ユニオン・ステーション (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
ワシントンDCの渡航安全情報
観光情報

ユニオン・ステーション

4.50
(8)
ユニオン・ステーションはアメリカ合衆国のイリノイ州シカゴにある鉄道駅のことです。今日、シカゴを発着する長距離列車はすべてこの駅を発着します。ダウンタウンのシカゴ川の西側に位置していて、その広さは約9.5街区に及んでいますが、メイン・ビルディングを除くそのほとんどは道路や高層ビルの下にあるのが特徴です。
歴史
ユニオン・ステーションの開業は1907年10月27日。開業以降、利用客は順調に増え、第二次世界大戦のころは一日20万人もの人が駅を利用していました。しかし、戦後は連邦政府が高速道路建設を進めたこともあって鉄道事業は衰退し、ユニオン・ステーションの経営も困難になるにつれて、駅舎の管理も十分に行き届かなくなってしまいました。その後1968年に、アメリカ建国200年式典に合わせて、ユニオン・ステーションは国立観光案内所になりましたが、老朽化のため1978年に案内所は閉鎖され、本格的な改修が始まります。1988年には改修が終わり、駅のなかには店舗やレストランが入って、多くの人が訪れています。

見どころ
プラットホーム・コンコースは全て地下にあります。コンコースの中2階にはフードコートやいろいろな種類の売店があり、フードコートは毎日午前5時半から深夜の12時まで営業しているのも特徴です。また、大待合室、グレート・ホールは華やかなボザール様式建築の造りとなっており、アメリカの屋内公共空間とサれています。貸し切りにも対応していて、イベントが開催されることもあるので、そこも見どころとなっています。

ワシントンDC人気アクティビティランキング

ユニオン・ステーション (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
ユニオン・ステーションはアメリカ合衆国のイリノイ州シカゴにある鉄道駅のことです。今日、シカゴを発着する長距離列車はすべてこの駅を発着します。ダウンタウンのシカゴ川の西側に位置していて、その広さは約9.5街区に及んでいますが、メイン・ビルディングを除くそのほとんどは道路や高層ビルの下にあるのが特徴です。