【山梨県 富士河口湖に新OPEN】素敵すぎる観光スポット!旅の駅kawaguchiko baseを徹底レポート image

【山梨県 富士河口湖に新OPEN】素敵すぎる観光スポット!旅の駅kawaguchiko baseを徹底レポート

都心から高速で約90分の富士河口湖に、新たな観光名所「旅の駅kawaguchiko base」が6月11日にオープン!地域の魅力を発信したいと、河口湖でコテージ事業をされている大伴リゾートさんの新規事業として大注目の施設です。施設の魅力について徹底解説します!

日本の誇れるシンボル富士山、遠くから少し見えただけでも、ちょっと嬉しくなったりしませんか?

私が住む湘南からは海の向こうにどっしり構える富士山が見え、晴れの日は海で富士山を撮影する人の光景がほほえましい。

富士山って日本人にとって、ほっとする愛される山なんだなと思います。

遠くから眺めるだった富士山。近くでみたことはなかったのですが、富士山を間近で眺められる河口湖エリアに、地域の魅力がたくさん詰まった新しい観光施設 「旅の駅kawaguchiko base」 がオープンすることを知り、この機会に富士河口湖に遊びに行ってみようと思い、先週日曜日の12日に初めて行ってきました!

想像以上に素敵だった旅の駅kawaguchiko base、施設の魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

地域とお互いが一緒に発展していけるように開始した新事業

「旅の駅kawaguchiko base」は、富士河口湖でコテージ事業をされている株式会社大伴リゾートさんが手掛ける新規事業です。富士山を眺めることができる「河口湖カントリーコテージBan」、「河口湖ほとりのテラスBan」、「河口湖ほとりのホテルBan」を運営されています。河口湖から受けた恩恵を還し、地域に貢献したいとの思いがあるそうです。旅の駅にかける想いは、こちらの クラウドファンディングプロジェクトページ に記載されています。

この記事をみてから行くと、旅の駅のいたるとこで見られる大伴リゾートさんの富士山、河口湖、地域への思いがさらに実感できました。

富士山河口湖、貸切りコテージBanの未来への挑戦
地域に愛される旅の駅をみなさんとつくっていきたい!

地域愛があふれる旅の駅kawaguchiko base

オープン翌日の12日のお昼頃に向かったときには、広い駐車場はほぼ満車状態!かなりの賑わいが外からもわかるほどです!

施設の全体図はこちら。2022年8月にオープン予定のseven cedars wineryや、2023年春オープン予定のワインを飲んでゆっくり滞在も楽しめるような宿泊施設7c villaも敷地内にあります。今後も進化していく様子が楽しみですね!

2000品目を超える品揃えのあさま市場

中に入って驚いたのはなんといっても品揃えの豊富さ!

あさま市場には、山梨県や富士山、河口湖の名産食料品はもちろん、ワイングラスや雑貨、工芸品なども揃っています。

お菓子や乳製品、お肉や加工品まで全ての種類が山梨にちなんだもの。

一つ一つの商品を大伴リゾートさんが選定 し、単なる棚貸しの売り場でないからこそ、品質の良いものばかりが揃います。

お野菜コーナーも充実しており、オープニングのイベント期間はスペシャル価格でレタスを販売していたり、副社長様自らマイクを握っての商品紹介をしたり大盛り上がりでした。

旅の駅kawaguchiko baseオリジナルブランド「MEGU」

他の道の駅にはない、ここオリジナルの魅力。それはなんといっても オリジナルブランドの「MEGU」 があること!ロゴが入ったとてもおしゃれなパッケージ商品なのですぐにわかります。

地元の企業とコラボをして開発した商品で、 購入できるのは旅の駅kawaguchiko baseだけ

お店のキッチンで作ったプリンや、老舗お菓子屋の 東京屋製菓 が特別に開発した旅まんじゅう。カステラなどなど。試食もできますので、MEGUブランドはぜひ購入することをおすすめします。

数ある商品の中でとうもろこしを使った商品が多いのはなぜだろう。と思いました。MEGUブランドからも、もろこしきんつばやコーンのドレッシングが出ています。

気になってあとで調べてみると、 富士山麗は昼と夜の気温差が大きいため、とても甘いとうもろこしが育つ のだそうです!通常のとうもろこしやヤングコーンも有名だそう。どうりで野菜コーナーの一番前にあったのですね。

そして入り口の真ん前には「バンバンコーンスナック」という、大伴リゾートの社長さんをイラストに使ったとってもユニークな商品が並んでいます。ポタージュも販売されていましたよ。

地域の名産を全面に出した商品ラインナップが素晴らしい です!

山梨の実力派ワインの品揃えに驚き!

山梨といったら外せないのはやっぱりワイン!あさま市場の真ん中に、 厳選された山梨ワインを試飲できるスペース があります。200円から500円くらいでそれぞれ試飲ができます。

オープン記念の11日と12日には、勝沼の知る人ぞ知る有名なワインショップ「 新田商店 」から、オーナーの新田さんが特別に参加されており、一流ソムリエから説明を受けながら試飲をするというなんとも贅沢な体験がでました。

一流ホテルで提供されているワインや航空会社国際線でも提供されているワイン、今イチオシのBailey Aを使ったワインなど、それぞれ特色があります。

ワインの試飲をしたあとに気に入ったものがあれば、ぜひ入り口左のワインコーナーへどうぞ!

取り扱う種類の多さに圧倒されますが、河口湖初のワイナリーseven cedars wineryが敷地内に8月にオープンすることもあり、ワインにはかなり力を入れていることが伝わってきます。

女性醸造家、鷹野ひろ子さんが参画 されるそうで、ワイン好きの人にとっては、絶対に行っておきたいスポットになりそうですね。

8月オープンに向けて建設中のseven cedars wineryと前方のぶどう畑

富士山麓で愛されるベーカリーがプロデュースするKAWAGUCHIKO BAKERY

現在プレオープン中のベーカリーです。富士山麗で70年愛されてきた、 サンクルー がプロデュース。近日中にオープン予定とのこと。あん生クリームが有名ですが、こちらの店舗にはどんな商品が並ぶのか楽しみですね!

人と環境に優しい製品を届けるPLANET&ME

こちらのPLANET&MEは、地球にとって、人にとっても楽しくて優しいサステイナブルなものを厳選しているセレクトショップ。2021年の7月に本社を山梨に移転された芸能事務所のAMUSEがプロデュースをしています。

少しでも多くの人がサステイナブルな行動を起こすきっかけを作りたいという思いから、「PLANET&ME」が誕生したそうです。

山梨の美味しいがつまったテラスキッチン

旅の駅kawaguchiko baseにくる前にとても期待していたのがこちらのテラスキッチン!

山梨名物ほうとうをはじめお肉とお魚メニューも充実しています。食材も山梨の名品を主役にした徹底ぶり。お子様メニューもあるので、みんなが我慢することなく、好きなメニューを選べるのがいいですね。

入り口には発券機があります。お金を入れて発券された券は、料理の受け取りコーナーで番号を見せるのでなくさず保管してください。

ここで注文したら席に移動します。あとは掲示板に自分の番号が表示されるまで待つだけ。とてもスムーズでした。

富士山ローストビーフラーメン、甲州牛ローストビーフ丼、信玄鶏と季節の野菜のドリアなど、すでに売り切れのものもありましたが、私は浅利ときのこのほうとうを注文しました。

待ち時間も10分前後とあっという間です。浅利のだしとにんにくのスープが、もちもちのほうとうに合い、とても美味しかったです♪

こちらのテラスキッチンは店内も広く、テラス席もあるのでワンちゃんを連れている人も多くみかけました。ペットも一緒に楽しめる緑溢れたテラス席は、天気のいい日にピッタリです。

そしてオープニングの週末限定で特別半額(通常400円)だったミルクソフト。ミルクの優しい味がさっぱりしていて、食後のデザートにとってもおすすめです!

ここまで旅の駅のご紹介をしましたが、旅の駅の左に進むとドッグランできるコンパクトな公園があり、その奥には「USHIOKU」という、甲州牛甲州ワインビーフを提供するレストランも併設されています。

山梨県産銘柄牛の甲州牛目当てに、こちらのレストランでの食事もいいですね。テイクアウトできるコーナーもあります。

また来たい!と思わせてくれる初めての旅の駅

ここまで旅の駅kasaguchiko baseについてご紹介しましたが、今回の滞在時間はなんと約3時間!

厳選された商品ばかりで興味がわきじっくり見たのもあり、またワインの試飲コーナーではソムリエの説明を聞きながら、他のお客さんともワインについて、山梨についてなど楽しく会話し、テラスキッチンで食事をし、あっという間に時間が経っていました。

ここまで長く滞在できる道の駅って、今まで出会ったことがありません。

大伴リゾートさんのこの 新規事業にかける思い を先に読んでから訪れたこともあり、記事書いてあるような地域愛が、施設じゅうに散りばめられていることに気づきました。

レジコーナー隣入り口の上には、この写真のような大きな富士山とメッセージが掲げられています。

「出会い」を育む、新しいかたりの商業施設。

人と人がつながって、「また会いに行きたくなる」ような豊かな場所へ。

地域の逸品や食や文化が、訪れる人や社会とつながり発展していく・・

このメッセージのとおり、今まで知らなかった富士山以外の山梨の魅力に、ここで出会うことができました。

富士山見たさと新しい施設に行ってみよう!という理由で訪れた今回の旅は、富士河口湖地域に興味がわきファンになるという、とっても素敵な予想外の裏切りと発見となりました。

ただ、都心から近く日帰りもできるというアクセスの良さは、裏を返すと宿泊までつながらないという課題にもなっているようです。

都心から高速で約90分という好アクセスながら、自然にあふれ、日本人の心といえる富士山と河口湖の絶景が迎えてくれるこのエリア。

私も今回は日帰りでしたが、河口湖エリアには美術館やエコツーリズムが楽しめる名所もたくさんあるので、次は家族や友人たちとの宿泊を楽しもうと思います。

山梨の食にワインに思いっきりたのしみ、朝は河口湖沿いをランニングなんかも良いなと早速イメージしながら散歩をしました。宿泊しないとできない体験って、たくさんありますよね。

地域を盛り上げようとこの事業をはじめた、旅の駅kawaguchiko baseを運営されている大伴リゾートさんの素敵なコテージや宿泊施設に泊まるのもいいですね。

今クラウドファンディングでとってもお得な宿泊券が手に入るようなので要チェックです!

富士山河口湖、貸切りコテージBanの未来への挑戦
地域に愛される旅の駅をみなさんとつくっていきたい!

皆さんも富士河口湖へのお出かけプランを立ててみてはいかがですか?

河口湖ぐるみで、今日もあなたをお迎えしてくれますよ!

概要&アクセス

【旅の駅 kawaguchiko base】

  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口1772-3
  • 営業時間:9:00 – 17:00
  • Instagram:@tabi_no_eki( https://www.instagram.com/tabi_no_eki/ )

【都心から車のアクセス】

  • 中央自動車道河口湖IC 出口から10分(車で計約90分)

【都心からバスのアクセス】

  • 新宿バスタから 高速バス で河口湖駅まで約1時間45分
    (始発駅が新宿の場合片道1850円から。復路は渋滞により+1時間かかる場合もあり。)
    →河口湖駅から 周遊バスRedLine に乗り「河口湖美術館」下車、徒歩15分
    →河口湖駅からタクシーで約10分

やってみよっか?

ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります



余暇のアイデア人気ランキング

あなたにおすすめ

「いいね」すればするほど、あなたの好みに合った余暇プランがピックアップされます
ログインなしで「いいね!」
あなたに合った情報が探しやすくなります