国営昭和記念公園は昭和天皇の御在位50年を記念して創設された公園です。東京都立川市と昭島市にまたがる約180haもの広大な公園で、「国民が自然的環境の中で健全な心身を育み、英知を養う場とすること」を目的としています。公園内は森・広場・水・展示施設・みどりの文化ゾーンの5エリアに分かれています。子供の森、日本庭園、砂川口、盆栽苑、レインボープールなどの施設が充実していて、四季折々の豊かな自然を楽しめるイベントが年間150回も開催されています。
歴史
国営昭和記念公園は1983年10月26日に、昭和天皇御在位50年を記念事業の一環として創設されました。立川市と昭島市にまたがるこの地は、戦前に立川飛行場があったところで戦後米軍に接収されていました。後に返還された基地跡は、戦後平和への取り組みの一環として「緑の回復と人間性の向上」をテーマに国土交通省の手で整備が進められ、1983年(昭和58年)10月26日、昭和天皇臨席のもとに開園されました。当初は約70haでしたが、その後次々と施設が整備され、現在では約180haに拡充されています。

見どころ
国営昭和記念公園はJR西立川駅から徒歩2分と、交通の便が良く、都心からも近いことから、都民の憩いの場として人気があります。夏には、首都圏最大級のレインボープールもオープン。緑豊かな自然の公園で、春には桜やチューリップ、夏はアジサイやヒマワリ、秋にはコスモス畑が有名で、四季折々の花を楽しむことができます。年間150以上ものイベントが開催され、特に夏休みの花火大会や12月のクリスマスイルミネーションはカップルや家族連れにおすすめです。園内の「こもれびの里」は昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現したもので、都会では珍しい農業体験ができて人気です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

東京の人気アクティビティランキング

国営昭和記念公園 (観光情報) | 東京観光| VELTRA(ベルトラ)

国営昭和記念公園は昭和天皇の御在位50年を記念して創設された公園です。東京都立川市と昭島市にまたがる約180haもの広大な公園で、「国民が自然的環境の中で健全な心身を育み、英知を養う場とすること」を目的としています。公園内は森・広場・水・展示施設・みどりの文化ゾーンの5エリアに分かれています。子供の森、日本庭園、砂川口、盆栽苑、レインボープールなどの施設が充実していて、四季折々の豊かな自然を楽しめるイベントが年間150回も開催されています。