キャンプ中によく話す話題とは?キャンプ場での過ごし方と会話内容 image

キャンプ中によく話す話題とは?キャンプ場での過ごし方と会話内容

キャンプでは、キャンプ飯や観光などの非日常が注目されがちですが、結局は他人との会話やコミュニケーションに一番時間を割くことは否定できません。

この記事では、筆者がキャンプ場でよくする会話内容について紹介します。

ご飯の献立を考える

献立について議論する

キャンプに行くまでの道中で必ず議論になるのは「昼ごはんや夜ごはんに何を食べるか」という議論です。 男だけで行くキャンプでは肉と米だけあれば何とかなりますが、女子が居ると気を遣ってカレーとかアヒージョとかを作ろうとすることもあります。

筆者は米と肉や魚があれば満足する単純な男なので、それ以外の料理に関しては他のメンバーに任せます。ただし、お酒には拘りたいので結構口を出します。ビールはマストですが、サングリアやハイボールなども欠かせませんね。

女子が多い場合にはスイーツ作りも検討

女子が多いキャンプの場合には、キャンプ飯ならぬキャンプスイーツを作ります。とはいえ、本格的なアップルパイやチーズケーキは作れません。 さつまいもにバターやハチミツをかけたものやマシュマロとパン、バナナを使った甘いトーストなどの食べ物を作ります。 筆者はそこまで甘いものが得意ではないので、端っこでアルミホイルを使って、焼き芋や焼きじゃがいもを作ってこっそり食べていることが多いですが。

肉と魚どちらを多く買うか考える

買い出しの時にいつも議論が白熱するのは肉と魚の量です。筆者は身長188㎝で体重97㎏の巨漢なので、やはり肉は多めに欲しくなってしまう身体です。魚も良いのですが、魚を一匹丸々買ってくると、可食部が少ない割にあまりおかずにならないことが多いです(筆者の完全なる偏見笑)。

自然の味を楽しみたいなら魚が良いのですが、やはり筆者は濃いめの焼肉のタレをぶっかけた肉が食べたくなってしまいます。そのため、 魚を買うとしたら切り身のサーモンとかタラを買うようにしています。メスティンに入れて蒸せば贅沢な魚入りのご飯が炊きあがります。 網上でサーモンを焼いても美味しいですね。

恋愛の話はいつでも盛り上がる

好みのタイプについて

キャンプ場でよく話題になるのは恋愛話です。好みの異性のタイプについての話は盛り上がります。お酒が入っていれば尚更です。筆者の彼女はロシア人なのですが、性格や文化の違いについてよく聞かれます。中には、「ロシア人は冷徹で笑わないと思ってた」というような偏見も聞きました。思えば、筆者もロシアへ留学する前は「ロシア人は○○な人」と決めつけていました。ですが、実際に現地に行って、色んな人と関わってみると、「どこの国にも色んな人はいるし、固定観念なんてただの偏見ではないか?」と感じるようになりました。おそらく、"知らない"から偏見を持つし、固定観念が出来るのではないでしょうか?日本に帰ってきてキャンプ場に行った時に感じたカルチャーショックでした。 ともあれ、キャンプに行くと普段以上に他人の話を聞くようになります。知識や常識がアップグレードされていくので、キャンプに行く時は自分から他人に話を振って、他人の話にも真摯に耳を傾けるようにしています。

変な異性について

夜になってくると変な異性の話に発展することがあります。とある女友達の友人には自分の彼女の髪の毛をコレクションしていたり、彼女の臭いの香水を作ったりする人が居ることを暴露していました。筆者は自分のことを"普通の人"と思っていますが、他人から見たら"変わっている部分"も多いのかなと考えると、「一概に他人のことを変だとは言えないかな」と思いました。

それでも、キャンプ場の盛り上げネタになるような変人にはなりたくないので、キャンプ場で"変な人"の話を聞いて、「自分はいくらかマシか」と客観的にどれくらい変人か自分を測るものさしにしています笑。

また、外国に行っていた調理師の友人の元彼の話なども興味深かったです。「外国人男性の方が積極的だ」と盛んに話していましたが、ある面では確かにそうかもしれませんね。筆者の周りにも奥手で彼女が居ない男ばかりです(筆者の人間関係に問題があるのかも?笑)。

筆者もロシアに留学していた時は、奥手な性格が災いして友人や彼女が作れない時期が長くありました。しかし、「自分をさらけ出さないと仲良くなんてなれない!」と振り切ってからは、自分から積極的に行動して、あらゆるイベントにも参加しました。その結果、日本語教師としての仕事やボランティアの仕事に就けたし、友人や彼女も作れたので、奥手な性格のままだと色々と損をしてしまうことを学びました。奥手な性格を直したい人は短期でも留学に行ってみると何かが変わるかもしれませんね。

彼氏・彼女の理想像について

理想の彼氏・彼女の理想像についてもよく話し合います。でも、最終的に辿り着くのは、「優しくて、自分のことを大切に思ってくれる」といったものが大半です。顔に関しては色々と議論がありますが、日本でもロシアでも、女性の方がセーフゾーンが広いのかもしれません(筆者の経験から言うと)。

将来の話をすることもある

文句を言う人は何かのせいにしがち

将来のことを話す場面もあります。将来についての話で最も多いのが、悩みや心配事です。「今の仕事が嫌いだ」とか、「現状を変えたいけどどうしたらいいか分からない」と言うようなものがその大半を占めています。筆者もたまに現状に対して文句を言いますが、文句を言っても何も変わりません。キャンプ場で悩みや不安を話しても、その場だけの慰めを得られるだけでした。

しかし、最近行ったキャンプでとある人に出会い、自分の弱さについて指摘され、自分で「このままではいけない」と気が付くことが出来ました。いわく、「文句を言う暇があったら努力しろ」だそうです。キャンプ場では本音で語り合えるのが魅力ですね。その言葉を聞いて背中を押され、今では今までの仕事を継続し、尚且つ新しい仕事や資格勉強に精を出しています。自分を後押ししてくれたその人には感謝しています。

結果を出している人は毎日努力している

その人は高校の時からアニメーターになりたくて毎日努力してきたそうです。今では月に何十万も貰っているアニメーター兼デザイナーになっています。また、調理師の資格も取っていて、将来的には体験型のレストランを開業するようです。

このように、自分よりも年下の人がこれだけ明確なビジョンを持って頑張っている様子を見ていると、自分も負けられない気持ちになります。筆者の将来の夢は、海外でもそこそこ暮らせるエンジニアなので、外国語やプログラミングを突き詰めて、ロシア人の彼女との暮らしを安定させたいと考えています。もちろん、趣味のキャンプや山登りは継続して、趣味や仕事を充実させ、毎日を楽しんで生きていきたいですね。

キャンプ場に行く度に知識や常識をアップグレードできる

この記事では、筆者がキャンプ中にする会話の内容について紹介しました。 ご飯の話はキャンパー共通の話題で、キャンパーの数だけレシピや拘りがあるので面白いですよね。

また、恋愛話や将来の話についても本音を語ってしまうのがキャンプの醍醐味です。 人とのコミュニケーションを大事にして、意義のあるキャンプをしていきましょう。

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります