上高地は長野県西部の飛騨山脈の梓川上流にある景勝地で中部山岳国立公園の一部ともなっています。標高が約1500mあり、国の特別名勝、特別天然記念物としても指定されている場所です。松本から出ているアルピコ交通の上高地線を使って新島々まで行き、そこから路線バスで1時間ほどの場所にあります。都市部から高速バスが出ているので高速バスを使うと乗り換えなどなく行くことができます。マイカー規制されているので一般車で行くことができない場所です。
歴史
梓川の流域は昔から梓という樹木の産地として有名でした。版木などに使われる他、神事などに使われる弓である梓弓の材料として朝廷にも献上してしたことから川の名前が梓川となったと言われています。梓川の水は発電用と農業用の灌漑のために古くから使われてきました。1969年には梓川3ダムが完成し、揚水発電所として運用されてきました。それまでは梓川にダム式の発電所はなかったので梓川3ダムの完成によって大きく変わっていきました。

見どころ
上高地梓川の清流はきたアルプスの槍ヶ岳を源に発して南流しています。上高地にある大正池を形成している川でもあります。梓湖に注がれていて島々で東に向きを変えて流れていっています。松本市の大字島内で奈良井川を合わせて犀川と名前を変えます。上高地で有名な名所として梓川に架かっている木製の吊り橋で河童橋という橋があります。バスターミナルからもほど近い位置にあるので多くの観光客で賑わっている場所でもあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

長野の人気アクティビティランキング

上高地梓川の清流 (観光情報) | 長野観光| VELTRA(ベルトラ)

上高地は長野県西部の飛騨山脈の梓川上流にある景勝地で中部山岳国立公園の一部ともなっています。標高が約1500mあり、国の特別名勝、特別天然記念物としても指定されている場所です。松本から出ているアルピコ交通の上高地線を使って新島々まで行き、そこから路線バスで1時間ほどの場所にあります。都市部から高速バスが出ているので高速バスを使うと乗り換えなどなく行くことができます。マイカー規制されているので一般車で行くことができない場所です。