一度はやってみたい!キャンプでバウムクーヘン image

一度はやってみたい!キャンプでバウムクーヘン

非日常を楽しむアウトドア、キャンプ。中でもその醍醐味と言っていいのが『バーベキュー』ですよね。

ただ、スタンダードなバーベキューに慣れてくると、もっといろいろと試してみたくなってくるもの。

そこで今回は盛り上がること間違いなしの『バウムクーヘン作り』を、初心者さんでも失敗なく作れるコツを含めてご紹介致します!

キャンプでバウムクーヘンが作れる!

「肉や野菜を焼くだけじゃなくて何かバーベキューでしかできないものを食べたいなぁ」。

そんな、 「普通のバーベキューをするだけではちょっと飽きてきたな…」 という頃に直面するキャンパーあるある。

少し検索すればたくさんのアイデアが溢れていますが、今回は作る工程から楽しめる『 バウムクーヘン作り 』です♪

でもバウムクーヘンを作るなんて、特殊な機械や道具が必要なのでは…と想像するだけで諦めてしまいそうになりますよね。でも、それだけで諦めるなんてもったいない!

最初にある程度の準備は必要ですが、それさえ準備できたらいつでもバウムクーヘンを作ることができるんです!まずはその必要な道具から見ていきましょう。

回転棒

まずバウムクーヘンを作るために必ず必要なのが、 回転させながら生地を焼くための棒 です。最初にして最大の難関ですが、これさえあればもうできたも同然と言えるほど重要なアイテムです。

基本的に「熱に強い」「ある程度の強度がある」「長さがある」棒状の物であれば、手に入れやすいもので構いません。

(例) パイプ など。どちらもホームセンターなどで簡単に手に入ります。

この際に注意しないといけないのが、「長さ」です。

バーベキューで作る場合、 持ち手部分が短いと熱くて作ることができない ので、使用するバーベキューコンロや焚火台などの焼き台の幅よりも余裕を持った長さで準備するようにしましょう。

アルミ箔

アルミ箔は、回転棒に巻き付けて 生地をはがれやすくするために 使います。アルミ箔は、できるだけしっかりと棒に巻き付けるのがきれいにバウムクーヘンを作るコツ♪

そのため、バーベキュー用の厚手のものより家庭用の薄いアルミ箔がベストです。

軍手や耐熱グローブ

バウムクーヘン作りは、その作る工程自体を楽しむ良さもあるのですが、その分割と時間がかかる作業です。

そのため、回転棒を回し続けている際に 思いがけず熱が伝わってくることも 。根気強く回し続けるためにも、必ず軍手や耐熱グローブを着用して作るようにしましょう。

材料と生地の作り方​​​​​​

材料

  • ホットケーキミックス 100g
  • 砂糖 25g
  • 牛乳 100cc
  • はちみつ 大さじ1/2杯
  • 卵 1個
  • 無塩バター 20g
  • バニラオイル 適量

生地の作り方

  1. バターは室温へ戻し、卵は溶いておきます。
  2. ボウルに、砂糖・はちみつ・溶き卵・牛乳を加えてよく混ぜます。
  3. そこへホットケーキミックスを加えてしっかり混ぜ、室温に戻しておいたバターとバニラオイルを入れ混ぜ合わせます。

いざ!バウムクーヘン作りへ♪

回転棒と生地が出来上がれば、あとはひたすら 根気強く 焼いていくだけ♪

実際にその手順を見ていきましょう!

バウムクーヘンの作り方

  1. 炭をおこしておく
  2. 作っておいた生地を、お玉ですくって回転棒へ回しかける
  3. 回転棒の端を持ちながら、生地が垂れないように回しながら焼いていく(できれば 2人で両端 を持つのがベスト)
  4. 2と3をひたすら繰り返す
  5. 生地がなくなるか、好みの大きさになれば出来上がり♪

最初はなかなか先が見えず、心が折れかけますが(笑)そこをがんばって乗り越えましょう!

ある程度の厚み が出てくると作りやすくなってきますよ♪

失敗しがちなポイント

炭からの距離が遠い

筆者も最初失敗したのですが、画像のように炭からの距離が遠いと焼くのに恐ろしく時間がかかってしまいます(汗)

上の写真の場合、焼き台に乗せながら焼くのではなく、画像縦方向に向きを変え、 炭のすぐ上で浮かせながら焼く とうまく焼くことができました。

疲れたら、選手交代したり、焼き台に置いて休憩したりしながらのんびりと作りましょう♪

火力が足りない

よくある失敗のもう一つが、 炭がしっかりとついていなく 火力が足りない というパターンです。

ちょうどいい炭の状態、実は上の写真では下の方の白くなったものが正解です。外側が黒いものはまだしっかりと高温に安定していないいわゆる弱火のような状態。

バウムクーヘン作りの時は、 炭の芯が真っ赤になって、炎も青白い炎になった時がベスト

最も温度が高い安定した状態なので、ムラなく上手に焼けますよ♪

また、バウムクーヘン作りでは高温で手早く焼くのがコツなので、 薪よりも炭がおすすめ

アウトドアで最高のおやつタイムを!

一見ハードルが高そうに見える「アウトドアで作るバウムクーヘン」。

必要な道具を一度揃えてしまえば、あとはひたすら焼くだけで簡単に作れることがおわかりいただけたのではないでしょうか?お子さんがいるご家庭などでは、きっとバーベキューの度に作りたくなること間違いなしですよ♡

ぜひ時間にゆとりのあるバーベキューで挑戦してみてくださいね♪

特集・連載

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります