世界遺産 知床五湖ガイドツアー | 知床・網走の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
世界遺産 知床五湖ガイドツアー
4.80
知床五湖は、まさに知床半島を代表する観光地。湖畔の原生林を進むと、世界遺産に登録された北海道の大自然を肌で感じられます。緑茂る夏、雪化粧の冬と、季節により全く違う顔を見せることも大きな魅力で、知床連山を望む展望台からの壮大な眺めは絶景そのものです。春の植生保護期、夏のヒグマ活動期、厳冬期と季節を分けており、ルートは高架木道と地上遊歩道の2コースあります。ウォーキング向けの高架木道からは知床5湖のうち一湖のみを、トレッキング向けの地上遊歩道からは五湖の全てを一周してご覧いただけます。地上遊歩道は更に小ループ、大ループに分かれているので、お時間や体力に合わせてお選びください。高架木道では、フィールドハウスにてレクチャーを受けると、植生保護期、ヒグマ活動期を通してガイドなしの散策をお楽しみいただけます。地上遊歩道、また高架木道の閉鎖される厳冬期にはガイドツアーでのみ散策可能ですので、ご予約の上ご参加を。厳冬期には凍った湖面を歩く貴重な体験ができおすすめですが、十分に暖かい服装でお越しください。オプショナルツアーにはウトロへの送迎可能なものや午後からの半日ツアーもあり便利です。

知床・網走人気アクティビティランキング

世界遺産 知床五湖ガイドツアーの新着体験談

自然最高!

2021/09/26 友達・同僚 クマンヌ

大自然に囲まれてとても楽しく、あっという間の3時間でした。
途中で熊の目撃情報があればツアーは中止となりますが、この日は大丈夫でした。
ガイドさんの知識量がすごく、歩きながら周りの木やキノコ、熊の生態など、色々説明してくださって楽しめま... 続きを読む

閉じる

な、な、なんと‼️

2021/09/25 カップル・夫婦 みほりん

一日ツアーに参加でしたが、午後からの
原生林ツアーの途中で、親子のクマに遭遇~
海岸の絶壁沿いをゆっくり歩いていて、途中の岩場でお水飲んでたんです‼️ガイドさんに、写真よりまずはもう少しし安全なところに行きましょうって言われちゃいました... 続きを読む

閉じる

雨の知床を満喫できました!

2021/09/24 友達・同僚 SundayPeople

相方、友人と3名で予約。1週間くらい前から雨予報だったので、登山用のウェアの上に、上下登山用のレインウェアを準備しました。
ただ、正直、雨の中歩き回るのは微妙だなぁ。って思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。ガイドさんと一緒... 続きを読む

閉じる

大自然のパワー!!ガイドさんに感謝です。

2021/09/22 友達・同僚 ikedanaka

今回、初めて知床五湖を訪れました。
ツアー予約後、すぐに連絡をいただけたので安心しました。半日コースでしたが、ガイドさんが親切で面白い方だったので、とっても楽しかったです。
当日の朝はホテルまで迎えにきていただき、散策後、お昼ごはんの場... 続きを読む

閉じる

知床の自然は絶対に専門ガイドと回るべし!

2021/09/21 ひとりで かびたん

知床の自然に精通したガイドの案内で午前は知床五湖を、午後は自分では行けないような原生林の森を歩きます。ガイドなしで歩くとただ景色がキレイで終わってしまうところ、ガイドが植生、残された糞や植物の穴から動物や昆虫の生態、多種生えていたキノコの特... 続きを読む

閉じる

四季を通した知床の違う表情が見たくなりました!

2021/09/20 友達・同僚 味覚糖

9月中旬に参加、五つの湖からの絶景、知床岬を望む景色、さまざまな動植物にも出会うことができ、大満足‼︎最高の思い出になりました。
ガイドさんによる動植物の解説は分かりやすく、
ツアーに参加する前は、知床の知識がゼロだったのですが、1日ツ... 続きを読む

閉じる

知床五湖とは

概要
知床五湖は北海道東部にある知床半島のオホーツク海側に位置する5つの湖です。多くの野生動物が生息する原生林に囲まれ、知床八景の一つとしても知られています。羅臼岳などの知床連山を湖面に映したその美しい景色は、まさに世界遺産「知床」にふさわしく、多くの観光客を魅了してやみません。当初は名もない沼でしたが、一湖から五湖まで名前を命名し、観光用に整備したところ北海道屈指の人気観光地として知られるようになりました。湖に流出、流入している川はなく、五湖の水は湖底の岩を伝い、知床半島の断崖にしみ出していることも神秘的です。ヒグマやクマゲラなど北海道特有の野生動物が見られることも多く、海や森、山や湖などの知床の自然を一度に楽しむことのできる場所として愛されています。知床五湖には2種類のハイキングコースがあり、どなたでも気軽に散策できる全長800mの高架木道と5つ全ての湖を見ることができる地上遊歩道をお好みに合わせて選ぶことができます。出会える動物はエゾシカ、エゾリス、ヒグマ、キタキツネ、クマゲラ(キツツキの一種)などです。
ベストシーズン
新緑~夏の時期(5月中旬〜7月下旬)
紅葉時期(9月下旬~10月上旬、中旬)

冬期は閉鎖となりますが五湖の敷地内に入り、凍った湖の上を散策しながら雪化粧の知床連山が望める厳冬期限定のエコツアーなども人気です。
見どころ・楽しみ方
◆高架木道(往復1.6km/所要時間 約40分/無料)
全長800mの木道で、シーズンを通して無料でご利用できます。知床八景にも選ばれた一湖を巡るコースで、3つの展望台からは知床連山、オホーツク海、そして一湖の絶景を見ることができます。木道には電気柵が張られているため、ヒグマなどの動物が上がってくる心配はありません。バリアフリーのため車椅子の利用も可能で、どなたでも気軽に安心して散策できます。

◆地上遊歩道(有料)
 -小ループ(全周1.6km/所要時間 約40分)
 -大ループ(全周3.0km/所要時間 約90分)
全ての湖を見ることができるコースです。原生林を散策するルートなので、知床の大自然を直に体感することができます。植生保護期(開園~5月9日、8月1日~閉園)とヒグマ活動期(5月10日~7月31日)の2つの期間では利用方法や利用料が異なります。植生保護期では知床五湖フィールドハウスにてレクチャー受講が必須で、その後自分のペースで自由にトレッキングができます。ヒグマ活動期では登録引率者によるガイドツアーでのみ散策が可能です。

参加時の注意

服装・持ち物
【服装】
夏:長袖・長ズボン、履きなれた運動靴やトレッキングシューズなど
冬:スキーウェアのような防水・防寒素材のアウターウェアの中に、厚手のフリース、セーターなど保温性の高いミッドウェア、発熱素材の長袖Tシャツなどのインナーウェアの重ね着、厚手の帽子、防水性の手袋、防寒靴など

夏は虫さされや下枝などでの傷を防ぐために、肌の露出(半袖・短パン・サンダルなど)を避けることをおすすめします。天候により体感気温が変わるので、ウインドブレーカーや薄手のフリースがあると便利です。ツアーによっては雨天時の長靴やレインウェアのレンタルがあります。冬は非常に気温が低いので暖かい服装をご準備ください。トレッキング中は暑くなるのでミッドウェアやインナーを脱ぎ着して体温調節を行えると良いです。

【持ち物】
タオル、着替え、帽子、虫除けスプレー、日焼け止め、カメラ、常備薬、飲み物、ザックなど

甘い匂いはスズメバチの誘引につながりますので、飲み物はお茶かお水をおすすめします。また、ヒグマは食べ物の匂いに敏感ですので、基本的に食べ物の持込みはご遠慮ください。


年齢
小学生以上~75歳ぐらいまでが対象です。(階段の上り下りが問題なく、3㎞以上自力で歩ける方)
天気・気温
夏:最高気温25℃~30℃、最低気温15℃~20℃
冬:最高気温-5℃~3℃前後、最低気温-20℃~-10℃

夏の知床は涼しいというイメージをお持ちの方が多いですが、オホーツク海側はフェーン現象などの影響で気温が上がる場合があります。暑い時は熱中症などの注意が必要です。冬は非常に気温が低い上に、風が吹くと体感温度はさらに下がるため十分な防寒対策が必要です。

大雨・暴風に関連する警報・注意報の発令があるなど、安全が確保できないと判断される荒天時はツアーは中止されますが、基本多少の雨でも催行します。

関連情報

行き方・駐車場
◆行き方
車利用の場合:
斜里町ウトロから車で約20分(約14km)
女満別空港から約2時間(約90km)
※お盆や休日は大変混雑するため、知床自然センターに駐車しシャトルバスを利用することをおすすめします。シャトルバスは渋滞を回避して知床五湖に入場できます。

電車利用の場合:
JR釧網(せんもう)本線、知床斜里駅から斜里バスの「知床線」に乗り「知床五湖」で下車(約1時間半)
※最寄り駅がないため路線バスが使える知床斜里駅からバスへ乗り継ぐ必要があります。

◆駐車場
100台(料金:1日500円)
施設
・知床五湖フィールドハウス
地上遊歩道の入口で、散策の手続きやレクチャーを行っています。
・パークサービスセンター
休憩所があり、お土産や軽食なども販売しています。お弁当などを持ち込んで、センター内で食事をすることもできます。

※上記施設の営業時間は季節によって変わります。
※高架木道や地上遊歩道内にトイレはありませんが、知床フィールドハウス横、および知床パークサービスセンター内(車いす対応)にあります。
世界遺産 知床五湖ガイドツアー | 知床・網走の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
知床五湖は、まさに知床半島を代表する観光地。湖畔の原生林を進むと、世界遺産に登録された北海道の大自然を肌で感じられます。緑茂る夏、雪化粧の冬と、季節により全く違う顔を見せることも大きな魅力で、知床連山を望む展望台からの壮大な眺めは絶景そのものです。春の植生保護期、夏のヒグマ活動期、厳冬期と季節を分けており、ルートは高架木道と地上遊歩道の2コースあります。ウォーキング向けの高架木道からは知床5湖のうち一湖のみを、トレッキング向けの地上遊歩道からは五湖の全てを一周してご覧いただけます。地上遊歩道は更に小ループ、大ループに分かれているので、お時間や体力に合わせてお選びください。高架木道では、フィールドハウスにてレクチャーを受けると、植生保護期、ヒグマ活動期を通してガイドなしの散策をお楽しみいただけます。地上遊歩道、また高架木道の閉鎖される厳冬期にはガイドツアーでのみ散策可能ですので、ご予約の上ご参加を。厳冬期には凍った湖面を歩く貴重な体験ができおすすめですが、十分に暖かい服装でお越しください。オプショナルツアーにはウトロへの送迎可能なものや午後からの半日ツアーもあり便利です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜