ハワイに行けない今だから、ハワイっぽさをお家で楽しむ!オンラインツアーや2022年最新イベントも紹介 image

ハワイに行けない今だから、ハワイっぽさをお家で楽しむ!オンラインツアーや2022年最新イベントも紹介

2020年から始まったコロナ禍で、なかなか海外に行けない日々が続いています。

そろそろハワイに行きたい、ハワイに飢えているという人も多いのではないでしょうか。

まだ厳しい状況が続くかもしれませんが、ハワイっぽさを味わえるイベントやオンラインのツアーが増えてきています。ぜひ参加して、ハワイへの気持ちを盛り上げましょう!

ハワイっぽさをお家で楽しむ方法

家で楽しめるハワイっぽグルメ

ハワイグルメは、今や日本でも簡単に手に入ります。お土産として定番のパンケーキやコーヒーの販売場所は日本でもかなり増えており、近所のスーパーなどで手にする機会があるかもしれません。

自宅で ハワイっぽい料理を作ることでも非日常感を味わうことができ、テンションがあがる のでおすすめです!

自炊派の方におすすめできるアイテムをいくつかご紹介します!

「MULVADI(マルバディ)」パンケーキミックス

お水を入れて混ぜて焼くだけ という簡単なもの。パンケーキミックスはお土産の定番でもあり、スーパーでもよく売られている商品。写真はハワイのスーパーで5ドル前後で購入しました。

私はこのMULVADI(マルバディ)というブランドが好きなのですが、他にも、 「タロ パンケーキミックス」 などの商品も通販で購入することができます。

こちらは タロイモの粉末が入ったパンケーキミックス で、タロイモの食感で もっちもちのパンケーキ になります!味は薄いのでクリームやシロップ、フルーツなどでデコって食べることをおすすめします。

タロイモパンケーキミックス
Photo by 楽天
タロイモパンケーキミックス

卵や牛乳を用意しなければならない日本のパンケーキミックスと違い、ハワイのミックスは、水を加えて焼くだけのお手軽、簡単。

「ポキのたれ」

ローカル料理でお馴染みのポキが簡単に作れるのがこちらのタレ。お刺身用のマグロやサーモンなどをカットして混ぜて、ご飯の上にのせればポキ丼の完成です。ものすごく簡単に本格的なポキが完成するためおすすめです!日本の商品です。

「ガーリックシュリンプ」

ガーリックシュリンプ もハワイで人気のローカルフード。

こちらのタレはガーリックや玉ねぎがすでに混ざって入っているため、小エビを用意して混ぜて炒めるだけで完成します。ガーリックとエビのマッチした香りがおいしそうです。ライスやポテトと一緒に食べたくなります!

どれもKALDIや通販で手に入る商品をご紹介しました。値段も高くないため、ぜひ購入して自宅でハワイっぽさを楽しんでみてください!

ハワイのコーヒーが好き!

ハワイのコーヒーは コナコーヒーが主流 。ハワイ島のコナ地区で栽培されるコーヒー豆で人気商品となっています。 比較的苦みがなく、酸味がありすっきりとしている ことが特徴。苦いコーヒーが苦手、癖が少なくて酸味のあるコーヒーが好きな方におすすめできます。

私もこのハワイのコナコーヒーは大好きなので、ハワイに訪れた際には自分用にもおみやげにもたっぷり購入して大事に飲んでいます。

ブランドも様々で、ファンも多いため、日本でも手に入りやすい商品です。

写真は ロイヤルコナ 。ハワイで一番よくみかけるブランドで、ハワイでもシェアナンバーワンだということです。こちらはKONA10%と低めなのですが、もちろんもっと純度の高い商品もあります。コナコーヒーが好きな方は常に家にストックがある方も多いかも。パンケーキと一緒に楽しむのもおすすめです。

ハワイのポテトチップスが恋しい

ハワイで購入するスナックと言えば、 マウイスタイル という方も少なくないはず。ハワイ便に乗れば航空会社でもおやつとして出されたりしますよね。

マウイスタイルは、日本国内で人気のポテトチップスよりもかなり固めで、芋本来の味が濃く、塩味もちょっと控えめな感じがします。日本人でもハマる方は多く、お土産にも人気の商品です。

残念ながら日本での取り扱いは少なく、海外から通販などで購入できるようです。

海外の通販はハードルが高い!という方におすすめのチップスがこちら。

最近日本でもよく見かけるのがこの「 フラ印 マウイチップス 」。こちらは日本の会社が作っているチップスですが、マウイスタイルにも似たカリカリ・パリパリ食感でおいしいです。

フラ印の商品は日本で簡単に手が入るので試して見て下さいね。

日本にあるハワイアンカフェ&レストラン

ハワイアンカフェといえば、日本にも有名チェーン店がたくさんあります。

などなど。上記のお店は全国展開しているので、自宅の近くの店があればぜひ訪れてみたいですね!

エッグスシングスには私も良く通っています。

エッグスシングスはたっぷりのクリームがモリモリで、めちゃくちゃテンションがあがります!

ハワイでは、 朝食の時間帯が人気 のエッグスシングス。日本でも上陸したときは超行列が話題になっていましたが、 今では落ち着いて訪れることができる お店です。

自宅でパンケーキを作るのも良いのですが、お店でいただく味とは少し違うのかなって思うところもあるので、本格的なパンケーキや料理が食べたい!という時に良いかもしれません。

他にも、ハワイに行ったら必ず行く!という有名人にも人気のステーキ店、 ウルフギャング も日本国内に店舗があります。

写真はハワイ店で食べたシュリンプカクテル。日本の店舗ではハワイに比べて割高で雰囲気も異なりますが、ハワイで食べた味を思い出すかも。海鮮系もハワイと比べて味に変わりなく、さすがの美味しさでした。

日本で参加できるハワイのイベントは?2022年の最新イベントを紹介!

「ラブハワイコレクション2022 in 横浜」

2022年4⽉16⽇と17⽇には、横浜で「ラブハワイコレクション2022 in 横浜」が開催されます!

トークイベントやパフォーマンス、クラフト体験や限定ショップの出店など盛りだくさんのイベント。日本最大規模のイベントなので、飽きることなくハワイの空気を楽しめそうです!

ハワイのイベントに参加することはできない今なので、日本にハワイがやってきてくれるのは嬉しいですね。

また、毎年3月にはハワイで ホノルルフェスティバル が開催されていましたが、2022年開催は残念ながら中止になってしまいました。リモート開催も過去にはありましたが、今回は中止のようです。

「ホノルルフェスティバル」(毎年3月開催)

国際交流イベント の意味合いもあったこのフェスティバルでは、ワイキキで打ち上げ花火があったりと毎年見どころたっぷりのイベントでした。中止は残念ですが、また次の開催に向けて応援したいですね。

ハワイを体験できるオンラインツアーもたくさん!

旅行会社のオンラインツアー

コロナ禍になってから、 オンラインツアー はかなり増えました。体験ツアーでは、現地からリアルタイムでフラやクラフトのレッスンを受けることも可能。リモートでリアルタイムで現地の様子を楽しめたりと、たっぷり楽しむことができます!

ガイドさんに質問をしたり、同じツアー参加者の方とチャットでコミュニケーションがとれたりも。見どころたっぷりのハワイの今を知ることができるので、とってもおすすめです。

現地のカルチャー・歴史ツアー

他に、カルチャー系のツアーも有料・無料で開催されています。

イオラニ宮殿のオンラインバーチャルツアー

イオラニ宮殿は 王族の公邸 として使われてきた建物。現在ではツアーで内覧することができ、 ハワイの文化や歴史を学ぶことができる 場所です。イオラニ宮殿では有料のオンラインプログラムと、無料のバーチャルツアー(動画)を開催中。

カルチャープログラム(英語での開催です)

3Dバーチャルツアー

ビショップ ミュージアム (Bishop Museum)

ビショップ ミュージアムは ハワイ最大の博物館 。ハワイの美術工芸品や王族の家宝の収蔵・展示や、ハワイやポリネシア文化の資料展示など盛りだくさんのミュージアムです。

ビショップ ミュージアムではオンラインプログラムを毎月2回開催しています。有料プログラムですが、日本語で開催されているためおすすめ!プログラム毎に事前申し込みをして、予約が必要です。

ホノルル美術館バーチャル展示会

ホノルル美術館ではバーチャル展示が実施されています。こちらはハワイの展示というよりもアジアや世界各国の美術作品の展示が中心です。そのため、日本に関わりのある作品も多数あります。

説明文が英語のため読むのに時間はかかるのですが、写真のアーカイブなので興味のある作品を目で探してみると楽しいです。

日本でも、おうちでもハワイ気分を楽しめる

日本でも楽しめるハワイのイベントやツアーを紹介しました。

バーチャルツアーでは、まるで自分がそこにいるような体験をすることができます。加えて自分で用意できるグルメやグッズなどで雰囲気を高めるのもおすすめです。

今はハワイに行けなくても、こうして体験することでハワイの雰囲気を楽しむことができそうです!ハワイに行きたい気持ちが抑えきれない方、こんな時だからこそ、おうちでハワイを楽しんでみませんか?

出典・参考

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります