小豆島 (離島) | 香川(小豆島・直島)の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
離島

小豆島

4.49
瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、直島とともに香川県の島嶼を代表する観光スポット。年間の平均気温は東京とほぼ同じですが、雨が少ない気候なので、より温暖に感じられます。オリーブ、そうめん、醤油、うどんなどの名産品は、お土産の他に通販のお取り寄せでも大人気。ドラマ『Nのために』や映画『八日目の蝉』のロケ地として知られますが、古くは小豆島八十八ヶ所が有名で、コースマップを片手に札所を巡るお遍路さんを島のあちこちで見かけることができます。近年では、実写版『魔女の宅急便』のロケ地として有名になり、オリーブ公園をはじめ、島中にインスタ映えスポットが溢れています。パワースポットの樹齢千年のオリーブ大樹をはじめ自然が多く、サイクリングや犬連れの旅行にも最適。5月のマラソン大会、7月の虫送り、8月の小豆島まつり、9月のshima fesなどイベントも多く、年間を通して観光を楽しめる場所です。日帰り観光をはじめ、1泊2日~2泊3日程度の観光が一般的です。

香川(小豆島・直島)人気アクティビティランキング

小豆島の新着体験談

日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

コスパのいいツアーです

2023/01/05 カップル・夫婦 メンフィス

小豆島観光に充てられるのが1日だけだったため、小豆島の主要な観光スポットを全て回ってくれるこちらのバスツアーを利用させていただきました。
結果は、大正解!
それぞれの立ち寄り場所の時間配分もベストな設定でした。
帰りはお願いして宿泊予... 続きを読む

閉じる
日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

追加で要る費用

2022/11/20 ひとりで 51セレクション

小豆島の観光を1日で効率よく出来るという意味では非常に良かった。

ただ高松⇔小豆島の高速船代、寒霞渓のロープウェイ代が別途必要で割高に感じた。

日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

1日で小豆島1周‼️

2022/10/28 ひとりで やっちゃん

今回、1人旅だったのでレンタカーではもったいなく、路線バスは難しく、レンタサイクルではエリアが広すぎるので、定期観光バスを利用しました。行きたいスポットをほとんどまわってくれ、時間配分もお任せなので、とても楽でした。ガイドさんのお話もとても... 続きを読む

閉じる
日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

ちょうど良かった

2022/10/14 友達・同僚 ちいこ

小豆島の寒霞渓に以前から行きたかったが、足がない。観光バスはうってつけでした。値段も手頃。名所は全て抑えてくれたし、行けない場所(エンジェルロード)も車窓で案内してくれたので満足でした。ガイドさんがおススメしてくれるお土産やメニューが全部美... 続きを読む

閉じる
日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

初めての小豆島旅行でした!

2022/10/08 カップル・夫婦 うにっくりん

まあ手頃なお値段なので、ツアーはこんなもんかと!海が最高に綺麗でした(^-^)
あちこちの合間の休憩のお手洗いが多くて安心です!年配の方でも安心して参加いただけると思います。

ただですね…ピックアップ場所のホテルで集合という表記が当... 続きを読む

閉じる
日帰りバスツアー 小豆島の王道観光! オリーブ公園+寒霞渓+二十四の瞳映画村+銚子渓お猿の国<土庄港発・銀波浦or土庄港着>

小豆島を1日で効率よく観光出来て最高でした。

2022/10/04 友達・同僚 HMRS

初めは路線バスで観光名所を周ろうと思っていましたが、時刻表を見ると待ち時間が長くなったりして効率よく回るのは難しそうだったので、こちらのバスツアーに申し込みました。行きたかった観光名所が全て工程に入って、しかも効率よく1日でまわれたので、と... 続きを読む

閉じる
小豆島 (離島) | 香川(小豆島・直島)の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、直島とともに香川県の島嶼を代表する観光スポット。年間の平均気温は東京とほぼ同じですが、雨が少ない気候なので、より温暖に感じられます。オリーブ、そうめん、醤油、うどんなどの名産品は、お土産の他に通販のお取り寄せでも大人気。ドラマ『Nのために』や映画『八日目の蝉』のロケ地として知られますが、古くは小豆島八十八ヶ所が有名で、コースマップを片手に札所を巡るお遍路さんを島のあちこちで見かけることができます。近年では、実写版『魔女の宅急便』のロケ地として有名になり、オリーブ公園をはじめ、島中にインスタ映えスポットが溢れています。パワースポットの樹齢千年のオリーブ大樹をはじめ自然が多く、サイクリングや犬連れの旅行にも最適。5月のマラソン大会、7月の虫送り、8月の小豆島まつり、9月のshima fesなどイベントも多く、年間を通して観光を楽しめる場所です。日帰り観光をはじめ、1泊2日~2泊3日程度の観光が一般的です。