100均毛糸で簡単!玉編みで作るモコモコ円座の作り方【ハンドメイド】 image

100均毛糸で簡単!玉編みで作るモコモコ円座の作り方【ハンドメイド】

寒い日のおうち時間に、ふわふわ毛糸で作る編み物はいかがですか?

今回作る円座はずっと同じ編み方で作れるので、初心者さんでも簡単に作ることができますよ。

これからの寒い季節にぴったりなので、ぜひ作ってみてください。


☆Amazonギフトカードが当たる!WEBアンケート実施中☆

抽選で10名様にAmazonギフトカード1,000円分が当たるユーザーアンケートを実施中です。
※アンケート締切:2022年5月31日(火)


100均毛糸で円座を作ってみよう

今回は、 モコタロウさんのYoutube動画『玉編みで分厚い円座を編んでみました』 を参考に、100均毛糸で円座を編んでみました。

玉編みのぽこぽこした見た目と毛糸をたっぷり使った、ふわふわ感がとても可愛い円座です。

編むのに少し時間はかかりますが、ずっと同じ編み方なので初心者さんでも簡単に作ることができますよ。

ひたすら玉編みをしていくので、玉編みの練習にもおすすめです。

100均のおすすめ毛糸

この円座作りにおすすめなのが、 ダイソーのパティシエ という毛糸です。

こちらの毛糸は、通常のダイソーの毛糸よりも1玉の量が多く、ただ編むだけで6色の色の変化を作ることができます。

色変えのために糸を変えたり、色の組み合わせを考えたりしなくてもいいのは、初心者さんには嬉しいですね。

糸も太め(棒針10号/かぎ針8号目安)でふわふわの触り心地なので、円座にはぴったりです。

カラーバリエーションも豊富なので、ぜひお気に入りの色を選んで作ってみてくださいね。

作り方

では、早速作ってみましょう。

今回は パティシエの『ストーン』を2玉、かぎ針8号/5mm で編んでみました。

ベースになる輪っかを作る

最初に くさり編みをゆるく4〜5目 します。

動画では10号針を使っているので4目ですが、私は8号針を使ったので5目にしました。

作ってみた輪っかの大きさを見て、微調整してみてください。

最初のくさり編みにかぎ針を差し込みます。

この状態で、糸をかけてかぎ針を引き抜きます。

引き抜いたら、最初と最後のくさり編みが繋がって輪っかになりました。

この輪っかにかける形で1周目の玉編みを編んでいきます。

1周目は玉編みを8個作るので、 あまりに輪っかが小さかったら最初のくさり編みの目数を調整してみてください。

【1周目】輪の中に玉編みを8つ作る

くさり編み3目で立ち上がり 、作った輪っかに 玉編み(6回掛け) をしていきます。

糸を6回かけるのは大変ですが、こうすることで厚みのある円座になります。

玉編み初めての方は、慣れるまでここで少し練習してみるのがおすすめです。

玉編みの作り方は LiLi nanaさんのこちらの動画がわかりやすいので、作り方がわからない方はぜひチェックしてみてください。

玉編みのコツは、

  • 糸にゆとりを持たせる
  • 掛けた糸の長さを揃える
  • 玉の大きさを揃える

です。

玉編みは何度も糸をかけるので、糸を常にゆとりがある状態にしておくことできれいに引っ張れます。

糸を掛けて引くときは、上ではなく手前に引っ張る ようにするとスムーズにできますよ。

掛けた糸はかぎ針を水平にして長さが揃っているか確認しましょう。

最初に掛けた糸と最後の糸で長さが変わってしまうことがよくあるので、注意してください。

玉編みを8個すると、こんな感じになります。

ぎゅうぎゅう詰めになるので、できた玉編みを押さえながら頑張って編みましょう。

ここまできたら、糸端を引っ張って真ん中の穴を閉めます。

最初の玉編みを閉じたくさりにかぎ針を通して、引き抜き編みでぎゅっと引き締めたら1周目の完成です。

【2周目】玉編み1つの上に2つずつ玉編みする

ここからずっと1周目と同じようにくさり編み3目で立ち上がり、玉編みをしていきます。

2周目は、1周目の玉編みの間に2つずつ玉編みします。

全部の玉編みができたら、最後は引き抜き編みで引き締めます。

【3周目】玉編みを2・1・2・1と編む

3周目は玉編み1つにつき2つと、1つにつき1つを交互に編んでいきます。

【4周目〜】円座の状態を見ながら増やし目の数を決めて編んでいく

動画では、4周目は2・1・1・2・1・1〜、5周目は2・1・1・1・2・1・1・1〜と編んでいるのですが、私の場合はそれだと円座が全体的に波打ってしまいました。

波打ってしまうのは、円周の長さよりも編み地が長くなってしまっていることが原因だと思います。

そこで、 4周目以降は編み地の様子を見ながら玉編みの数を調整 してみました。

編み地が短いと内側に縮こまってしまうので、ちょうど良い塩梅を見つけてみてください。

8周編んだところで直径が30cmくらいになりました。

【最終周】増やし目をせず、玉編み1つにつき1つずつ玉編みする

最後の1周は増やし目をせず、玉編み1つにつき1つずつ玉編みしていきます。

こうして仕上げることで編み地が引き締まって波打ちが少なくなりました。

糸処理をして、完成!

糸を編み地に入れ込んだら完成です!

半日くらいかかってしまいましたが、とってもモコモコで可愛い円座ができました。

座った感じも厚みがちょうどよくて重宝しそうです。

お手軽な100均毛糸で可愛いもこもこ円座を作ろう

今回は100均毛糸で玉編みの円座を作ってみました。大きめのものを作るのは大変そうだという方には、まず同じ作り方でコースターサイズを作ってみるのもおすすめです。玉編みに慣れると意外と楽に作れますよ。

ずっと同じ編み方で簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


☆Amazonギフトカードが当たる!WEBアンケートのお願い☆

ハンドメイドに興味をお持ちのユーザーを対象に、アンケートを実施しております。お答えいただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフトカード1,000円分をプレゼント!より良いメディア作りのために、みなさまの声をお聞かせください。

回答期間:2022年5月9日(月) ~ 5月31日(火)

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります