江波」行き乗車→「原爆ドーム前」下車すぐ
・JR広島駅→市内循環バス「ひろしま めいぷる~ぷ」オレンジルート→「原爆ドーム前」下車すぐ
・広島港→広島電鉄(路面電車)1号線「広島駅」行き→「本通」下車→西へ徒歩約400メートル
広島の世界遺産 | 広島の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
広島県には2つの世界遺産があります。どちらも観光地となっており、世界中から観光客が訪れる人気スポットとなっています。 ひとつは1996年に世界文化遺産に登録された「原爆ドーム」です。もともとは広島県物産陳列館として設立され、物産品の展示や販売を行う施設でした。ヨーロッパ風の建築が川面に映え、当時はモダンな美しさをたたえていました。原子爆弾による爆風と熱線によって建物は大きな損害を受けました。円蓋の鉄骨が残り、いまの印象的な姿になりました。その後原爆ドームと呼ばれるようになり、核兵器の廃絶と恒久平和をいまもなお世界に訴える象徴的な建物です。 もうひとつの世界遺産は原爆ドームと同年に世界文化遺産に登録された「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」です。12世紀に平清盛の命によって創建され、何度も自然災害に見舞われながらも、創建当時の姿を残しています。「安芸の宮島」として日本三景の一つに数えられ、海を敷地とした大胆で独創的な構図と、朱色の社殿の背後に広がる緑とのコントラストは格別の美しさは必見です。 宮島フェリーに乗り海からのアクセスが便利です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜